【まとめ】ストレスチェック義務化の内容&対応するために知っておくべきこと

2020-06-30更新: 2020-07-01

2020年6月30日最終更新-ストレスチェックの実施義務に関するあれこれ(対象者・回数・実施者・罰則など)について、わかりやすくまとめています。特に人事の方、衛生担当の方は必見です。

【2020年版】ストレスチェック助成金の準備と申請の方法を解説!

2020-06-22更新: 2020-06-25

従業員50人未満の事業場が受けとる事が出来るストレスチェックの助成金について、申請方法と準備など2020年時点の最新情報を解説します。

「安全配慮義務違反」と「予見可能性」企業が対応するためのポイント解説

2020-04-13更新: 2020-04-14

企業には、従業員の安全と健康をまもるための「安全配慮義務」があります。安全配慮義務を違反することは、労災やメンタルヘルス不調を引き起こす原因になり、最悪の場合には過労死などにも繋がってしまいます。管理監督者や人事が取り組むべきポイントについて紹介します。

【義務化にどう対応する?】人事向け「パワハラ防止法」罰則・就業規則のポイント

2019-12-10更新: 2020-06-09

(2020年6月2日最終更新)2020年6月にスタートした「パワハラ防止法」をやさしく解説。この記事では経営者・人事担当者が知っておきたいパワハラの定義や法律に対応するための実務ポイントを解説しています。

メンタルヘルス対策のPDCAサイクル「4つのケア」をわかりやすく解説

2019-10-28更新: 2019-11-20

メンタルヘルス対策の取組みには「セルフケア」「ラインによるケア」「産業保健スタッフによるケア」など「4つのケア」と呼ばれる活動を軸に取り組むことが大切です。従業員・使用者・産業医など、それぞれの役割と活動内容をわかりやすく解説します。

「心の健康づくり計画」企業の義務内容と助成金を解説

2019-10-21更新: 2019-11-20

労働安全衛生法では「心の健康づくり計画」の策定を義務化しています。計画の実行は従業員のメンタルヘルス対策だけでなく、生産性やモチベーションの向上にも効果があるため、健康経営を進めていく上で欠かせません。策定方法と助成金について解説します。

【弁護士に聞く】「高ストレス社員」を放置する訴訟リスクと企業の対策とは

2019-10-17更新: 2020-02-06

ある日突然、メンタルヘルス不調の従業員から会社が訴えられてしまったら?休みがちな従業員や、ストレスチェックで高ストレス判定が出た従業員を放置することのリスクとその対策について、労働法の専門弁護士・倉重公太朗氏に話を聞きました。

社労士が語る「休職・復職」の実務に対応するためのポイント

2019-07-22更新: 2019-12-13

メンタルヘルス休職者への対応はどうする?就業規則の整備や休職期間設定などのノウハウを社会保険労務士がレクチャー。産業保健サポートサービスを提供する株式会社エムステージが開催した「職場のメンタルヘルス対応と産業保健」のセミナーレポートです。

メンタルヘルス疾患による休職・復職に対応した就業規則の作り方

2019-07-02更新: 2019-08-21

就業規則とは、労働時間や賃金、人事・服務規律など、労働条件や待遇の基準、従業員が守らなければならない規律を具体的に定めた職場の規則です。近年増えているのが、休職・復職、特にメンタルヘルス疾患による休職・復職に関する規則が不十分で、トラブルに発展するケースです。トラブルを未然に防止するために、休職に対応できる就業規則になっているか見直してみましょう。

ストレスチェック後の「高ストレス」面談の流れは?

2019-05-28更新: 2019-12-27

(2019年12月27日最終更新)ストレスチェックの結果、「高ストレス者」と選定された労働者から申し出があった場合は、産業医などの医師による面接指導を実施することも事業者の義務です。ストレスチェックから、高ストレス者の面接指導を実施するまでの流れを確認してみましょう。

全53件中 1〜 10件を表示