【クイズ】10問でチェック!風疹の理解度

※この記事は2019年8月に加筆しています。

2018年8月以降、関東を中心に全国で風疹の患者報告が急増しています。

風疹は、風疹ウイルスによって起こる感染症です。

国立感染症研究所は、2019年の風疹患者の累積報告数が2,000人を超えたと発表しました。

風疹患者の増加は、昨年の2,917人を上回るペースです。

風疹の感染が拡大すると、どのようなことが問題になるのでしょうか。また、どのように感染を防げばいいのでしょうか。

10問のクイズで理解度をチェックしましょう。


1. 風疹の潜伏期間は?

A. 1~2週間

B. 2~3週間

C. 3~4週間

正解はB.2~3週間


風疹ウイルスは主に飛沫(唾液のしぶき)で感染します。症状は発疹、発熱、リンパ節の腫れなど。発疹が出る1週間程度前から発疹が出た1週間程度後までの患者には感染力があると考えられています。一度かかると、大部分の人は免疫ができ、その後風疹にかかることはありません。


2.妊婦が風疹にかかることで起こる可能性がある先天性風疹症候群とは?

A. 妊婦に難聴や心疾患、白内障、精神や身体の症状が現れる可能性があり、これらの障害を指す。

B. 胎児に感染し、胎児が発熱することを指す

C. 胎児に感染し、難聴や心疾患、白内障、精神や身体の障害のある赤ちゃんが生まれる可能性があり、これらの障害を指す

正解はC. 胎児に感染し、難聴や心疾患、白内障、精神や身体の障害のある赤ちゃんが生まれる可能性があり、これらの障害を指す


特に妊娠初期の女性が風疹にかかると、胎児がウイルスに感染し、障害のある赤ちゃんが生まれる可能性があります。


3.先天性風疹症候群は、妊婦が妊娠中に予防接種を受けることで防ぐことができる?

A. 妊娠中に風疹の予防接種を受けて、先天性風疹症候群を防ぐことはできる

B. 妊娠中は、風疹の予防接種を受けられない

C. そもそも風疹や先天性風疹症候群は予防接種では防げない

正解はB. 妊娠中は、風疹の予防接種を受けられない


風疹は、予防接種で風疹ウイルスに対する免疫を得ることができ、予防が可能です。ただし、妊娠中は風疹の予防接種を受けることはできません。妊娠を希望する人で免疫がない人は、妊娠前に接種しましょう。

妊娠の予定がない人や男性も無関係ではありません。自分が風疹に感染していることに気づかないまま、妊婦に風疹を移してしまうことがあります。免疫がない場合は、自分や周囲の人、次の世代の子供たちを守るためにも予防接種を受けましょう。


4.子どもの場合、風疹の定期予防接種の時期は?

A. 1歳児と、小学校入学前1年間の幼児(計2回)

B. 1歳児と、3歳児(計2回)

C. 小学校入学前1年間の幼児(1回)

正解はA. 1歳児と、小学校入学前1年間の幼児(計2回)


2005年度までは、定期の予防接種として生後12カ月から90カ月未満に1回接種されていましたが、2006年度から麻疹(ましん)と共に2回接種制度が導入されました。接種されるのは、麻疹風疹混合(MR)ワクチンです。1歳と小学校入学前1年間は、公費負担で、通常は無料または若干の自己負担のみで接種できます。


5.近年、風疹の感染者で多い属性は?

A. 成人男性

B. 成人女性

C. 集団生活に入る1~4歳と小学校低学年

正解はA. 成人男性


2012~2013年の大規模な全国での流行の際は、2年間で1万6千人超の患者が発生し、そのうち約90%が成人でした。また、男性患者は女性患者の約3倍に上りました。2018年は、10月14日までの報告患者1289人のうち96%が成人。男性は1062人、女性は227人と、男性が女性の5倍となっています。


6.2019年の報告患者(6月5日現在)のうち、男性で最も多い年代は?

A. 20~30代

B. 30~40代

C. 40~50代

正解はB. 30~40代


2019年の報告患者のうち、男性で最も多い年代は30~40代で、男性全体の59%を占めます。女性の感染報告で最も多い年代は妊娠出産年齢である20~30代で、女性全体の64%です(6月5日現在)。

2016年度の感染症流行予測調査によると、30代後半から50代の男性の5人に一人、20代から30代前半の10人に一人は風疹の免疫を持っていませんでした。


7.風疹ワクチンは2回受けた方がいいとされています。風疹ワクチンの定期予防接種を一度も受けていない年齢の集団は?

