【TOP5】2020年度:人事・総務・衛生担当者に最も読まれた記事は?

情報更新日:2021年4月7日

産業保健ウェブメディア「サンポナビ」では、企業の人事・総務担当者や衛生担当者のお役に立てる情報発信が出来るよう、心がけてきました。

2021年、ついに記事数は300件を超え、数多くの方にアクセスしていただけるサイトに成長しています。

2020年度は新型コロナウイルスの世界的な流行というニュースからスタートした、波乱の1年となりました。

今回は、2020年度の総集編として、2020年4月から2021年3月末までに最も読まれた記事の「トップ5」をご紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.第1位:「産業医」に関する総まとめ記事がトップに
  2. 2.第2位:衛生委員会の「議事録」に関する記事
  3. 3.第3位:産業医 大室正志先生に行ったインタビュー記事
  4. 4.第4位:「職場クラスター」について、弁護士 倉重公太朗先生へインタビューした記事
  5. 5.第5位:健康経営優良法人、認定のポイント・メリットに関する記事


第1位:「産業医」に関する総まとめ記事がトップに

新型コロナウイルスの流行によって大きな混乱が起こると同時に、企業では”適切な感染症対策”や”働き方の変革”に取り組むことが重要になりました。

職場における感染症対策を行うために、厚生労働省は産業医を活用し、連携していくことで対処することが推奨されるなど、改めて「産業医」に対する期待感が高まっていることを実感します。

また、リモートワークをはじめとした”働き方の変化”によって懸念される、生活習慣病やメンタルヘルス不調など、企業では積極的な産業保健活動が求められています。

職場の健康管理のプロである産業医との連携は、今後より一層重要なものになっていくと思われます。

【最も読まれた記事:第1位】

「【まとめ】産業医とは?仕事内容・なるための要件・臨床医とのちがいを解説」

内容:働き方改革関連法の施行により法律上の権限が強化され、近年特に注目を集めている「産業医」。

産業医とは、労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、専門的立場から指導・助言を行う役割の医師のことをいいます。

そして、企業は従業員の人数が50人以上の事業場ごとに、産業医を選任する義務があります。

通常の医師(臨床医)とは違い、産業医の役割は診断や処方をすることはありません。

では、産業医の仕事とは具体的には何でしょう?知っているようで知らない、産業医の仕事について解説します。

■記事はこちら■

  【まとめ】産業医とは?仕事内容・なるための要件・臨床医とのちがいを解説 2021年4月5日最終更新−近年、注目が高まる「産業医」の仕事とは具体的に何なのでしょうか?産業医になるための要件・臨床医とのちがい等についてまとめて解説します。 エムステージ 産業保健サポート



第2位:衛生委員会の「議事録」に関する記事

第2位にランクインしたのは、衛生委員会の「議事録」に関する記事でした。

衛生委員会は、定期的な開催と同時とに、審議した内容については議事録に残すことが義務となっています。

衛生委員会は職場の健康に関する方針をすり合わせる場でもありますので、コロナ禍では重要な活動のひとつ。

同記事では、衛生委員会の「議事録」に関する保存や取り扱いに関する情報をまとめ、実際に活用できる議事録のフォーマット(テンプレート)も紹介しています。

人事・総務・衛生担当の方はぜひチェックしておきましょう。


【最も読まれた記事:第2位】

「【フォーマット紹介】衛生委員会「議事録」のキホン。保管期限・周知を解説」

内容衛生委員会を開催する際、議事録を作成する必要があります。

また、作成した議事録は適切に周知・保管することも求められます。本記事では「適切な議事録の取り扱い方法」と作成者の負担を減らす「議事録フォーマット(テンプレート)の紹介」について解説します。

■記事はこちら■

  【フォーマット紹介】衛生委員会「議事録」のキホン。保管期限・周知を解説 衛生委員会を開催する際、議事録を作成する必要があります。また、作成した議事録は適切に周知・保管することも求められます。本記事では、作成者の負担を減らす議事録フォーマット(テンプレート)の紹介と、議事録の取り扱い方法について解説します。 エムステージ 産業保健サポート


第3位:産業医 大室正志先生に行ったインタビュー記事

「アフターコロナの職場で求められる健康管理・産業医とは?」

新型コロナウイルスの流行により、労働者の働き方は大きく変わりました。

―リモートワークなどで離れて働く従業員の健康管理はどのようにすべきか。

―変化し続ける「職場」において、今後どのような健康の課題が出てくるのか。

多数のメディアに出演する産業医 大室正志先生にインタビューした記事です。


【最も読まれた記事:第3位】

大室正志先生に聞いた「リアルな職場」なき今後、産業保健はどうあるべきか」


内容:リモートワークの普及をはじめ、2020年は働き方の大きな変革期になりました。

今後の「職場」はどう変化し、どのような産業保健活動が求められるのか。

産業医として数多くのメディアに登場し、最前線で活躍する大室正志先生にお話を伺いました。

■記事はこちら■

  大室正志先生に聞いた「リアルな職場」なき今後、産業保健はどうあるべきか 「文藝春秋」「NewsPicks」ラジオにテレビと、産業医として数多くのメディアに登場し、最前線で活躍する大室正志先生にお話を伺いました。今後の「職場」はどう変化し、どのような産業保健活動が求められるのか— エムステージ 産業保健サポート



