メタボ健診に要注意! 健康経営マンガ:ねぎま産業(株)第3回


どこかのメディアで、働き方改革、健康経営やってる企業として、いい感じに取り上げられたいなー・・・

そんな新年の抱負をもっている会社があったーー 会社の名前は、ねぎま産業株式会社。

今年も健康経営がんばるつもりはある、だけどちょっとずれている。そんな働くトリたちの奮闘記。

今回のテーマは「メタボ健診」。

第3回 カラダが資本



新しい年をむかえ、干支も「酉(トリ)」から「戌(イヌ)」に変わった。

干支の重圧からの解放感と、正月休みボケで、トリたちの気持ちはゆるみまくっていた。


そんな中、メタボ健診の結果を受けて、新年早々ダイエットをすることになったわけだが…

「ある意味いいきっかけかもなぁー。

鶏むね肉、もも肉鍛えたら、ワイルド系でちょいモテになったりして♬

ムフフ♬」

なんて、浮かれていたのだ。

だけど、調子に乗って、ジムにいるセクシーなフラミンゴ女子の目の前で手羽はばたかせてジャンプしたら見事に複雑骨折。

やべ、ニワトリって飛べなかったんだった。。。


ちょいモテを目指した結果、全治三ヶ月の自宅謹慎なんて…!


ここで新年、最初の一句。

「健康を 軽くみてると 倍返し

 飛べるつもりで もつれた手足」

by にわとり




新年早々、大変なことになってしまいましたね。

読者の皆さまは、この一年を元気に働くために、健診の実施と受診、その後のフォローもしっかりとお願いします!予防は最大の治療!

今回のキーワードは「メタボ健診」です。


今日の人事労務キーワード:メタボ健診

メタボ健診とは

いわゆる「メタボ健診」といわれている「特定健康診査」。

従来の健康診断は、病気の早期発見・早期治療等を重視して実施されてきましたが、メタボ健診は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)該当者及び予備群を減少させることを目的として、2008年4月にスタートしました。

日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病など)の予防のため、40歳から74歳までの被保険者・被扶養者を対象に実施されます。


特定保健指導

また、特定健診の結果、メタボリックシンドローム該当者及びその予備群と判定された方は、生活習慣の改善に向けたサポートである「特定保健指導」を実施することになります。

ちなみに、経済産業省が推進する「健康経営優良法人」の認定制度では、「保険者による特定健康診査・特定保健指導の実施」が認定条件の必須項目のひとつです。

(by サンポナビ編集部)

マンガ作者プロフィール:とりのささみ。

イラストレーター、デザイナー。

地方から上京しブラック企業に入社、転職に失敗して仕方なくフリーランスをやっている内になんだか楽しくなり、今に至る。ブラックジョークをオブラートに包むイラストが得意。

とりのささみ。 (@torinosashimi) | Twitter  


つづけて読みたい


▼この記事は「健康経営マンガ:ねぎま産業(株)」の第3回です▼

第2回「休職制度、整ってる?」 

第4回「パワーハラスメントは許さない!」


▼これまでのシリーズはこちら▼
健康経営マンガ:ねぎま産業(株)


▼関連記事▼

健康診断ってどんな種類があるの?費用は?実施前のよくある疑問を解説!

企業が健康診断を実施するときの産業医の役割は?

放っておくとどうなるの?数字で見る「健康診断」

健康診断の結果は誰が見られる?再検査は強制?実施後のよくある疑問を解説

健康診断の実施は企業の義務!定期健診の費用はいくらかかる?


とりのささみ

とりのささみ

マンガ作者プロフィール:とりのささみ。 イラストレーター、デザイナー。YouTubeにて「テイコウペンギン」を連載中。地方から上京しブラック企業に入社、転職に失敗して仕方なくフリーランスをやっている内になんだか楽しくなり、今に至る。ブラックジョークをオブラートに包むイラストが得意。とりのささみ。 (@torinosashimi) | Twitter  

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


再検査受けてる?健康経営マンガ:ねぎま産業(株)第11回

「かれこれ1年近く健康経営取り組んでるのに、健康になってる気がしない…。」そう苦悩する会社があった。その会社の名は、ねぎま産業(株)。健康経営を頑張りたい、だけどちょっとずれている。働くトリたちの奮闘記。今回のテーマは「定期健康診断」。

〈産業医コラム〉10月1日はピンクリボンデー

ピンクリボンは、乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の重要性を伝えるために世界共通で用いられているシンボルであり、毎年10月1日はピンクリボンデーとされています。乳がん健診の重要性について産業医の福内雅子先生が解説します。

【まとめ】前日からのNG行為は?健康診断「食事・お酒・タバコ」のルール

‐2021年7月21日最終更新:健康診断の前日から、食事・お酒・タバコなどについていくつかのルールがあります。「なぜダメなのか」「何時間前までならOKなのか」などについて編集部が調べ、まとめてみました。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)