事例あり:従業員が新型コロナに感染したら、何日間で仕事に復帰できる?

最終更新日:2021年9月14日

ワクチンの接種が進んでいますが、感染者は増加傾向にあります。

本記事では、感染判明した従業員が仕事に復帰するまでに必要な休養日数や、企業における対応の流れ・フローについて、事例とともに紹介しています。

※記事の内容は作成時点のものでありますので、最新の情報につきましては、厚生労働省等のホームページを必ずご確認ください。



感染判明~仕事復帰に関する目安が厚労省より示されている

増加傾向にある新型コロナ感染者。職場での対応は?

2021年8月、新型コロナウイルスの感染者は全国的に増加傾向にあります。

また、デルタ株等といった感染力が高いと言われている変異株の流行もあり、社内で感染者が発生するケースも増えてきていると考えられます。

「新型コロナウイルスに感染してしまったら、いつ職場に戻れる?」「何日間、休む・休ませるべき」というのは、PCR検査により陽性反応が出てしまった方のみならず、人事を担当している方にとっても大きなテーマでしょう。


職場への復帰に関しては厚労省より基準・目安が示されている

厚生労働省からは「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における新型コロナウイルス感染症患者の退院及び就業制限の取扱いについて」という通知による基準・目安が公表されています。

ここには、感染判明から退院までの日数の目安や「発症日」「症状軽快」といった用語・基準も示されているためとても有用です。よって、企業の人事担当者・衛生担当者の方は目を通しておくことをおすすめします。

以下にて、厚生労働省の同通知(「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における新型コロナウイルス感染症患者の退院及び就業制限の取扱いについて」)をもとに、新型コロナウイルス感染と職場復帰についてやさしく解説し、まとめて紹介します。


「発症日」「症状軽快」等の基準を理解しておく

従業員の感染が判明した際、出社に関する判断について、まずは”退院の基準”をクリアする必要があります。

また、入院しなかった場合にも同様に(おそらく、現時点では無症状で入院するケースは少ないと考えられますが)退院の基準が職場復帰の目安として参考となるでしょう。

なお、目安を読み解くためには、その基準となる「発症日」「症状軽快」の基準を理解しておくことが重要ですので確認しておきます。

●発症日とは

発症日とは、患者が症状を呈し始めた日とされています。

無症状で病原体を保有している患者や、発症日が明らかではない場合では、陽性確定にかかる検体採取日が発症日になります。


●症状軽快とは

症状軽快とは、解熱剤を使用せずに体温が下がり、かつ呼吸器の症状が改善傾向にあることを指します。


出典:厚生労働省「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における新型コロナウイルス感染症患者の退院及び就業制限の取扱いについて(一部改正)


厚労省の通知による“退院の基準”が、仕事復帰までの目安に

“退院の基準”から読む、仕事に戻れるまでの期間

従業員の感染が判明した後「何日間の療養を経れば仕事に戻れるか」ということについては、先ほどの通知にて示されている“退院の基準”がひとつの目安となるでしょう。

その期間は人工呼吸器等による治療を行なわなかった場合で10日間以上とされていますが、ケースによって異なっていますので、目安についてチェックしておきます。


“退院の基準”は人工呼吸器等による治療の有無で変わる

退院の基準は、人工呼吸器等による治療を「行なわなかった場合」と「行った場合」によって異なります。

人工呼吸器による治療とは、人工呼吸管理またはECMO(体外式心肺補助)管理による治療のことです。

また、前述した厚労省の通知によれば「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」において「病原体を保有していないこと」が判断の基準になるとされています。

これについては核酸増幅法または抗原定量検査(PCR検査等)により陰性と判定されることが必要とされています。

同通知では退院までの日数に関する基準が示されていますので、仕事に復帰する際の目安となるでしょう。


●退院(仕事復帰)までの目安となる日数:人工呼吸器等による治療を行わなかった場合

① 発症日から10日間が経過していて、かつ症状軽快後 72 時間経過した場合

② 発症日から10日間経過以前に症状軽快した場合に、症状軽快後 24 時間経過し

た後にPCR検査(核酸増幅法または抗原定量検査等)を行い、陰性が確認され、その検査の検体を採取した 24 時間以後に再度検体採取を行い、陰性が確認された場合

出典:厚生労働省「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における新型コロナウイルス感染症患者の退院及び就業制限の取扱いについて(一部改正)


●退院(仕事復帰)までの目安となる日数:人工呼吸器等による治療を行なった場合

③ 発症日から15日間経過し、かつ、症状軽快後72 時間経過した場合

④ 発症日から20日間経過以前に症状軽快した場合に、症状軽快後24 時間経過した後にPCR検査(核酸増幅法または抗原定量検査等)を行い、陰性が確認され、その検査の検体を採取した24 時間以後に再度検体採取を行い、陰性が確認された場合

※ ただし、③の場合は、発症日から20 日間経過するまでは退院後も適切な感染予防策を講じるものとする。

また、新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者については、原則として次の⑤に該当する場合に、退院の基準を満たすものとする。ただし、次の⑥に該当する場合も退院の基準を満たすものとして差し支えないこととする。

⑤ 発症日から10日間経過した場合

⑥ 発症日から6日間経過した後に核酸増幅法等の検査を行い、陰性が確認され、その検査の検体を採取した24 時間以後に再度検体採取を行い、陰性が確認された場合

出典:厚生労働省「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における新型コロナウイルス感染症患者の退院及び就業制限の取扱いについて(一部改正)


■よく読まれている関連記事■

  会場準備・人員確保は?「職域接種」のポイントをやさしく解説 2021年6月10日最終更新:新型コロナウイルス感染症、職域接種に関して企業が準備しておくことをまとめています。 エムステージ 産業保健サポート



