メンタル対策のキホン「4つのケア」とは?教材の紹介と活動のポイント

最終更新日:2021年4月26日

リモートワークの普及をはじめとした働き方の変革期では、メンタルヘルス不調の予防・対策が重要になります。

そして、厚生労働省では、企業において適切なメンタルヘルス不調対策を行うために「4つのケア」と呼ばれる活動を軸として行うことが推奨されています。

この記事では「4つのケア」の内容と、経営者・労働者個人・産業保健スタッフそれぞれの役割について解説します。

目次[非表示]

  1. 1.メンタルヘルス対策における「4つのケア」とは?
    1. 1.1.「4つのケア」とは、職場におけるメンタルヘルス対策の基本
    2. 1.2.4つのケアの事前準備:「心の健康づくり計画」の策定
  2. 2.4つのケアその①:メンタルヘルス対策の第一歩「セルフケア」とは
    1. 2.1.セルフケアは”全員で取り組む”ことがポイント
    2. 2.2.セルフケアについて学べる教材
      1. 2.2.1.・「労働者個人向けストレス対策(セルフケア)のマニュアル」
      2. 2.2.2.・「労働者個人向けストレス対策(セルフケア)のマニュアル〈実践編〉」
  3. 3.4つのケアその②:職場の管理監督者が行う「ラインによるケア」とは
    1. 3.1.管理職の行うメンタルヘルス対策が「ラインによるケア」
    2. 3.2.「ラインによるケア」が学べる教材
    3. 3.3.メンタルヘルス不調による休職のリスク度を知っておく
  4. 4.4つのケアその③:産業医・保健師からの支援「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」とは
    1. 4.1.メンタルヘルス不調の対策には、産業医等の専門スタッフと連携する
  5. 5.4つのケアその④:外部の専門機関を有効に活用した「事業場外資源によるケア」とは
    1. 5.1.事業場外資源によるケア、外部機関の一覧

\ラインケア研修やセルフケア研修はお任せ!/《企業向け》メンタルヘルス研修サービス

メンタルヘルス対策における「4つのケア」とは?

「4つのケア」とは、職場におけるメンタルヘルス対策の基本

「4つのケア」とは、厚生労働省の指針(労働者の心の健康の保持増進のための指針)で示されているメンタルヘルスケアのことであり、「セルフケア」「ラインによるケア」「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」「事業場外資源によるケア」の4つで構成されます。

●メンタルヘルス対策における4つのケア

セルフケア

ラインによるケア

事業場内産業保健スタッフ等によるケア

事業場外資源によるケア

​​​​​​​

また、概要は以下の図のようになっており、担当者のそれぞれが協力し、役割を果たすことで効果を発揮する仕組みになっています。

出典:労働者健康安全機構「産業保健21(第81号)」P.13をもとに作成


4つのケアの事前準備:「心の健康づくり計画」の策定

4つのケアの活動を始める前の準備として「心の健康づくり計画」を策定することが重要になります。

「心の健康づくり計画」とは、企業がメンタルヘルス対策を行う際の基本方針のことです。

基本方針の内容として、労働者の健康情報の取り扱いに関することや、メンタルヘルスケアの体制整備に関することを定めましょう。

また「心の健康づくり計画」は衛生委員会等を通じて審議し、策定することが求められています。詳細については以下の記事で紹介していますのでチェックしておきましょう。

■よく読まれている関連記事■

  〈2021年〉「心の健康づくり計画」義務の内容&助成金・要件を解説 企業に策定の義務がある「心の健康づくり計画」。2020年版として、策定内容と方法、助成金や要件などについて解説します。 エムステージ 産業保健サポート





4つのケアその①:メンタルヘルス対策の第一歩「セルフケア」とは

セルフケアは”全員で取り組む”ことがポイント

「セルフケア」の対象は従業員だけではなく、管理監督者も含めた“働く人全員”です。

働く人全員がそれぞれ個人で取り組む「セルフケア」がメンタルヘルス対策の第一歩になります。

しかし、メンタルヘルスやストレスに対して知識が不足していると、適切な対策ができない恐れがありますので、メンタルヘルス対策の正しい知識が得られる教材を用いて、自己学習・社内での研修を行うことが大切です。


