【図解で早わかり】ストレスチェックの仕組みと目的


50人以上の従業員がいる職場で、実施が義務づけられているストレスチェック。今年はじめて実施の対象となった企業では、「そもそもなぜやるの?」「どういう仕組みなの?」といろいろな疑問があるのではないでしょうか。

ストレスチェックの担当になることが多い人事労務の方や、ストレスチェックを受ける従業員の方に向けて、ストレスチェックの仕組みと目的をイラストで図解します。


ストレスチェックをやる前の課題


ストレスチェック制度の主な目的は

・ 従業員自身のストレスへの気づきをうながす
・ 職場改善につなげ、働きやすい職場づくりを進める
・ 労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止する

ことです。単にストレスが高い人がどれくらいいるかをチェックするのではなく自分自身の気づきと、結果にともなう職場改善につなげるために実施するものです


働く人たちがどれくらいストレスを抱えているのか?については「会社はストレスだらけ?数字で見る「メンタル不調」」の記事でも紹介しています。


ストレスチェックの流れ


ストレスチェックを受験すると、その結果を「実施者」または「実施事務従事者」という立場の人が回収します。本人の同意なく、結果が会社側に提供されることはありません

ストレスチェックの結果、その人が高ストレス状態かどうかを判定するのが「実施者」になります。実施者、実施事務従事者については「ストレスチェックの実施者と実施事務従事者は何をするの?」の記事でその役割について詳しく解説しています。


高ストレスと判定された人は、希望すれば、医師との高ストレス者面接指導を受けることができます。判定結果が本人に通知されることで本人は自分のストレス状態に気づくことができ次のアクションへとつなげることができるのです

面接指導については「ストレスチェック後の面接指導について、よくある10の疑問」で詳しく解説しています。


ストレスチェック集団分析の目的


ストレスチェック制度では、ストレスチェックの結果に基づいて「集団分析」を行う事が努力規定として定められています。個人ごとの結果を特定せずに、ひとつの集団として分析するものです。

グループごとに結果を分析することでどの集団がどういったストレスの状況なのかを明らかにし職場環境の改善へつなげていきます


以上、3枚のイラストでストレスチェックの目的と仕組みを解説しました。

結果を正しく活用するためにも、ストレスチェックに正直に答えてもらうことが重要ですね。


▼さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事がオススメです。
ストレスチェック義務化、職場できちんと対応できてますか?


▼ 医師による面接指導の手配をサポートいたします

▼ 産業医のご紹介から、選任後の実働支援までをワンストップで提供いたします


 産業医についてお悩みなら

産業医を選任したい、産業医を見直したい、企業の産業保健活動に悩みがある…。産業保健のお困りごとは、エムステージの「産業医サポートサービス」が解決します。

関連記事


【簡単!】5つのステップで理解するストレスチェックの制度と運用方法

2020年10月15日最終更新-「労働安全衛生法」により、50人以上の労働者がいる事業場で毎年1回の実施が義務付けられているストレスチェック制度。その全体像を把握し、正しく運用するために、押さえておきたいポイントを5ステップでまとめました。

【2020年版】ストレスチェック後の「高ストレス」面談の流れは?

(2020年9月25日最終更新)ストレスチェックの結果、「高ストレス者」と選定された労働者から申し出があった場合は、産業医などの医師による面接指導を実施することも事業者の義務です。ストレスチェックから、高ストレス者の面接指導を実施するまでの流れを確認してみましょう。

【2020年版】ストレスチェックの実施者と実施事務従事者は何をするの?

ストレスチェック初心者・人事必見。「実施者」と「実施事務従事者」について、役割や仕事内容をわかりやすく解説します。