\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

【2021年版】EAPとは?機能・重要性・導入メリットとポイントを解説

最終更新日:2021年4月21日

感染症の流行や働き方の変革といった未曾有の事態の中、従業員の健康を支援するため、EAPへの注目が高まっています。

「EAPとはなに?」といったところから、その重要性や導入時のポイントについて紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.EAPとは?EAPの主な機能と導入のメリット
    1. 1.1.EAPとは「従業員支援プログラム」のこと
      1. 1.1.1.●EAPの定義とは?
  2. 2.EAPの主な機能~内部EAP・外部EAPと導入のメリット
    1. 2.1.EAP導入のメリット:体調・メンタルヘルス不調へ早期アプローチが可能に
      1. 2.1.1.●内部EAP導入のメリット
      2. 2.1.2.●外部EAP導入のメリット
  3. 3.EAPの重要性と、導入時・運用時のポイント
    1. 3.1.EAPが注目される背景・EAP重要性
      1. 3.1.1.約6割の労働者がストレスを抱えている現状
    2. 3.2.EAPサービスを選ぶ・導入する際のポイント
      1. 3.2.1.●外部EAPサービス導入のポイント
    3. 3.3.外部EAPの導入は、事前の情報収集がポイント
    4. 3.4.EAPを効果的に運用するためのポイント

\ハラスメント相談窓口としてご活用可!/《企業向け》外部相談窓口の設置

EAPとは?EAPの主な機能と導入のメリット

EAPとは「従業員支援プログラム」のこと

EAPとはEmployee Assistance Programの頭文字をとったもので、日本語にすると「従業員支援プログラム」の総称です。

EAPは身体と精神の両方の健康を支援するプログラムですが、メンタルヘルス不調対策のみを支援するプログラムとして呼ばれることも多くあります。

EAPは、もともとアルコール依存症の対策としてアメリカで誕生しました。

そして、1980年代、その効果に期待される形で、日本企業でも導入されてきた歴史があります。

その後、2000年には、厚生労働省より「事業場の労働者の心の健康づくりのための指針)」が施行され、同指針の中で掲げられた「4つのケア」のうち「事業場外資源によるケア」としてEAPの存在が大きく注目されるようになりました。


■「4つのケア」を解説した記事はこちら■

  メンタル対策のキホン「4つのケア」とは?教材の紹介と活動のポイント 最終更新日:2021年4月9日:メンタルヘルス対策の取組みには「セルフケア」「ラインによるケア」「産業保健スタッフによるケア」など「4つのケア」と呼ばれる活動を軸に取り組むことが大切です。教材や活動のポイントを解説します。 エムステージ 産業保健サポート

●EAPの定義とは?

日本EAP協会の公式ホームページによると、EAPは以下のように定義されています。

Employee Assistance ProgramまたはEAPは以下の2点を援助するために作られた

職場を基盤としたプログラムである。

1.職場組織が生産性に関連する問題を提議する。

2.社員であるクライアントが健康、結婚、家族、家計、アルコール、ドラッグ、法律、情緒、

ストレス等の仕事上のパフォーマンスに影響を与えうる個人的問題を見つけ、解決する。

出典:日本EAP協会ホームページ「EAPの定義」

EAPの主な機能~内部EAP・外部EAPと導入のメリット

EAP導入のメリット:体調・メンタルヘルス不調へ早期アプローチが可能に

では、従業員を支援するEAPはどのようなものでしょうか。

EAPは、端的に言えば「心身の健康に関する相談窓口」のことで、医師や臨床心理士等の専門家が各種の相談に対応します。

一般的に、EAPは従業員のメンタルヘルス不調対策に主眼を置いたものが多いようですが、メンタルヘルスに限らず、ハラスメントの悩みや、身体の不調、家庭環境、経済的な不安や依存症など、健康維持に関するさまざまな相談を受け付ける機能があります。


EAPのメリットは、従業員から受ける相談体制を整備することにより、健康に関する課題へ早めにアプローチできることにあります。

また、EAPのタイプについて、従業員数の多い企業であればEAPの機関・機能を社内に設置する(内部EAP)こともありますが、一般的にはEAPサービスを展開する外部機関を利用ケース(外部EAP)がほとんどです。


内部EAP導入のメリット

  • 相談員が社内の事情や文化を理解している
  • 相談から問題への対応がスムーズになる場合が多い
  • 相談員を常駐させるため、コストが高額になるケースが多い


外部EAP導入のメリット

  • 外部機関であるため、従業員が相談しやすい
  • 相談員を常駐させるわけではないため、コストが抑えられる
  • サービスによっては相談後に医師へ取次ぐフォロー等がある
  • 24時間、365日対応しているサービスが多い

\ハラスメント相談窓口としてご活用可!/《企業向け》外部相談窓口の設置

EAPの重要性と、導入時・運用時のポイント

EAPが注目される背景・EAP重要性

上述したように、日本では1980年代からEAPの効果に対して期待がされてきましたが、その背景には過重労働による労災(過労死・精神疾患等)の発生・事件がクローズアップされ、ニュースになっていたことにあると考えられています。

