会社はストレスだらけ?数字で見る「メンタル不調」


「最近、仕事量が多くてストレス増えてるなぁ。」

「上司からのプレッシャーがすごくて、気が滅入る…」

そんなふうに、職場でストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか。


メンタルヘルス不調が悪化すると、休職、退職にもつながりかねません。「自分は大丈夫」と思っていても、実はそんなに珍しいケースではないのです。

今回は、働く人たちの「メンタル不調」について数字で見ていきましょう。


6割の人が、強いストレスを感じながら働いている


職場でストレスを感じている人は少なくありません。

厚労省の平成28年の調査によると「現在の仕事や職業生活に関することで強いストレスとなっていると感じる事柄がある労働者の割合は 59.5%」。

500人の社員がいる会社で考えてみるとじつに297人もの人が強いストレスを感じているということになります。イラストの、青いトリたちの部分がそれにあたります。


ちなみに、強いストレスの内容は

1 仕事の質・量
2 仕事の失敗、責任の発生等
3 対人関係(セクハラ・パワハラを含む)  

となっています。


この段階で何か改善につながるアクションができればよいのですが、悪化すると、休職になるケースもあります。

それはどれくらいの割合だと思いますか?

500人いたら2人は休職している


同調査によると「過去1年間(平成27年11月1日~平成28年10月31日)にメンタルヘルス不調で連続1か月以上休業した労働者の割合は0.4%

500人の社員がいる会社で考えてみると2人が休職していることになります

休職者が出ることは、ある程度の規模の会社になれば、決して珍しいことではないのです。


500人に1人は、メンタル不調で退職


そして、「メンタルヘルス不調により退職した労働者の割合は 0.2%」。

500人の社員がいる会社で考えてみると1が退職していることになります

産業別にみると、退職した労働者は「医療,福祉」が 0.4%と最も高くなっています。


メンタルヘルス不調による休職・退職はレアケースではなくあっておかしくないもの。どこの会社でも起こり得るものです。

「自分は大丈夫」と思って、心身の危険信号を無視してしまっていませんか?

まずは、自分のストレス状態に気づくことから、始めてみてください。


イラスト/とりのささみ。 (@torinosashimi)  ・ 文/サンポナビ編集部

参考)平成28年 労働安全衛生調査(実態調査)-厚生労働省



<つづけて読みたい>
日本人は休みベタ? 数字で見る「休み方」

​​​​​​​

あわせて読みたい
メンタルヘルス対策、職場で何から取り組めばいいの?

とりのささみ

とりのささみ

マンガ作者プロフィール:とりのささみ。 イラストレーター、デザイナー。YouTubeにて「テイコウペンギン」を連載中。地方から上京しブラック企業に入社、転職に失敗して仕方なくフリーランスをやっている内になんだか楽しくなり、今に至る。ブラックジョークをオブラートに包むイラストが得意。とりのささみ。 (@torinosashimi) | Twitter  

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


5分でわかる「ストレス」~健康経営マンガ「ねぎま産業(株)」のやさしい衛生講話 第1回

マンガ「ねぎま産業(株)」を通じて「ストレス」について知りましょう!〈ようやくまじめな産業医が選任され、期待が高まるトリたち…。産業医のハシビロ先生が講義をする「衛生講話」の第1回〉

東京オリンピックに間に合う?数字で見る「リモートワーク」

オリンピックのために政府がも準備を進めている「リモートワークの導入」。一見無関係に思えるオリンピックとリモートワーク、いったいどんな関係があるのでしょうか。今回は、「リモートワーク」について数字で見ていきましょう。

日本人は休みベタ? 数字で見る「休み方」

欧米諸国に比べて、低いと言われている日本の有給休暇消化率。一方で「休める日」そのものは少しずつ増えてきています。私たちの「休み方」について、数字で見ていきましょう。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



産業医のオススメ記事

業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



業保健のオススメ資料


新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)<企業向け>
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


生委員会のオススメ記事


令対応のサービスを提供


部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


ンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)