産業医がいない事業場で、健康診断にどう対応する?

従業員が50人以上の事業場には産業医の選任義務があります。

全国に拠点がある企業では、本社では産業医を選任していても、従業員50人未満の小規模支社では義務がないために選任していないこともあります。小規模支社で、産業医を必要とするタイミングの一つが健康診断です。本社でしか産業医を選任していない場合、どのように対応すればいいのでしょうか。確認してみましょう。

健康診断での異常所見。意見聴取は産業医がベスト

企業が労働者に健康診断を実施することは、労働安全衛生法で義務付けられています。

健康診断の結果、異常の所見があると判断された労働者については、医師等の意見を聞かなければなりません。また、意見の聴取は、速やかに行うことが望ましいです。


それでは、意見を聞く「医師等」とは、どんな人を指すのでしょうか。

厚生労働省の「健康診断結果に基づき事業者が講ずべき措置に関する指針」では、「産業医の選任義務のある事業場においては、産業医から意見を聴くことが適当である」とされています。なぜなら、産業医は労働者それぞれの健康状態や作業内容、作業環境についてより詳細に把握しうる立場にあるからです。


なお、産業医の選任義務のない事業場は、「労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識を有する医師等から意見を聴くことが適当」としています。つまり、選任義務のない場合でも、産業医がより適任と言えます。

産業医がいない事業場での医師からの意見聴取、3つの対応法

全国に拠点がある企業の場合、本社では産業医を選任していても、従業員50人未満の小規模支社では義務がないために選任をしていないことは珍しくありません。

産業医を選任していない小規模支社で、健康診断の結果、異常の所見があると判断された労働者がいた場合、医師の意見聴取はどうすればいいのでしょうか。


主な対応としては、

①本社で選任している産業医と、支社での対応も含めた契約を結ぶ

②産業医に単発アルバイトとして依頼する

③産業保健総合支援センター地域窓口(地域産業保健センター)を活用する

などが挙げられます。

③の地域産業保健センターは、独立行政法人労働者健康安全機構が運営しており、労働者数50人未満の小規模事業者やそこで働く人を対象に、労働安全衛生法で定められた産業保健サービスを無料で提供しています。

しかし、地域によっては、企業全体で従業員50人未満の事業所が優先され、大企業の支社などは、本社などで選任している産業医の協力を得られるように言われることもあります。その場合、①や②の対応を検討することになります。

選任義務のない事業場には、産業医の単発アルバイト対応もおすすめ

本社で選任している産業医と、支社での対応も含めた契約を結ぶメリットは、本社で対応を一本化でき、管理がしやすいということです。

可能であれば本社で産業医を選任したり、変更したりするタイミングで、支社も含めた対応ができる産業医を探し、契約内容に盛り込むとスムーズです。

ただ、本社ですでに産業医を選任している企業は多いでしょう。その場合は、支社まで対応が可能かどうかを産業医に相談しましょう。可能ということであれば、報酬も含めて再度条件を確認して、契約を結び直します。


しかし、業務量や報酬の面から、本社で選任している産業医の業務範囲を広げることが難しいケースもあります。そのときは、ほかの産業医、産業医が見つからない場合は医師に単発アルバイトとして依頼することをお勧めします。


アルバイトができる産業医の探し方としては、

・人材紹介会社に紹介してもらう

・地域の医師会に相談する

・健診機関に紹介してもらう

などが考えられます。

株式会社エムステージは全国11拠点で産業医紹介サービスを展開しており、業界トップクラスである6,000人以上の産業医に登録をいただいています。

支社も含めた産業保健対応ができる本社選任の産業医や、アルバイトで健康診断後の意見聴取ができる医師をお探しの場合は、ぜひ株式会社エムステージにお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

産業医に関するお悩みは ありませんか?

産業医を選任したい、見直したい、企業の産業保健活動に悩みがある……。産業保健のお困りごとは、株式会社エムステージの産業医サポートサービスが解決します。

関連記事


〈ウィズコロナ時代の働き方〉人事が情報収集・相談に役立つサービスを紹介

企業の方は、新型コロナの拡大によって大きく変化した「働き方」に対応できていますか?このページではエムステージの提供する情報収集&人事向け相談サイトの上手な利用方法について解説します。

〈精神科医に聞いた〉企業と産業医はテレワーク社員の「コロナ鬱」をどうケアすべきか

新型コロナウイルスの感染拡大によりテレワーク(在宅勤務)の数も急増。「コロナ鬱」が流行し、海外では家庭内暴力が増加しているようです。ストレスとの上手な付き合い方、企業や産業医の対応について、精神科医の吉野聡先生にお話をうかがいました。

「安全配慮義務違反」と「予見可能性」企業が対応するためのポイント解説

企業には、従業員の安全と健康をまもるための「安全配慮義務」があります。安全配慮義務を違反することは、労災やメンタルヘルス不調を引き起こす原因になり、最悪の場合には過労死などにも繋がってしまいます。管理監督者や人事が取り組むべきポイントについて紹介します。