<年間70万人が受検>注目の“プレゼンティーズム”も測定できる!ストレスチェック「Co-Labo」の特長

2015年より義務化されたストレスチェックですが、残念ながら有効活用できている企業は多くない現状があります。

株式会社ヒューマネージが開発した「Co-Labo」は、ストレスチェックを通じて働く人のプレゼンティーズムを測定し、職場の課題を発見、解決に導くシステムです。

Co-Laboについて、同社アセスメントソリューション事業部長の吉原さんにお話を伺いました。


“コーピング”と“プレゼンティーズム”が測定可能。70万人が受検するストレスチェック「Co-Labo」とは

ストレスチェック「Co-Labo」とは、どういったものなのでしょうか。

Co-Laboは、2002年、業界で初めて一次予防(事前予防)にフォーカスしたストレスチェックとしてリリースしました。

今では一次予防の重要性は広く知られていますが、リリース当時は働く人の「こころの健康」が注目され始めた頃で、二次予防、三次予防が重視されていました。

そのようななか、一次予防にも重点を置いたCo-Laboはかなり新しく、珍しかったと思います。


厚生労働省が公表している57項目のストレスチェックと、Co-Laboの大きな違いは、現在の状態、ストレスの原因だけでなく、人それぞれに異なるコーピング(ストレスの原因への対処方略(行動特性))を測定できる点です。

仕事の量が多い、時間に追われている、裁量権がない、役割があいまい…職場にはさまざまなストレッサー(ストレスの要因)があります。

ストレッサーが重なるとそのぶん心身に不調を感じることが増えると思われがちですが、ストレッサーがあっても健康な状態を保てる人もいれば、ストレッサーがそれほど多くなくても不調を抱える人もいるなど、個人差があります。

この差につながるのが、コーピングです。


コーピングは、ストレッサーによる問題を解決しようとする努力、対処方略を指します。

たとえば「問題解決に取り組む」「人に相談する」などの積極的なコーピングは、ストレッサーを軽減しストレス反応があらわれることを防ぎます。

他方、「問題を放置する」「我慢する」といった消極的なコーピングでは、ストレス反応があらわれ心身の不調につながることが多い。

Co-Laboでは、その人のコーピングと、コーピングの資源となる人付き合いのスキル等も確認することができ、受検者は自身のコーピングの傾向を知り、対処に役立てることができるのです。


「Co-Labo」では、昨今注目が高まっている“プレゼンティーズム”も把握することができると聞きました。

これまで、企業におけるメンタルヘルス支援は、主にアブセンティーズムといわれる「欠勤や休職など、心身の不調により出社できない状態」の従業員を対象として、予防と対策が講じられてきました。

しかし近年、プレゼンティーズム(出社しているにもかかわらず、心身の健康上の問題でパフォーマンスが落ちている状態)が注目を集めており、健康経営優良法人(ホワイト500)認定においても重要な指標となっています。


約3万人を対象とした大規模調査では、9割もの従業員がパフォーマンスの低下を実感していることが判明しています。

プレゼンティーズムをどのように把握し、効果的にアプローチしていくかが、これからの企業の生産性向上のカギといえます。

より多くの企業様の生産性向上に貢献するため、“プレゼンティーズム評価分析レポート”を、ストレスチェックCo-Laboに標準搭載しました。


“プレゼンティーズム評価分析レポート”では、組織の活性度(労働生産性)指数やプレゼンティーズム損失額を表示します。

メンタルヘルス支援施策は、効果がなかなか目に見えづらいといわれますが、プレゼンティーズム評価分析レポートによって、投資対効果の視点をもって、組織改善~その後のPDCAが可能となります。

“プレゼンティーズム評価分析レポート”は、「第8回 日本HRチャレンジ大賞」奨励賞、日本の人事部「HRアワード2019」プロフェッショナル部門に入賞しました



Co-Laboの強み

ストレスチェック「Co-Labo」の強みを教えてください。

Co-Laboは全部で4つのバージョンがあり、ニーズに合わせてお選びいただけます。

それまで厚生労働省が公表している57項目を使われていた企業様は、結果の比較ができる「Co-Labo 57+」を選ばれることが多いです。

もちろんすべてストレスチェック義務化に完全対応しています。

《Co-Laboラインナップ》

簡易調査票*の内容はカバーしたい

Co-Labo 57

(簡易調査票標準版)

簡易調査票をカバーしつつ人材育成にも使いたい

Co-Labo 57+

(簡易調査票標準版+人材育成尺度**)

より深く・専門的な内容で組織の生産性を向上したい

Co-Labo 78

(人材開発・組織開発対応版)