また、2010年代に入ると政府主導による働き方改革が進み、企業においてはリスクマネジメントの観点からEAPの重要性に注目されるようになりました。


約6割の労働者がストレスを抱えている現状

そして、現在も多くの労働者が仕事に関するストレスを感じています。

厚生労働省の調査(※)によれば「現在の自分の仕事や職業生活に関することで強い不安、悩み、ストレスとなっていると感じる事柄がある労働者の割合」は58.0%と、半数以上の労働者がストレスを抱えており、企業におけるストレス対策は喫緊の課題なのです。

※出典:厚生労働省「平成30年 労働安全衛生調査」


EAPサービスを選ぶ・導入する際のポイント

2020年には新型コロナウイルスが流行し、多くの企業においてテレワークが実施されるなど働き方に大きな変革が訪れました。

産業保健サービスを提供している株式会社エムステージによれば、離れて働く従業員の健康支援や、新型コロナウイルスに関連したストレス対策として、企業からEAP導入に関する相談が増加しているそうです。

EAPのサービスは複数ありますが、外部の相談サービスを選ぶ際には「従業員が相談しやすいこと」が一つのポイントになります。

また、相談後の対応についてもカバーされているサービスを選ぶことがポイントです。


外部EAPサービス導入のポイント

  • 24時間、365日対応のサービスであること
  • 相談員が医師、保健師等の専門家や有資格者であること
  • メンタルヘルスだけでなく、身体の健康についても相談可能であること
  • 従業員だけでなく、その家族も使えるサービスであること
  • 万一の場合に備え、専門の医師へ取り次いでもらえること


外部EAPの導入は、事前の情報収集がポイント

外部EAPのサービスは提供企業によってさまざまですので、導入を検討する際には必ず情報収集を行い、自社に合ったサービスを選ぶことがポイントになります。

産業保健サービスを展開するエムステージでは、これらの情報がひとつにまとまったパンフレットを無料提供しています。


EAPを効果的に運用するためのポイント

導入したEAPの相談窓口、従業員に利用されることで効果を発揮します。

ですので、EAPサービスの導入時は必ず職場に周知すること。そして、気軽に利用・相談が可能であることをPRしてください。

導入するEAPサービスの内容にもよりますが、EAPではメンタルヘルスに限らず、家庭環境や介護の事情、ライフプランに関する悩みなど、多様な相談に対応でき、一次予防にも大きな効果を生みます。

EAPを上手に運用することは、生産性の向上や休職・離職リスクの低減などに効果があります。

「職場の課題を解決したい」「リスクマネジメントの視点で産業保健活動を推進したい」と考える方は、ぜひEAPを活用してみてください。

\ハラスメント相談窓口としてご活用可!/《企業向け》外部相談窓口の設置


■よく読まれている関連記事■

  ストレス対策で注目される「コーピング」とは?効果を高める実践のポイント 2021年4月14日最終更新:近年、ストレス対策として注目を集める「コーピング」とは、どのようなものでしょうか。企業においてコーピングが重要視されている理由や、コーピングを効果的な取組にするためのポイントとともに紹介します。 エムステージ 産業保健サポート
  <年間70万人が受検>注目の“プレゼンティーズム”も測定できる!ストレスチェック「Co-Labo」の特長 株式会社ヒューマネージが開発した「Co-Labo」は、ストレスチェックを通じて働く人のプレゼンティーズムを測定し、職場の課題を発見、解決に導くシステムです。Co-Laboについて、同社アセスメントソリューション事業部長の吉原さんにお話を伺いました。 エムステージ 産業保健サポート
  【4選】ストレスチェック集団分析の結果を活用するために知っておきたいこと 2021年3月9日最終更新-ストレスチェックの集団分析結果を活用することが、職場の環境改善に役立ちます。活用に関する4つのポイントを紹介します。 エムステージ 産業保健サポート


 
サンポナビ編集部

サンポナビ編集部

企業の産業保健を応援する『サンポナビ』編集部です。産業医サポートサービスを提供している株式会社エムステージが運営しています。 産業医をお探しの企業様、ストレスチェック後の高ストレス者面接でお困りの企業様は、ぜひお問い合わせボタンからご相談ください。

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

関連記事


〈2021年9月〉日本産業保健法学会の第1回学術大会が開催されます

2021年9月、日本産業保健法学会の第1回目となる学術大会が開催されます。産業医をはじめとした産業保健スタッフをはじめ、社会保険労務士や衛生担当者等、労務に携わる方にとって有益な情報が発信されますので、ぜひチェックしてください。

〈2021年度版〉「心の健康づくり計画」義務の内容&助成金・要件を解説

2021年5月26日最終更新:企業に策定の義務がある「心の健康づくり計画」。2020年版として、策定内容と方法、助成金や要件などについて解説します。

【TOP5】2020年度:人事・総務・衛生担当者に最も読まれた記事は?

産業保健ウェブメディア「サンポナビ」において、2020年度(2020年4月から2021年3月末)に最も読まれた記事の「トップ5」をご紹介します。

<企業向け>新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)

企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意。 >無料ダウンロード

▼法令対応のサービスをご提供可能です!まずはお問い合わせください▼

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料




<企業向け>新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)

企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意。

>無料でダウンロード