セルフケアについて学べる教材

セルフケアについて学べる以下2つの教材は、厚生労働省の運営する「こころの耳」のホームページからダウンロードすることが可能です。

「労働者個人向けストレス対策(セルフケア)のマニュアル」

個人向けストレス対策(セルフケア)の基本的な考え方とセルフケア教育を効果的に行うためのポイントが学べます。

「労働者個人向けストレス対策(セルフケア)のマニュアル〈実践編〉」

3つの異なる実践例と、各プログラムで使用する配布資料・ワークシートが豊富に掲載されているため、社内で行うメンタルヘルス研修に役立ちます。

※各種マニュアルは「こころの耳」のホームページにて公開されています

また、必要に応じて外部の機関が主催するセルフケア研修を受講することも検討するとよいでしょう。


4つのケアその②:職場の管理監督者が行う「ラインによるケア」とは

管理職の行うメンタルヘルス対策が「ラインによるケア」

「ラインによるケア」とは、職場の管理監督者(主に部長や課長など)が日常的に行うメンタルヘルス対策のことです。

主な取組み内容は「遅刻や欠勤の増えている従業員がいないか?」「暗い表情をしていたり、妙な言動や行動をとっていないか?」といった“いつもと違う”ことにいち早く気付くことをはじめ、部下からの相談に対応することや、職場環境の改善を行うことです。


「ラインによるケア」が学べる教材

「ラインによるケア」を学習する際には、厚生労働省の運営するEラーニングのサイト「15分でわかるラインによるケア」を利用するとよいでしょう。以下の事項が15分ほどで学べる内容になっています。

「15分でわかるラインによるケア」で学べること

  • 管理監督者の役割
  • 部下からの相談対応
  • 個人情報の適切な取り扱い
  • ストレス要因の把握、改善
  • 職場環境改善について
  • 職場復帰支援について  など

出典:こころの耳「15分でわかるラインによるケア


メンタルヘルス不調による休職のリスク度を知っておく

管理職の方がラインによるケアを進める際、メンタルヘルス不調の度合いを知っておくことも大切です。

産業保健サービスを展開しているエムステージでは「メンタルヘルス不調による休職・復職のリスク」が把握できるチェックシートを提供しており、メンタルヘルス不調を調べることができます。

このチェックシートは無料でダウンロードすることが可能ですので、チェックしておきましょう。

「休職・復職対応リスク度チェックシート」:全20項目から当てはまる項目にチェックすることで、自社の休職・復職制度・体制について確認できるチェックシート。

チェックシートのダウンロードはこちらから。


4つのケアその③:産業医・保健師からの支援「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」とは

メンタルヘルス不調の対策には、産業医等の専門スタッフと連携する

「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」とは、企業にいる産業医や産業保健師といった医療専門職からの支援を受けることです。

「セルフケア」と「ラインによるケア」の効果をしっかり発揮するためには、産業医・産業保健師との連携が欠かせません。

例えば、産業医・産業保健師が職場巡視を行った際、気付いた変化などを管理監督者と共有します。

その上で、産業医は職場の環境改善に必要な助言をするなど、事業場を総括的にケアする役割があります。


そして、産業保健スタッフは、衛生委員会の場を活用して、メンタルヘルス対策に関する社内研修を企画することや、労働者との面談結果をもとに、課題の解決に向けた取組みをします。

なお、企業にとってメンタルヘルス対策の基本方針となる「心の健康づくり計画」を策定する際にも、産業医からの意見聴取が欠かせないものになります。

※「心の健康づくり計画」の策定については、サンポナビの関連記事「『心の健康づくり計画』企業の義務内容と助成金を解説」にて詳しく記載しています。


4つのケアその④:外部の専門機関を有効に活用した「事業場外資源によるケア」とは

事業場外資源によるケア、外部機関の一覧

「事業場外資源によるケア」とは、メンタルヘルス不調対策や各種の健康維持に関して専門的な相談が可能な機関や、産業保健に関する支援を行っている外部機関を利用した活動のことです。

