【2021年版】ストレスチェック後の「高ストレス」面接指導・面談の流れは?

(最終更新日:2021年7月12日)

従業員50人以上の事業場ではストレスチェックを実施することが義務付けられています。

検査の結果、「高ストレス者」と選定された労働者から申し出があった場合は、産業医などの医師による面接指導を実施することも事業者の義務です。

ストレスチェックから、高ストレス者の面接指導を実施するまでの流れを確認してみましょう。

目次[非表示]

  1. 1.ストレスチェックの実施は「面接指導」の体制を整えてから行う
    1. 1.1.ストレスチェックの結果に対する企業の準備は
    2. 1.2.ストレスチェック後に「高ストレス判定」が出た場合の対応
  2. 2.面接指導は、医師が面接してメンタルヘルス不調のリスクを評価すること
    1. 2.1.産業医による「面接指導」とは何か
    2. 2.2.ストレスチェック後の面接指導は速やかに実施すること
  3. 3.事業者への医師からの意見提出は、労働者本人の意向に十分な配慮が必要
  4. 4.「高ストレス者」を放置するとどうなるか~企業のリスクと回避方
    1. 4.1.高ストレス者の放置は「民事訴訟」に発展するリスクがある


ストレスチェックの実施は「面接指導」の体制を整えてから行う

ストレスチェックの結果に対する企業の準備は

労働者のストレスの程度を定期的に把握するストレスチェック制度。

従業員50人以上の事業場では、ストレスチェックを年に1回実施することが労働安全衛生法により事業者に義務付けられています。


労働者は「職場のストレス要因」「心身のストレス反応」「周囲のサポート」の3つの領域の質問について回答し、検査結果は検査を実施する医師、保健師などの「実施者」から直接本人に通知されます。

また、検査結果について、実施者が本人の同意なく事業者に提供することは禁止されています。


事業者がストレスチェックを実施する際は「面接指導」への対応についても準備しておく必要があります。


ストレスチェック後に「高ストレス判定」が出た場合の対応

検査の結果「高ストレス者」と判定された労働者から申し出があった場合、産業医などの医師による面談(面接指導)を実施することは、事業者の義務です。

また、面接指導の結果に基づき、医師の意見を聞き、必要に応じ就業上の措置を講じることも義務となります。


ストレスの高い労働者を早期に発見し、医師による面接指導につなげることで、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止することが目的です。

\年間70万人以上の利用実績!/《企業向け》ストレスチェックの導入


■よく読まれている関連記事■

  打たれ弱過ぎる若者をなんとかしたい!さとり世代のメンタル不調への対処法 さとり世代のメンタリティは上の世代とどう違うのか。彼らのメンタル不調にはどのような対応が有効なのか。産業医の立場から、職場環境を改善するアプローチ行っている筑波大学の松崎一葉先生にうかがった。 エムステージ 産業保健サポート



面接指導は、医師が面接してメンタルヘルス不調のリスクを評価すること

産業医による「面接指導」とは何か

それでは、面接指導とは何でしょうか。

産業医などの医師が労働者と面接をして、心身や勤務の状況などを確認することで、その労働者のメンタルヘルス不調のリスクを評価し、本人に指導を行うことです。


ストレスチェック実施後の面接指導までの流れを説明します。

産業医などのストレスチェック実施者は、労働者から回収したストレスチェックの結果をもとに、ストレスの程度を評価し、高ストレス者で医師の面接指導が必要な者を選びます。

