2020年6月から義務!ハラスメント「相談窓口」の社内設置と運用の要点まとめ

(2021年8月20日最終更)

2020年6月にはいわゆる「パワハラ防止法」が施行されますが、準備は出来ていますか?

企業には「ハラスメント相談窓口」を設置し、ハラスメントに関する相談に対応する義務が生まれます。

「ハラスメント相談窓口」設置と運用のポイントを確認しておきましょう。



目次[非表示]

  1. 1.パワハラ防止法で措置義務となった「ハラスメント相談窓口」
    1. 1.1.2020年6月「パワハラ防止法」施行により設置が必要となる「ハラスメント相談窓口」
    2. 1.2.行政への相談件数最多は「ハラスメント」
    3. 1.3.設置義務がある?「ハラスメント相談窓口」とは
  2. 2.「ハラスメント相談窓口」とは、誰が担当して何をする?
    1. 2.1.誰が「ハラスメント相談窓口」の担当になればよいか
    2. 2.2.ハラスメント相談窓口の担当者に求められる「事実確認」
  3. 3.ハラスメントの内容が深刻な場合には、必ず産業医などの専門家に相談する
    1. 3.1.ハラスメントの事実確認後の対応方法
    2. 3.2.自殺の暗示など、深刻な相談内容の場合には産業医に相談する


パワハラ防止法で措置義務となった「ハラスメント相談窓口」

2020年6月「パワハラ防止法」施行により設置が必要となる「ハラスメント相談窓口」

現在、企業にとって人事関連の大きなニュースとなっているのが「パワハラ防止法」(改正労働施策総合推進法)施行への対応です。

「パワハラ防止法」の罰則や定義に関する詳細については、過去の関連記事(※)で解説しました。

中でも、企業が注目すべき内容は「雇用管理上必要な措置を講じること(第30条)」です。

これは、端的に言えば「パワハラ相談に対応するための体制を整えること」と言い換えることもできるでしょう。

どのようにして「パワハラ相談窓口」を設置・運用していけばよいのか、確認しておきましょう。

※関連記事「【義務化にどう対応する?】「パワハラ防止法」定義・罰則・就業規則のポイント



行政への相談件数最多は「ハラスメント」

東京都産業労働局に対してサンポナビ編集部が行ったヒアリングによれば、2018年4月~2019年3月の1年間、東京都で最も多かった労働相談の内容は「職場の嫌がらせ」(ハラスメント)でした。

その数は1年間で9,631件もあり、過去最多を記録しているといいます。

さらに「ハラスメント」に関する相談が年々増加傾向にあるということもわかりました。

2020年6月には「パワハラ防止法(改正労働施策総合推進法)」が施行され、企業には対応が求められます。

適切な対応方法について確認しておきましょう。


設置義務がある?「ハラスメント相談窓口」とは

「パワハラ防止法」で措置義務として定められているのが、従業員からの「ハラスメント相談」に対応するための窓口を設けること。

ハラスメント相談窓口の役割は、企業がなるべく初期の段階でハラスメントの存在に気付き、対策することにあります。おおまかな流れについては、以下の図を参考にしてください。

相談方法は対面による面談だけでなく、電子メールや電話、社内イントラネットなど、プライバシーを確保した上で相談しやすい環境を整備すると良いとされています。

また、ハラスメント相談窓口に来るものは、デリケートな内容であることが想定されますので、相談者の秘密を厳守することが不可欠です。

そして、相談内容を元に、相談者や関係者が不利益な取り扱いを受けることがないよう、厳重に注意する必要があります。

\ハラスメント相談窓口としてご活用可!/《企業向け》外部相談窓口の設置


図:企業における「ハラスメント相談」対応の流れ

出典:厚生労働省・明るい職場応援団「パワハラ対策7つのメニュー」


「ハラスメント相談窓口」とは、誰が担当して何をする?

誰が「ハラスメント相談窓口」の担当になればよいか

ハラスメント相談窓口には「内部相談窓口」と「外部相談窓口」の二つがあります。

設置後は、従業員に周知するようにしましょう。

なお、厚生労働省のリーフレットによれば、内部相談窓口と外部相談窓口で、それぞれ次のような人物が担当することを例示しています。

●内部相談窓口の担当者(例)

・管理職や従業員をパワーハラスメント相談員として選任して相談対応

・人事労務担当部門

・コンプライアンス担当部門/監査部門/人権(啓発)部門/法務部門

・産業医、カウンセラー

・労働組合

●外部相談窓口(例)