主な機関としては以下のものがあります。

こころの耳

厚生労働省が主体となり、インターネット上で展開しているメンタルヘルスの総合的なポータルサイト。メンタルヘルスに関する最新情報はもちろん、企業にとってすぐに活用できる情報が多数掲載されています。

「こころの耳」のホームページはこちら


産業保健総合支援センター

全国各地に所在する産業保健活動の専門機関。様々な相談への対応や、メンタルヘルスに関する各種の研修を行っています(従業員数50名未満の事業場であれば「地域産業保健センター」が利用できます。)

「産業保健総合支援センター」のホームページはこちら


産業保健サービスを提供する民間企業

企業によっては産業医の紹介だけでなく、メンタルヘルス対応なども行っています。煩雑になりがちな人事担当者の産業保健業務を軽減するワンストップサービスを展開していますので、メンタルヘルス対策の体制整備の際などに大きな力となります。

「サンポナビ」の関連記事はこちら


・外部EAP機関

上記のような民間企業の中には、外部EAP機関として利用できるサービスを提供しているものもあります。

「そもそもEAPってなに?」

「どんなメリット・効果があるの?」という方には、以下の関連記事もおすすめですので、チェックしておきましょう。

  【2021年版】EAPとは?機能・重要性・導入メリットとポイントを解説 企業から注目されている「EAP」ってどんなもの?導入に関するポイントとメリットについて、まとめて紹介します。 エムステージ 産業保健サポート



メンタルヘルス不調対策の柱となる「4つのケア」について、確認できましたか?

大切なことは、ストレスについて理解を深め、各担当者が協力してすすめること。そのためにも、活動をバックアップしてくれる産業医の存在も不可欠です。

メンタルヘルス対策は、労災や疾病予防の入り口にもなりますので、積極的に取り組んでいきましょう。

参考:厚生労働省「こころの耳

\ラインケア研修やセルフケア研修はお任せ!/《企業向け》メンタルヘルス研修サービス


■よく読まれている関連記事■

  〈保健師解説〉仕事とうつ。テレワークにおけるセルフケアの大切さとポイント 昨今ではテレワークの普及など働き方そのものにも変化が起こり、ストレスの要因となっているケースもあるようです。テレワーク時に取り組めるセルフケアのポイントとその大切さについて、産業保健師の本田和樹さんにお話しを伺いました。 エムステージ 産業保健サポート
  5分でわかる「ストレス」~健康経営マンガ「ねぎま産業(株)」のやさしい衛生講話 第1回 マンガ「ねぎま産業(株)」を通じて「ストレス」について知りましょう!〈ようやくまじめな産業医が選任され、期待が高まるトリたち…。産業医のハシビロ先生が講義をする「衛生講話」の第1回〉 エムステージ 産業保健サポート
  解説:倉重弁護士「高ストレス社員」を放置する訴訟リスクと企業の対策とは ある日突然、メンタルヘルス不調の従業員から会社が訴えられてしまったら?休みがちな従業員や、ストレスチェックで高ストレス判定が出た従業員を放置することのリスクとその対策について、労働法の専門弁護士・倉重公太朗氏に話を聞きました。 エムステージ 産業保健サポート


サンポナビ編集部

サンポナビ編集部

企業の産業保健を応援する『サンポナビ』編集部です。産業医サポートサービスを提供している株式会社エムステージが運営しています。 産業医をお探しの企業様、ストレスチェック後の高ストレス者面接でお困りの企業様は、ぜひお問い合わせボタンからご相談ください。

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


【4選】ストレスチェック集団分析の結果を活用するために知っておきたいこと

2021年3月9日最終更新-ストレスチェックの集団分析結果を活用することが、職場の環境改善に役立ちます。活用に関する4つのポイントを紹介します。

【2021年度】ストレスチェック助成金とは?申請方法を解説!

2021年6月7日最終更新―従業員50人未満の事業場が受けとる事が出来るストレスチェックの助成金について、申請・準備方法、期限など2021年時点の最新情報を解説します。

〈2021年度版〉「心の健康づくり計画」義務の内容&助成金・要件を解説

2021年5月26日最終更新:企業に策定の義務がある「心の健康づくり計画」。2020年版として、策定内容と方法、助成金や要件などについて解説します。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)