高ストレス者とは、ストレスの自覚症状が高い人や、自覚症状が一定程度あり、ストレスの原因や周囲のサポートの状況が著しく悪い人です。

出典:厚生労働省「ストレスチェック制度 簡単!導入マニュアル」


ストレスチェック後の面接指導は速やかに実施すること

実施者は、ストレスの程度の評価結果や、高ストレスかどうかの判定、医師の面接指導の必要性について、労働者に通知します。

実施者が面接指導の必要があると判断し、本人が面接指導を希望した場合は、事業者は面接指導を実施しなければなりません。


面接指導を受ける必要があると認められた労働者は、できるだけ申し出をして、医師による面接指導を受けることが望ましいとされています。

出典:厚生労働省「厚生労働省ストレスチェック指針


事業者への医師からの意見提出は、労働者本人の意向に十分な配慮が必要

​​​​​​​

医師は面接指導で聴取した内容のうち、労働者の安全や健康確保のために事業者に伝える必要がある情報について、事業者に提供します。

これは、事業者が適切な措置を講じることができるようにするためです。

ただし、事業者への意見提出の際は、労働者本人の意向への十分な配慮が必要です。


事業者は、医師から面接指導結果の報告を受け、必要に応じて就業上の措置を講じます。具体的には以下のような事項などが挙げられます。



面接指導を踏まえた就業上の措置に関する医師の意見は、必要な情報に限定すれば本人の同意がなくても事業者に伝えることができます。

しかし、厚生労働省は、「円滑に行うためには、面接指導の際に事前に本人にその旨を説明して、了解を得ておくことが望ましい」としています。


事前に本人からの了解が得られない場合に取れる対応としては、どのようなものがあるでしょうか。

まず、法に基づく面接指導は事業者に結果が伝わる仕組みである旨を説明します。

そして、本人の了解を得た上で、法に基づく面接指導ではなく、事業者に伝えないことを前提とした通常の産業保健活動での相談対応として実施するなどがいいでしょう。

出典:厚生労働省「ストレスチェック制度関係Q&A


また、面接指導の実施後に、事業者はストレスチェックと面接指導を受けた人数を労働基準監督署に報告する必要があります。

\年間70万人以上の利用実績!/《企業向け》ストレスチェックの導入


「高ストレス者」を放置するとどうなるか~企業のリスクと回避方

高ストレス者の放置は「民事訴訟」に発展するリスクがある

高ストレス者を放置することは企業にとって重大なリスクがあります

具体的には、従業員からの民事訴訟や労働紛争といったものが挙げられ、問題化した際に企業が受けるダメージは計り知れません。

編集部では、労働問題に詳しい弁護士の倉重公太朗先生にインタビューし「どのようにして従業員からの民事訴訟リスクを回避するか」というポイントをお聞きしました。

弁護士に聞いた「高ストレス者放置」の危険性
以下のリンクからご覧になれます。


  【倉重公太朗氏】「高ストレス社員」を放置する訴訟リスクと企業の対策とは ある日突然、メンタルヘルス不調の従業員から会社が訴えられてしまったら?休みがちな従業員や、ストレスチェックで高ストレス判定が出た従業員を放置することのリスクとその対策について、労働法の専門弁護士・倉重公太朗氏に話を聞きました。 エムステージ 産業保健サポート


ストレスチェック実施後の面接指導の流れについて確認できましたか?

ストレスチェックを適切に運用するためには「頼れる産業医」が欠かせません。


「産業医が全然協力的じゃない」

「産業医から『精神科は専門外だからストレスチェックは対応できない』と言われてしまった」

そのような場合では、安全配慮義務を果たすことが出来ない恐れがありますので、産業医の交代も検討が必要です。

​​​​​​​

メンタルヘルスの不調を未然に防げるよう、ストレスチェックを実施するときは、面接指導を含めた体制までしっかり整えてから臨みましょう。​​​​​​​


■よく読まれている関連記事■

  ストレスチェック後の面接指導について、よくある10の疑問 ストレスチェック後、いざ面接指導の対象者が発生したときに慌てないように、よくある10の疑問にお答えします! エムステージ 産業保健サポート
  〈産業医に聞いてみた〉高ストレス・長時間面談ってどんな話をしているの? 産業医との面談って、どんなことを話し合うのでしょうか?そして、どのようなことを相談できるのでしょうか?産業医の目から見たリアルな事例をお伝えします! エムステージ 産業保健サポート
  社労士解説:見逃していませんか?部下のメンタル不調のサイン。正しい対応は? 2021年3月5日最終更新:部下のメンタル不調のサイン、上司はどのようにして気づく?そして、どのような対応をするべきか。社労士、カウンセラーとして多くの企業の現場で活躍されている舘野聡子先生が解説します。 エムステージ 産業保健サポート

​​​​​​​

​​​​​​​



サンポナビ編集部

サンポナビ編集部

企業の産業保健を応援する『サンポナビ』編集部です。産業医サポートサービスを提供している株式会社エムステージが運営しています。 産業医をお探しの企業様、ストレスチェック後の高ストレス者面接でお困りの企業様は、ぜひお問い合わせボタンからご相談ください。

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


【超まとめ】「1からわかるストレスチェック」制度・運用法5つのポイント

2021年8月6日最終更新-〈企業・人事担当者は必読〉毎年行うストレスチェック。その全体像を把握し、正しく運用するために、押さえておきたい5つのポイントでまとめて解説します。

ストレスチェック後の面接指導について、よくある10の疑問

ストレスチェック後、いざ面接指導の対象者が発生したときに慌てないように、よくある10の疑問にお答えします!

【4選】ストレスチェック集団分析の結果を活用するために知っておきたいこと

2021年3月9日最終更新-ストレスチェックの集団分析結果を活用することが、職場の環境改善に役立ちます。活用に関する4つのポイントを紹介します。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



産業医のオススメ記事

業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



業保健のオススメ資料


新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)<企業向け>
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


生委員会のオススメ記事


令対応のサービスを提供


部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


ンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)