ストレスチェックを実施しない場合の罰則はあるの?


2015年12月からスタートしたストレスチェック制度。しかし、一部の企業ではストレスチェックを実施していない事実が判明しました。実施義務があるにも関わらず、未実施だった場合、罰則はあるのでしょうか?

今回は、ストレスチェック未実施の場合の罰則と、関連する安全配慮義務違反について解説します。





<目次>

1.ストレスチェックの実施義務

2.まだまだ多い、ストレスチェックの未実施率

3.ストレスチェック未実施の罰則金は最大50万円

4.罰金だけじゃない!安全配慮義務違反にあたることも 

5.ストレスチェック結果の報告書を忘れずに


ストレスチェックの実施義務

2015年12月1日から義務化がスタートした、ストレスチェック制度。常時使用する労働者が50人以上の事業場では、ストレスチェックの実施が義務づけられています。(労働安全衛生法66条の10)。

事業場」とは、工場、事務所、店舗など、同じ場所で相関連する組織的な作業をできる場所の単位のことす。同じ会社であっても、支店、支社、店舗ごとに1事業場となります。

常時使用する労働者」とは、その雇用形態にかかわらず、契約社員、パート、アルバイト等を含めて、常態として使用する労働者の数を指します。詳しくは、「2つの規定がある!?ストレスチェックの対象となる「労働者」」で解説しているので、そちらもご覧ください。


まだまだ多い、ストレスチェックの未実施率      

2017年7月、厚生労働省は施行後初めて「ストレスチェックの実施状況」の調査をまとめて公表しました。調査によると、「ストレスチェックの実施報告書の提出があった事業場の割合」は合計で82.9%という結果が出ています。

一見、数値は高いように見えますが、残りの17.1%の事業場は義務化されているにも関わらず、ストレスチェックを実施していない可能性があります。また、事業規模別に割合を見ると、50~99 人の事業場では78.9%、 100~299 人86.0%、 300~999 人が93.0%、1000 人以上が99.5% と報告されており、事業場の規模が小さくなるほどストレスチェックの実施報告書の未提出率が高くなっています。


未実施の事業場には、何か罰則が課されるのでしょうか?

実はストレスチェックは、実施しないことによる直接の罰則はありませんが、労基署へ報告を怠ると罰則が課せられることになります


ストレスチェック未実施の罰則金は最大50万円

ストレスチェックを実施したものの、報告を行っていない事業場は労働安全衛生法により、下記の罰則が定められています。

次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金に処する。

五  第百条第一項又は第三項の規定による報告をせず、若しくは虚偽の報告をし、又は出頭しなかつた者

引用元:労働安全衛生法 第120条

50人以上の事業場において、ストレスチェック実施後の報告を行わなかった場合は最大で50万円の罰則金の支払い義務が課せられます。

ストレスチェックを実施した後は、速やかに労働基準監督署まで報告書を提出してください。


なお、平成29年(2017年)の改正により、「50人未満の事業場にもストレスチェック実施の努力義務がある」と発表されましたが、現時点では報告の義務はありません。

しかし、近年のメンタルヘルスの現状を鑑みると、50人未満の事業場にも報告の義務が課せられるのは時間の問題と考えられます。そのため、報告義務はなくても、現時点からストレスチェックの実施から集団分析、高ストレス者面接指導、労基署への報告までを義務化されるまでにノウハウを把握しておくとよいでしょう。

ちなみに、50人未満の事業場に対してはストレスチェックの助成金制度があります。ストレスチェック助成金に関する記事を参考にしてみてください。


罰金だけじゃない!安全配慮義務違反にあたることも      

ストレスチェックを実施しない事による罰則は、罰金だけではありません。そもそも事業場には、従業員が安全で健康に働けるよう配慮する「安全配慮義務」があります。

平成20年(2008年)に施行された労働契約法第5条では、「安全配慮義務」を下記のように明記しています。

使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。

引用元:労働契約法

つまり、企業は労働者に対して安全配慮義務を負っており、ストレスチェックの実施は、安全配慮義務義務の履行の一環であるという側面があると考えられます。

そのため、ストレスチェックの実施義務がある企業がストレスチェックを実施しない場合には、労働安全衛生法違反での罰則にあたるだけでなく、労働契約法も違反にもなり得ることに留意しましょう。


ストレスチェック結果の報告書を忘れずに

では、ストレスチェック結果の報告書はいつまでに提出すればよいのでしょうか?実は、報告書の提出期限は、明文化されていません。

労働安全衛生法に基づく ストレスチェック制度 実施マニュアル」には、報告書の提出時期は、各事業場における事業年度の終了後など、事業場ごとに設定して差し支えない、と書かれています。ストレスチェック自体は1年に1回の実施が義務付けられていますので、それ以後に忘れずに提出しましょう。


ストレスチェック結果の報告書は、厚生労働省のWebサイトからダウンロードできます。
>> 心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書

報告書の書き方で迷う方が多いのが、産業医の署名捺印欄です。ここに署名捺印するのは、会社の産業医になります。ストレスチェックの実施者や、面接指導医として外部委託した産業医は、この欄に署名捺印することはできませんのでご注意ください。



▼関連記事▼

  【2020年】ストレスチェック助成金の準備と申請の方法を解説! 従業員50人未満の事業場が受けとる事が出来るストレスチェックの助成金について、申請方法と準備など2020年時点の最新情報を解説します。 エムステージ 産業保健サポート

​​​​​​​ストレスチェック後の面接指導について、よくある10の疑問​​​​​​​

【図解で早わかり】ストレスチェックの仕組みと目的

ストレスチェックを外部委託するなら、産業医を共同実施者に!

ストレスチェック義務化、職場できちんと対応できてますか?




\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


【4選】ストレスチェック集団分析の結果を活用するために知っておきたいこと

2021年3月9日最終更新-ストレスチェックの集団分析結果を活用することが、職場の環境改善に役立ちます。活用に関する4つのポイントを紹介します。

【2021年度】ストレスチェック助成金とは?申請方法を解説!

2021年6月7日最終更新―従業員50人未満の事業場が受けとる事が出来るストレスチェックの助成金について、申請・準備方法、期限など2021年時点の最新情報を解説します。

【超まとめ】「1からわかるストレスチェック」制度・運用法5つのポイント

2021年8月6日最終更新-〈企業・人事担当者は必読〉毎年行うストレスチェック。その全体像を把握し、正しく運用するために、押さえておきたい5つのポイントでまとめて解説します。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)