企業が健康診断を実施するときの産業医の役割は?

企業にとって、健康診断を実施することは法律により義務化されています。そして、労働者の健康診断結果については、産業医などに確認をしてもらい、意見を聞く必要があります。

産業医からの意見にはどのような内容があるのでしょうか。また、産業医は、結果の確認以外にどのように健康診断に関わるのでしょうか。健康診断における産業医の役割をみてみましょう。



健診で異常所見がある労働者について、産業医などの意見を聞く義務がある

企業は、労働者に対して医師による健康診断を実施することを義務付けられています。

実施にあたって、産業医の選任義務のある事業場では、産業医に健康診断の計画や実施上の注意などの助言を求めることが必要です。

健康診断を実施したら、企業はまず、労働者が自ら自主的に健康管理に取り組めるよう、受診者全員に健康診断結果を文書で通知しなければなりません。そして、労働安全衛生法第66条の4の規定に基づき、健康診断の結果、異常の所見があると判断された労働者については、医師等の意見を聞かなければなりません。

また、意見の聴取は、速やかに行うことが望ましいです。

それでは、意見を聞く「医師等」とは、どんな人を指すのでしょうか。

厚生労働省の「健康診断結果に基づき事業者が講ずべき措置に関する指針」では、「産業医の選任義務のある事業場においては、産業医から意見を聴くことが適当である」とされています。なぜなら、産業医は労働者それぞれの健康状態や作業内容、作業環境についてより詳細に把握しうる立場にあるからです。

従業員50人以上の事業場(本社、支社など)には、産業医の選任義務があります。つまり、従業員50人以上の事業場は、産業医に健康診断の計画などへの助言を求めることが必要で、さらに健康診断結果について産業医から意見を行くことが望ましいということです。

また、産業医の選任義務のない事業場、つまり、従業員50人未満の事業場は、労働安全衛生法で定められた産業保健サービスを提供している、地域産業保健センターを活用することなどが提示されています。

▶ 産業医紹介サービスはこちら《従業員50人以上の事業所必須》
大手企業から中小企業まで実績多数。産業医のご紹介から選定後のサポートまで全てお任せ下さい(全国対応)

健診結果に対する産業医の意見の内容にはどのようなものがある?

企業が産業医などに聞く健康診断結果への意見としては、どのようなものがあるのでしょうか。

「健康診断結果に基づき事業者が講ずべき措置に関する指針」には、就業上の措置の必要性の有無や、講ずべき措置の内容を聞かなければならないことが書かれています。

示されている区分例としては、「通常勤務」「就業制限」「要休業」があります。

■区分例

就業区分と就業上の措置の内容

出展:「健康診断結果に基づき事業者が講ずべき措置に関する指針」より

「通常勤務」はその通り『通常の勤務でいい』ということです。

そして「就業制限」は、勤務に制限を加える必要があるという判断になります。就業上の措置としては、労働時間の短縮や出張の制限、作業の転換、就業場所の変更など、勤務による負荷を軽減するための措置が例示されています。

また、「要休業」は、勤務を休む必要があるということです。療養のために休暇や休職などで一定期間勤務させない措置が考えられます。

​​​​​​​措置決定の際の労働者からの意見聴取は、産業医同席が望ましい

企業は、医師の意見に基づいて、労働時間の短縮や休職などの就業上の措置を決定する場合「あらかじめ当該労働者の意見を聴き、十分な話合いを通じてその労働者の了解が得られるよう努めることが適当である」とされています。(「健康診断結果に基づき事業者が講ずべき措置に関する指針」

その場合、産業医の選任義務のある事業場では、「必要に応じて、産業医の同席の下に労働者の意見を聴くことが適当である」と示されているのです。

また、衛生委員会などの設置義務のある事業場や、労働時間等設定改善委員会を設置している事業場は、必要に応じて、健康診断の結果に関わる産業医などの意見をこれらの委員会に報告することが適当であるとされています。

ただし、労働者のプライバシーに配慮しなければなりませんので、労働者個人が特定されないよう産業医の意見を集約したり、加工したりするなどの工夫が必要です。

健康診断における産業医の役割をご理解いただけましたか?

産業医は、労働者それぞれの健康状態や仕事の環境についてくわしく把握できる存在です。従業員の健康のために、産業医と連携しながら確実に健康診断を実施してください。



▶ 産業医紹介サービスはこちら《従業員50人以上の事業所必須》
大手企業から中小企業まで実績多数。産業医のご紹介から選定後のサポートまで全てお任せ下さい(全国対応)

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


健康診断ってほんとに必要? 【Dr.ともよ連載 第2回】

産業保健の現場で奮闘する産業医の“本音”がわかる駆け出し産業医ともよDr.による連載。今回は、知っているようで知らない健康診断の活用法についてです。

〈産業医コラム〉10月1日はピンクリボンデー

ピンクリボンは、乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の重要性を伝えるために世界共通で用いられているシンボルであり、毎年10月1日はピンクリボンデーとされています。乳がん健診の重要性について産業医の福内雅子先生が解説します。

事例あり:従業員が新型コロナに感染したら、何日間で仕事に復帰できる?

2021年8月27日最終更新:ワクチンの接種が進んでいますが、感染者は増加傾向にあります。本記事では、感染判明した従業員が仕事に復帰するまでの日数や、企業における対応の流れ・フローについて、事例とともに紹介しています。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)