【解説】1,000以上の企業にダウンロードされた「コロナ対策」マニュアルとは?

2021年1月、首都圏等で2度目の緊急事態宣言が発令。

職場においては、産業保健スタッフを中心に、より一層の新型コロナウイルス対策・予防に関するリテラシーを向上させることが大切です。

本記事では、企業等から1,000件以上ダウンロードされたマニュアルを紹介していきます。

目次[非表示]

  1. 1.マニュアルを活用して、新型コロナを正しく理解することができる
    1. 1.1.産業保健師が制作・監修したマニュアルで新型コロナを知る
  2. 2.衛生管理者・産業保健スタッフ向けマニュアルの特長と活用方法
    1. 2.1.最新情報に更新されたマニュアルの特長
  3. 3.人事・衛生管理者や産業医が知っておくべき情報がまとめられている
    1. 3.1.衛生管理者・産業医などのスタッフは「どう対応すべきか」がわかる
    2. 3.2.マニュアルの他にも有用な資料が多数公開中


マニュアルを活用して、新型コロナを正しく理解することができる

産業保健師が制作・監修したマニュアルで新型コロナを知る

企業が適切な対策を行う上で基本となるのは、新型コロナについて正しい知識を得ることです。

そのためにも、厚生労働省や専門機関などから信頼できる情報を入手することが重要となります。

しかし、新型コロナに関する情報は数多く存在し、その中から特に”職場で使える”ものを入手することは難しいともいえます。

産業保健サービスを展開する株式会社エムステージでは、2020年の緊急事態宣言中に「企業担当者が知るべき 新型コロナウイルス感染症対策」のマニュアルを制作。

同マニュアルの制作は産業保健師が監修し、これまでに1,000件以上の企業や産業保健スタッフにダウンロードされました。

そして、2021年1月にはそのマニュアルが新たに改訂され、現在は無料公開されています。


衛生管理者・産業保健スタッフ向けマニュアルの特長と活用方法

最新情報に更新されたマニュアルの特長

新型コロナウイルスの世界的な流行から約1年が経過し、未知の部分が多かった新型ウイルスについてもいくつかのことが分かってきました。

例えば、適切に手洗い・うがいを行い、外出時はマスクを装着することが効果的であり、一方で大人数での会食はリスクであることなどが挙げられます。

本マニュアルの特長は、産業保健師が制作・監修を行っていること。そして、職場で本当に必要な情報をまとめていることにあります。

そのため、企業の衛生管理者や産業保健スタッフが職場に提供する際に有用な内容となっているのです。

マニュアルの内容については、日本渡航医学会 産業保健委員会、日本産業衛生学会 海外勤務健康管理研究会、厚生労働省の情報を元に制作され、信頼性の高いものとなっています。


人事・衛生管理者や産業医が知っておくべき情報がまとめられている

衛生管理者・産業医などのスタッフは「どう対応すべきか」がわかる

人事や衛生管理者、産業保健スタッフの方は、職場でどのように新型コロナ対策をすべきかというお悩みを抱える方も多くいらっしゃると思います。

そして、産業医などの保健スタッフは、医学情報の収集を行うことや、適切な情報を職場へ提供すること、企業の判断に助言することなどが求められています(※)

改訂された「企業担当者が知るべき 新型コロナウイルス感染症対策」では、新型コロナ対策の基礎知識だけでなく、安全配慮義務を果たすために産業保健スタッフが取り組むべき活動などについても掲載されています。

また、いわゆる「職場クラスター」といった集団感染を防ぐためのポイントも記載していますので「今気を付けたいこと」を知ることができますので確認しましょう。

※新型コロナウイルス対策における産業保健スタッフの役割

感染防止対策の検討に当たって、職場に、労働安全衛生法により、安全衛生委員会、衛生委員会、産業医、衛生管理者、安全衛生推進者、衛生推進者等が設置・選任されている場合、こうした衛生管理の知見を持つ労使関係者により構成する組織の有効活用を図るとともに、労働衛生の担当者に対策の検討や実施への関与を求めていただきたいこと。その際、産業医等の助言を得つつ、妊娠中の女性労働者や、高齢者、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患など)を有する方々に対して、十分な労務管理上の配慮をしていただきたいこと。

出典:厚生労働省「職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防、健康管理の強化について


マニュアルの他にも有用な資料が多数公開中

株式会社エムステージでは「企業担当者が知るべき 新型コロナウイルス感染症対策」のマニュアル以外にも、職場で使える新型コロナウイルス関連の資料等を多数公開しています。

また、新型コロナウイルス対策だけでなく、日ごろのメンタルヘルスケアにも役立つ資料もダウンロードできますので、ぜひチェックしておきましょう。



■新型コロナウイルス対策の資料ダウンロードへ移動する■



▼ 【はじめての産業医選任ガイド】従業員50名以上の事業所は選任義務あり


サンポナビ編集部

サンポナビ編集部

企業の産業保健を応援する『サンポナビ』編集部です。産業医サポートサービスを提供している株式会社エムステージが運営しています。 産業医をお探しの企業様、ストレスチェック後の高ストレス者面接でお困りの企業様は、ぜひお問い合わせボタンからご相談ください。

 産業医についてお悩みなら

産業医を選任したい、産業医を見直したい、企業の産業保健活動に悩みがある…。産業保健のお困りごとは、エムステージの「産業医サポートサービス」が解決します。

関連記事


テレワーク社員の対応に特化した「産業保健 メンタルヘルス関連情報サイト」の活用法

企業の方は、新型コロナの拡大によって大きく変化した「働き方」に対応できていますか?このページではエムステージの提供する情報収集&人事向け相談サイトの上手な利用方法について解説します。

〈保健師解説〉仕事とうつ。テレワークにおけるセルフケアの大切さとポイント

昨今ではテレワークの普及など働き方そのものにも変化が起こり、ストレスの要因となっているケースもあるようです。テレワーク時に取り組めるセルフケアのポイントとその大切さについて、産業保健師の本田和樹さんにお話しを伺いました。

2021年3月:改定されたテレワーク「新ガイドライン」ポイントと注意点

新型コロナウイルスの流行により普及した「テレワーク」。2021年3月には改定・公表された「新ガイドライン」におけるポイントと注意点について紹介します。