【4選】ストレスチェック集団分析の結果を活用するために知っておきたいこと

2021-09-06更新: 2021-10-25

2021年3月9日最終更新-ストレスチェックの集団分析結果を活用することが、職場の環境改善に役立ちます。活用に関する4つのポイントを紹介します。

中小企業も対象に!「パワハラ防止法」義務内容・罰則・就業規則のポイント

2021-08-19更新: 2021-10-22

-2021年8月19日最終更新:2022年4月「パワハラ防止法」が中小企業も対象になります。本記事では経営者・人事担当者が知っておきたいパワハラの定義や法律に対応するための実務ポイントを解説しています。

「安全配慮義務違反」と「予見可能性」企業が対応するためのポイント解説

2021-08-05更新: 2021-09-21

企業には、従業員の安全と健康をまもるための「安全配慮義務」があります。安全配慮義務を違反することは、労災やメンタルヘルス不調を引き起こす原因になり、最悪の場合には過労死などにも繋がってしまいます。管理監督者や人事が取り組むべきポイントについて紹介します。

【2021年】メンタルヘルス・マネジメント検定ってどんな試験?よくある疑問をQ&Aで解説

2021-07-16更新: 2021-10-22

2021年4月1日最終更新-職場での心の健康管理の取り組みが重視される中、働く人の心の不調を未然に防ぐことを目的とした「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」がされています。コースの違いや内容、難易度などの疑問にお答えします。

【2021年度】ストレスチェック助成金とは?申請方法を解説!

2021-06-07更新: 2021-09-03

2021年6月7日最終更新―従業員50人未満の事業場が受けとる事が出来るストレスチェックの助成金について、申請・準備方法、期限など2021年時点の最新情報を解説します。

〈2021年度版〉「心の健康づくり計画」義務の内容&助成金・要件を解説

2021-05-09更新: 2021-09-06

2021年5月26日最終更新:企業に策定の義務がある「心の健康づくり計画」。2020年版として、策定内容と方法、助成金や要件などについて解説します。

ストレス対策で注目される「コーピング」とは?効果を高める実践のポイント

2021-04-14更新: 2021-07-28

2021年4月14日最終更新:近年、ストレス対策として注目を集める「コーピング」とは、どのようなものでしょうか。企業においてコーピングが重要視されている理由や、コーピングを効果的な取組にするためのポイントとともに紹介します。

〈保健師解説〉仕事とうつ。テレワークにおけるセルフケアの大切さとポイント

2021-01-27更新: 2021-08-23

昨今ではテレワークの普及など働き方そのものにも変化が起こり、ストレスの要因となっているケースもあるようです。テレワーク時に取り組めるセルフケアのポイントとその大切さについて、産業保健師の本田和樹さんにお話しを伺いました。

メンタル対策のキホン「4つのケア」とは?教材の紹介と活動のポイント

2021-01-19更新: 2021-10-25

2021年4月26日最終更新:メンタルヘルス対策の取組みには「セルフケア」「ラインによるケア」「産業保健スタッフによるケア」など「4つのケア」と呼ばれる活動を軸に取り組むことが大切です。教材や活動のポイントを解説します。

〈産業医コラム〉-2021新年-「認知」を変えてストレス抵抗力を高める

2021-01-04更新: 2021-03-10

「認知」を変えてストレスの抵抗力を高めることが、コロナ禍の生活に大切です。2021年を迎えても、こうした生活は続きます。ストレスとの付き合い方について、産業医科大学の浜口伝博先生に解説していただきます。

全59件中 1〜 10件を表示

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能


◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)