A. 39歳6カ月以上の男性と56歳6カ月以上の女性

B. 54歳6カ月以上の男性と41歳6カ月以上の女性

C. 39歳6カ月以上の男女

正解はA. 39歳6カ月以上の男性と56歳6カ月以上の女性


39歳6カ月以上、56歳6カ月未満の女性は中学生の時に学校で風疹ワクチンの集団接種を1回していますが、男性には予防接種がされていない時代がありました。しかし、女性のみの予防接種では、世の中全体を風疹から十分に守ることができないことから、1995年から男女ともに接種が始まりました。

また、28歳6カ月以上、39歳6カ月未満の男女は幼児期や中学生の時に個別接種を1回していますが、28歳6カ月未満の世代は2回個別接種しています。(2018年10月1日現在)


8.過去の風疹感染や予防接種歴がわからず、免疫を持っているかわからない場合は、予防接種前の抗体検査は必須?

A. すでに免疫を持っている人が再度接種を受けると副反応が起きるため、抗体検査は必須

B. すでに免疫を持っている人が再度接種を受けても副反応などの問題はないため、時間のない場合などは必ずしも抗体検査は必要ない

正解はB. すでに免疫を持っている人が再度接種を受けても副反応などの問題はないため、時間のない場合などは必ずしも抗体検査は必要ない


抗体検査を受けて、十分高い抗体価があることが確認された場合は、予防接種を受ける必要はありません。抗体価は血液検査でわかります。しかし、すでに免疫を持っていた人が、再度予防接種を受けても特別な副反応はありません。もし予防接種を2回受けたことがない人は、麻疹予防の観点からも麻疹風疹混合ワクチンを接種することをお勧めします。


9.風疹の免疫の有無を確認する抗体検査は無料?(2019年8月現在)

A. 日本全国で無料で受けられる

B. 自治体によっては無料で受けられる

C. すべて有料

正解はB. 自治体によっては無料で受けられる


多くの自治体は、妊娠を希望する女性と妊婦の同居家族を対象に抗体検査を無料で受けることのできる事業を行っています。また厚生労働省が、2019年度、感染リスクの高い30~50代の男性を対象として抗体検査費用を補助する方針を固めたことが報じられました。


10.2019年の感染者の職業で最も多いのは?

A. 会社員

B. 医療関係者

C. 教育関係者

正解はA. 会社員


2019年1月から届け出表に職業記載欄が追加されました。会社員と記載されていた人が597人と最も多く、特に配慮が必要な職種として、医療関係者は22人、保育士は11人、消防士は7人が報告されました(6月5日現在)。


参考)

厚生労働省 風しんについて

国立感染症研究所 感染症疫学センター 風疹流行に関する緊急情報:2018年10月17日現在

国立感染症研究所 風疹Q&A(2018年1月30日改訂)



あわせて読みたい

衛生委員会のテーマはどう決める?規定って何?運営でよくある疑問を解説!

健康診断ってどんな種類があるの?費用は?実施前のよくある疑問を解説!


つづけて読みたい

▼クイズシリーズはこちら

産業医と健康経営

熱中症

​​​​​​​健康経営優良法人​​​​​​​

メタボリックシンドローム



\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


事例あり:従業員が新型コロナに感染したら、何日間で仕事に復帰できる?

2021年8月27日最終更新:ワクチンの接種が進んでいますが、感染者は増加傾向にあります。本記事では、感染判明した従業員が仕事に復帰するまでの日数や、企業における対応の流れ・フローについて、事例とともに紹介しています。

〈専門家に聞く〉新型コロナ「災害レベル」の現状~企業におけるBCPの重要性

2021年8月、新型コロナの感染拡大は「災害レベル」ともいわれています。社内からいつ感染者が出ても不思議ではない状況下、企業が取り組むべき準備、そしてBCPの重要性について、災害対策専門家の本田茂樹先生が解説します。

【2021年6月】職域接種で注目される「企業内診療所」設置・開設で知っておきたいこと

2021年6月18日最終更新:新型コロナワクチン職域接種に関するニュースとともに注目される「企業内診療所」。医療法の臨時措置により、設置・開設のルールが変更されています。本記事では、職場内診療所を設置・開設する際に知っておきたいことを紹介していますので、事前にチェックしておきましょう。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)