「健康いきいき職場」モデルに基づき職場環境要

因・アウトカムを測定したい

Co-Labo 80

(新職業性ストレス簡易調査票対応版)

* 職業性ストレス簡易調査票 **コーピング、ソーシャルスキル


また、前述の“プレゼンティーズム評価分析レポート”はCo-Laboに標準搭載されており、Co-Laboご利用企業様は無料でお使いいただけます。

もう一つ、セキュリティとサービスレベルは国際規格に準拠しています。

弊社は、プライバシーマーク(国内第1号認定)はもちろん、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO27001」、ITサービスマネジメントシステムの国際規格「ISO20000」、品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001」の認証を取得しています。

ストレスチェックは機微情報を扱いますから、こういった第三者規格の認証を持ち、保持し続けられている点をご評価いただくことも多いです。


ストレスチェックの結果は、どのような形でみることができますか。

こちらが受検結果のサンプルとなります(下図)

受検して結果をみて終わり、あるいは高ストレス判定が出た場合のみ産業医との面談をおこなう、というフォローではなく、働く人が自身のストレスに気づくきっかけとそのコーピングについて、具体的なフィードバックコメントが表示されます。

集団分析レポートがわかりやすいというお声も多くいただきます。

グラフやコメントを用いたわかりやすいフィードバックに加え、“経営層向けの全社傾向レポート”や“職場へのフィードバック向け個別レポート”など、部署別、事業所別、さまざまな項目・登録情報で、システムからカンタンに出力できる点も喜んでいただくことが多いです。


実施後のフォローについては、どのようなものがありますか。

ストレスチェックの結果に応じて、オプションとして、カウンセリングやセルフケア・ラインケア等の研修もおこなっています。

また、2020年11月より、産業保健サービスを展開する株式会社エムステージと提携し、「MValue(エムバリュー)」も利用いただけるようになりました。

MValueではストレスチェック後の産業医面談などまで、一貫して対応することができます。


不安定・不確定な時代こそ、きめ細かいメンタルヘルス支援を


ストレスチェック「Co-Labo」のニーズの高まりについては、いかがでしょうか。

そうですね、やはりストレスチェック制度の開始から5年が経ち、ストレスチェックをもっと意義のあるものにしたいと考える企業様が増えてきたことで、“コーピング”や“プレゼンティーズム”といった、人材開発・組織開発につながる視点を持つCo-Laboのお引き合いをいただく機会が増えていると感じています。


コロナ禍におけるストレスチェックの重要性については、いかがでしょう。

2020年は新型コロナウイルスの世界的な流行があり、リモートワークの急増など、私たちの働き方も大きく変化しました。

社会情勢にも大きな影響があり、これまでとは違う不安定・不確定な日々が続くなか、休職や離職のリスクも高まっていると考えられます。

冒頭に申し上げた通り、Co-Laboは事前予防を重視したストレスチェックです。

こういったタイミングだからこそ、従業員のメンタルヘルス支援、職場の課題解決~生産性向上にCo-Laboを活用いただければと思っております。


ストレスチェック『Co-Labo』を含む総合健康支援サービス

「MValue(エムバリュー)」の詳細はこちら

エムステージの産業保健サービス公式HPにリンクします。


サンポナビ編集部

サンポナビ編集部

企業の産業保健を応援する『サンポナビ』編集部です。産業医サポートサービスを提供している株式会社エムステージが運営しています。 産業医をお探しの企業様、ストレスチェック後の高ストレス者面接でお困りの企業様は、ぜひお問い合わせボタンからご相談ください。

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


【4選】ストレスチェック集団分析の結果を活用するために知っておきたいこと

2021年3月9日最終更新-ストレスチェックの集団分析結果を活用することが、職場の環境改善に役立ちます。活用に関する4つのポイントを紹介します。

〈共催セミナー〉プロが語る「コロナ禍のストレス対策」最新情報

2021年6月末、株式会社エムステージと株式会社ヒューマネージの2社共催により、オンラインセミナーが開催されました。基調講演の講師は産業医科大学 浜口伝博教授が務めました。当日の様子をレポートします。

【2021年度】ストレスチェック助成金とは?申請方法を解説!

2021年6月7日最終更新―従業員50人未満の事業場が受けとる事が出来るストレスチェックの助成金について、申請・準備方法、期限など2021年時点の最新情報を解説します。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



産業医のオススメ記事

業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



業保健のオススメ資料


新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)<企業向け>
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


生委員会のオススメ記事


令対応のサービスを提供


部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


ンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)