休職制度、整ってる? 健康経営マンガ:ねぎま産業(株)第2回


世間の働き方改革、健康経営の波に何とか乗りたい!やってるふうになりたい!

そんな思いが渦巻く会社があったーー 会社の名前は、ねぎま産業株式会社。

だけど気持ちばかりが空回る…。そんな働くトリたちの奮闘記。今回のテーマは休職制度」。

第2回 ”できる上司”のマネジメント

​​​​​​​



今月は、トリ業界の一大イベントであるクリスマスを控え、各部署で残業が続いていた。

先月の、長時間に及ぶ「働き方改革会議」は一体なんだったのか…。

そんな思いが職場に漂っていた。


だから、上司から休職をすすめられたときは、心の中で叫んだ。

「とる…!休み…とる!!

この前は『フライドチキンにしてやろうか』とか思ってごめん!

部下を気遣うやさしい上司!」


だけどまさか、トリッターでのつぶやきが見られていたなんて…。

ちょっと羽を伸ばしただけなのに、こんな扱い…ありなのー?!」

嘆きの声が師走の空に響いたー。



うーん…

上司の一存で休職させたり、させなかったり、とルールが設けられていないことは問題ですね。

トリたちが整備するべきもの、それはーーー休職制度


今日の人事労務キーワード:休職制度

休職制度とは

休職に関しては法律で規定がありません。

どんな時に休職になるか、休職期間中に賃金を支払うかどうか、休職期間はどれくらいにするか、そもそも、休職制度を整備するかしないか、ということを含め、どのような休職制度にするかは、会社が就業規則などで規定することができます。

事後にトラブルを防ぐため、休職に入る社員には、会社の休職制度を事前に説明をすることが重要です。

(すぐに使える!休職に入る社員に伝えるべき事項をまとめたテンプレートを公開中!→休職・復職制度についての連絡文書テンプレート


休職時の制限事項と禁止事項

今回のような「休職時の制限事項と禁止事項」についても、事前に説明をしておくことで防げたトラブルです。

私傷病休職は病気にかかった労働者に対して労働義務を免除し、療養の機会を提供して解雇を猶予するものなので、この期間は療養に専念する義務があると考えられます。ただ“専念する”とは、医師の指導に基づいて軽いスポーツや気分転換の旅行をすることも考えられるので、『専念しているかどうか』の判断は主治医や産業医の意見も聞いて慎重にしていきましょう。

休職に入る際に、注意事項として療養に専念することと、療養以外の特別の活動をする場合に会社に報告することを義務づけておきましょう。

(by サンポナビ編集部)

マンガ作者プロフィール:とりのささみ。

イラストレーター、デザイナー。

地方から上京しブラック企業に入社、転職に失敗して仕方なくフリーランスをやっている内になんだか楽しくなり、今に至る。ブラックジョークをオブラートに包むイラストが得意。

とりのささみ。 (@torinosashimi) | Twitter  



▼つづけて読みたい▼

この記事は「健康経営マンガ:ねぎま産業(株)」の第2回です

第1回「36協定って…何?」健康経営マンガ:ねぎま産業(株)

第3回メタボ健診に要注意! 健康経営マンガ:ねぎま産業(株)

▼関連記事▼

休職期間はどう決まる?休職中の給与は?休職についてよくある10の疑問

復職してもまた休職してしまう社員への適切な復職支援とは?

休職者対応で事前に押さえておきたい13のポイント

メンタルヘルス疾患による休職・復職に対応した就業規則の作り方

今の休職復職対応、ここが残念!マニュアル活用のススメ(前編)

産業医に関するお悩みは ありませんか?

産業医を選任したい、見直したい、企業の産業保健活動に悩みがある……。産業保健のお困りごとは、株式会社エムステージの産業医サポートサービスが解決します。

関連記事


がん経験者に聞いた「治療と仕事の両立」のリアル~企業に求められる支援のあり方とは?

従業員が病気にり患してしまった時、企業はどのようにその従業員と向き合えばいいのでしょうか?ステージ4の咽頭がん治療を経験し、現在も通院しながら仕事を続けている花木裕介さんから「治療と仕事の両立支援」「がんと仕事のリアル」についてお話を伺いました。

〈がんと仕事〉もし従業員が「がん」になったら会社はどう対応する?~治療と仕事の両立支援~

がんなどの病気を抱えながら働く人の中には、仕事を理由に適切な治療が受けられない場合や、病気について職場の理解・支援体制が不足しているケースも多く、結果として離職に至ってしまう現状があります。 職場で「治療と仕事の両立支援」の体制を整備することは、働く人の安心感やモチベーションの向上につながり、優秀な人材の離職を防ぎます。 「もし、従業員ががんになったら?」企業の対応について解説します。

〈がんと仕事〉「2人に1人がなる」がんの基礎知識と予防方法を知ろう

日本では「2人に1人ががんになり、3人に1人が死亡する」といわれています。医療の進化により、かつては「不治の病」といわれていたがんも、今では治療をしながら働ける「長く付き合う病気」に変化しつつあります。一方で、がんと診断されたことで約3割の人が仕事を辞めてしまっている現状があります。「働く世代」でも増えるがん。がんに対する偏見をなくすためにも、まずは正しい知識を持つことが大切です。がんの現状と予防方法について紹介します。


開催予定のセミナー

人気記事ランキング


ダウンロードランキング