・弁護士、社会保険労務士

・ハラスメント対策のコンサルティングを行っている民間企業

・メンタルヘルス、健康相談、ハラスメントなど相談窓口の代行を専門に行っている企業


ハラスメント相談窓口の担当者に求められる「事実確認」

企業内部のハラスメント相談窓口担当者の対応についてです。

まず、相談があった内容を「ハラスメント相談記録票」などに記録し、相談者の了解を得たうえで「事実確認」を行う必要があります。

なお、ハラスメント行為者に対して事実確認をする際、ハラスメント窓口担当者は中立的な立場で行為者の話を聞くことが重要です。

他にも、第三者から話を聞くことも有用といえますが、相談内容などの情報が漏れないよう十分に注意します。



ハラスメントの内容が深刻な場合には、必ず産業医などの専門家に相談する

ハラスメントの事実確認後の対応方法

ハラスメント窓口担当者は、事実確認の内容を会社と共有し、場合によっては行為者へ何らかの処分を行う必要があるでしょう。

例えば、注意や指導をはじめ、相談者への謝罪、人事異動、懲戒処分などが考えられますが、判断に迷う場合には、弁護士や社会保険労務士などの専門家や労働局などに相談することをおすすめします。

ただし、企業の秩序を維持するために必要だと判断した場合には、就業規則に基づき、以下の懲戒が考えられます。

●ハラスメントに関する懲戒処分の例

・減給

・降格

・けん責

・出勤停止

・諭旨解雇

・懲戒解雇

出典:厚生労働省・明るい職場応援団「パワハラ対策7つのメニュー」


自殺の暗示など、深刻な相談内容の場合には産業医に相談する

ハラスメントに悩む相談者から「死にたい」など、自殺を暗示するような内容の言動があった場合には、決して窓口担当者だけで対応しないこと。

このように相談内容が深刻な場合、必ず産業医など医療専門家に引き継ぐことが大切になります。

そのためにも、例えば企業の内部にハラスメント相談窓口を設置する際、アドバイザーとして協力してほしいことなど、あらかじめ産業医と相談しておくとよいでしょう。

あるいは、ハラスメント相談窓口の設置段階から産業医に意見をもらうなど、日頃の連携が早期の問題解決につながります。

参考:厚生労働省・明るい職場応援団「パワハラ対策7つのメニュー」

「ハラスメント相談窓口」の設置と運営のポイントについて確認できましたか?

企業内部の窓口担当者となった方も、判断が難しい場合には必ず専門家の意見をもらうようにしましょう。



▼「パワハラ防止法」の関連記事▼

  中小企業も対象に!「パワハラ防止法」義務内容・罰則・就業規則のポイント -2021年8月19日最終更新:2022年4月「パワハラ防止法」が中小企業も対象になります。本記事では経営者・人事担当者が知っておきたいパワハラの定義や法律に対応するための実務ポイントを解説しています。 エムステージ 産業保健サポート
  【2021年】ご存知?新設された「パワハラ労災」認定基準&具体的事例を解説 2020年6月「パワハラ」が労災認定基準に追加されました。認定基準の解説と、人事が注意すべき点それぞれのポイントを紹介しています。 エムステージ 産業保健サポート
  【2021年版】EAPとは?機能・重要性・導入メリットとポイントを解説 企業から注目されている「EAP」ってどんなもの?導入に関するポイントとメリットについて、まとめて紹介します。 エムステージ 産業保健サポート


​​

サンポナビ編集部

サンポナビ編集部

企業の産業保健を応援する『サンポナビ』編集部です。産業医サポートサービスを提供している株式会社エムステージが運営しています。 産業医をお探しの企業様、ストレスチェック後の高ストレス者面接でお困りの企業様は、ぜひお問い合わせボタンからご相談ください。

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


中小企業も対象に!「パワハラ防止法」義務内容・罰則・就業規則のポイント

-2021年8月19日最終更新:2022年4月「パワハラ防止法」が中小企業も対象になります。本記事では経営者・人事担当者が知っておきたいパワハラの定義や法律に対応するための実務ポイントを解説しています。

繁忙期に従業員から有給休暇申請が!取得日は変更できる?時季変更権を解説

‐2021年3月9日最終更新:繁忙期に従業員から年次有給休暇の申請があった時に、使用者(企業)はどの程度まで取得日を変更することが可能なのでしょうか。使い方ひとつでトラブルの恐れもある「時季変更権」の強制力や、行使の際に注意すべきポイント、罰則について確認しましょう。

〈社労士解説〉会社で「パワハラ上司」にならないために知っておきたい対策とは

2020年6月にはいわゆる「パワハラ防止法」がスタートし、パワハラ対策への注目が高まっています。また、昨今ではリモート就業中の「リモハラ」、顧客からの「カスハラ」など、パワハラの種類も多様化。対策について専門家の涌井美和子先生にお話しを伺いました。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)