第4位:「職場クラスター」について、弁護士 倉重公太朗先生へインタビューした記事

「クラスターの発生は安全配慮義務違反?」

職場で新型コロナウイルスの「クラスター」が発生したら、企業はどのような責任を問われるのでしょうか。

労働法に詳しいの弁護士の倉重公太朗先生へインタビューを行い、企業における適切な対応法、産業医との連携の重要性についてお話を伺いました。

安全配慮義務違反のリスクを低減させるポイントを知っておきましょう。

【最も読まれた記事:第4位】

【弁護士解説】「職場クラスター」の発生は安全配慮義務違反?企業が抱えるコロナ対応の法的リスク​​​​​​​

倉重先生

内容:「職場クラスター」が発生した場合、企業が法的責任を追及されることがあります。安全配慮義務を果たすために必要な感染症対策とはどのようなものでしょうか。労働法制に詳しい弁護士 倉重公太朗先生にお話を伺いました。

■記事はこちら■

  【解説:倉重弁護士】職場クラスターは安全配慮義務違反?適切なコロナ対応と法的リスクとは 「職場クラスター」が発生した場合、企業が法的責任を追及されることがあります。安全配慮義務を果たすために必要な対策について労働法制に詳しい弁護士倉重公太朗先生にお話を伺いました。 エムステージ 産業保健サポート


第5位:健康経営優良法人、認定のポイント・メリットに関する記事

年々、企業から注目度が高まる「健康経営優良法人(経済産業省)」への認定。

本記事では、健康経営優良法人の認定に関するポイントと、認定されることのメリットについて紹介しています。

また、記事の中では健康経営を推進する先進的な企業の事例もまとまっていますので、活動を行う上でヒントになるでしょう。

経営者、人事担当者の方はぜひチェックしてください。

【最も読まれた記事:第5位】

【まとめ】「健康経営優良法人2021」認定基準・メリット・申請法を解説​​​​​​​


内容:2017年度からスタートした、経済産業省の認定制度「健康経営優良法人」は、年々認定企業数が増えており「健康経営優良2021」には大規模法人部門1,801法人、中小規模法人部門7,934法人の認定発表がありました(2021年3月4日発表)。

健康経営®を推進し、健康経営優良法人に認定されることは「ホワイト企業のステータス」にもなるため、注目が高まっています。企業の担当者の方に向けて、認定基準やメリットなどよくある疑問をひとつずつ解説します。

■記事はこちら■

  【まとめ】「健康経営優良法人2021」認定基準・メリット・申請法を解説 2021年4月5日最終更新日:申請方法や申請期間、認定までのステップや認定のメリットなど、健康経営優良法人に関する最新情報をまとめました。 エムステージ 産業保健サポート

2020年度にもっとも読まれた記事、トップ5の紹介でした。

サンポナビでは、今後も企業や働く人にとって役立つ情報を発信していきますので、ぜひチェックしてみてください。

サンポナビ編集部

サンポナビ編集部

企業の産業保健を応援する『サンポナビ』編集部です。産業医サポートサービスを提供している株式会社エムステージが運営しています。 産業医をお探しの企業様、ストレスチェック後の高ストレス者面接でお困りの企業様は、ぜひお問い合わせボタンからご相談ください。

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


2019年度・人事担当に最も読まれた記事TOP5~産業保健と新型コロナウイルス

2020年4月15日最終更新:サンポナビの記事の中から2019年4月から2020年3月末までに最も読まれた記事のトップ5を紹介します。企業の人事担当者、衛生担当者、そして産業保健スタッフの方は必見の内容になっています。

社員の生産性をどう向上させる?ワークエンゲージメントの活用方法

従業員の「ワークエンゲージメント」を向上させることは、生産性の向上だけでなくメンタルヘルス不調や病気の予防にもなることをご存知でしょうか?企業から注目されている「ワークエンゲージメント」の解説と健康経営について解説します。

【まとめ】「健康経営優良法人2022」認定基準・メリット・申請法を解説

2021年9月6日最終更新日:申請方法や申請期間、認定までのステップや認定のメリットなど、健康経営優良法人に関する最新情報をまとめました。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)