「産業保健師」を探すにはどんな方法がある?メリットと注意点を解説

2019-09-12

産業医のような選任義務はないものの「健康経営」や「働き方改革」などで企業から大きな注目を浴びている「産業保健師」。求人・募集の方法や、産業保健関連サービスを展開する会社から派遣を受ける場合など、産業保健師の探し方をメリット・デメリットと共に解説。

〈がんと仕事〉もし従業員が「がん」になったら会社はどう対応する?~治療と仕事の両立支援~

2019-09-02

がんなどの病気を抱えながら働く人の中には、仕事を理由に適切な治療が受けられない場合や、病気について職場の理解・支援体制が不足しているケースも多く、結果として離職に至ってしまう現状があります。 職場で「治療と仕事の両立支援」の体制を整備することは、働く人の安心感やモチベーションの向上につながり、優秀な人材の離職を防ぎます。 「もし、従業員ががんになったら?」企業の対応について解説します。

産業医の職場巡視は2か月に1回でもOK?頻度と条件について解説

2019-08-23

2017年の労働安全衛生規則改正により、所定の条件を満たすことで、産業医の職場巡視の頻度を「2か月に1回」にすることが可能になりました。衛生管理者の義務や安全衛生委員会での決定事項、「事業者の同意」「所定の情報の提出」といったクリアすべき一定の要件と解決策について詳しく解説します。

【保健師インタビュー】なぜ今、中小企業に「産業保健師」が必要なのか

2019-08-09

メンタルヘルス対策や健康経営の視点で企業から大きな注目を浴びている「産業保健師」のミッションとは? 株式会社エムステージが提供する「産業保健師サービス」の顧問であり、産業保健師として豊富なキャリアを持つ高清水幸美先生にお話をうかがいました。

企業の健康をサポートする「保健師」とは?役割・産業医との違いを解説

2019-08-02

企業で働く保健師は「産業保健師」と呼ばれ、健康経営のキーパーソンとして注目を集めています。では、産業保健師の役割や専門性とはどのようなものでしょうか?また、産業医との役割の違いは何でしょうか?産業保健師の役割や重要性について紹介いたします。


開催予定のセミナー

人気記事ランキング


ダウンロードランキング