事例から見る:社内で新型コロナ感染者が出た際の対応ポイント

職場で感染者が出た際の対応フローを決めておく

連日、多数の感染者が出ていますので、企業としても感染者が出てしまった際の対応フローを決めておくことがとても重要になります。

具体的には、人事や衛生担当者等が従業員の体調や体温を把握しておくことをはじめ、従業員が発熱等によりPCR検査を受けた後の報告フロー等を定めておくこと、保健所や厚生労働省の公表している対応法を調べておくこと等が挙げられます。

その他にも、衛生委員会等を通じて、有事の際の対応に関する情報を社内で共有することも有用です。

また、これらのフローあるいは体制整備について、産業医から助言をもらうことも検討してください。


自己判断による職場復帰は避ける。主治医の意見と産業保健スタッフとの連携が重要

新型コロナウイルス感染後の回復や心身への負担には個人差があるため、仕事への復帰について、労働者の判断に委ねることは避けてください

新型コロナウイルス感染後の職場復帰については、厚生労働省の「新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)」に記載があり、以下のよう示されています。

Q:「新型コロナウイルス感染症に感染した労働者が職場復帰する際にどのような点に留意すればよいでしょうか。」

A:新型コロナウイルス感染症の回復経緯や心身の負担には個人差があることから、療養終了後に職場復帰する場合の対応に当たっては、業務によって症状を悪化させること等がないよう、主治医等の意見を踏まえた本人の申出に基づき、産業医や産業保健スタッフとも連携し、勤務時間の短縮やテレワークの活用など、労働者の負担軽減に配慮した無理のないものとすることが望ましいです。

出典:厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)」

人事担当者としては、産業医等の専門スタッフと連携し、働き方の調整も含めて対応してください。

また、感染が判明された方についても、会社と相談し、自己の判断のみで復帰せず、専門スタッフの意見などを参考にしましょう。


事例:感染判明から職場復帰までの流れ

エムステージの産業医サービスを利用している企業の事例では、前述した厚労省の通知を元に、各社の産業医が復帰や出社に関するアドバイスを行なうケースが多いそうです。

その他にも、従業員の快復後にPCR検査の結果の提出を求め、結果を元に産業医等が判断するケースもありました。

また、快復後に基準となる日数が経過した後であっても、一定期間はテレワークで働いてもったという事例もあるようです。


企業は安全配慮義務を果たし「職場クラスター」を発生させない努力を

企業には「安全配慮義務」という、従業員の安全と健康を守る義務が課されています。

新型コロナウイルスは世界的に流行しているため、従業員の感染については不可抗力であるともいえますが、企業としては「職場クラスター」を発生させない努力をしなければなりません。

企業が適切な感染防止策に取り組まず、結果として職場でクラスターが発生した場合には、その責任(安全配慮義務違反)を問われる可能性や、従業員からの訴訟リスクがあります。


また、企業が安全配慮義務を果たすためには、産業医等の専門家と連携し「ここまで対策した」という記録を残しつつ、実地的な感染症対策を行なうことが重要です。

この点については、数多くのメディアに登場する労働法制に強い弁護士、倉重公太朗先生へインタビューした記事がありますので、参考にしてください。


■職場クラスターに関する記事■

  【解説:倉重弁護士】職場クラスターは安全配慮義務違反?適切なコロナ対応と法的リスクとは 「職場クラスター」が発生した場合、企業が法的責任を追及されることがあります。安全配慮義務を果たすために必要な対策について労働法制に詳しい弁護士倉重公太朗先生にお話を伺いました。 エムステージ 産業保健サポート

ここまで紹介したように、厚生労働省の通知には退院までの基準が示されており、仕事に復帰するまでの目安になります。

しかし、患者により状態・症状は様々であることから、一律に「退院が可能である=仕事に戻れる」というわけではないと考えられます。

よって、職場の復帰に関する判断に不安がある場合には担当医や産業医等に意見や助言をもらうようにしてください。


頼れる産業医の探し方については、特集ページを開設していますのでぜひご覧ください↓


■よく読まれている関連記事■

  〈事例〉仕事が原因で新型コロナに感染…申請したら労災として認定される? 2021年8月16日最終更新:本記事では、新型コロナに感染した場合に「労災として申請できるか」「どんなケースが労災として認定されるのか」を、事例とともに紹介します。 エムステージ 産業保健サポート
  〈産業医コラム〉新型コロナウイルスワクチンに関する基本情報 新型コロナウイルスのワクチンに関する基本情報について、産業医の松本理先生が解説します。 エムステージ 産業保健サポート
  〈産業医コラム〉PCR検査のこと、きちんと分かっていますか? 新型コロナウィルス感染症対策として、議論が続いているのが『PCR検査』ですが、PCR検査のこと、どれくらいご存知でしょうか?産業医の平井 康仁先生が解説します。 エムステージ 産業保健サポート



サンポナビ編集部

サンポナビ編集部

企業の産業保健を応援する『サンポナビ』編集部です。産業医サポートサービスを提供している株式会社エムステージが運営しています。 産業医をお探しの企業様、ストレスチェック後の高ストレス者面接でお困りの企業様は、ぜひお問い合わせボタンからご相談ください。

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


【調査】約9割の産業医「企業の産業保健に関する意識の高まりを感じる」

2020年11月調査‐「働き方改革」のスタートや「新型コロナウイルス」の流行により大きな変化を迎えた労働の現場。企業の産業保健に対する意識にはどのような変化があったのでしょうか。産業医に対して行った、アンケート調査でわかったことを紹介します。

【弁護士解説】「職場クラスター」の発生は安全配慮義務違反?企業が抱えるコロナ対応の法的リスク

「職場クラスター」が発生した場合、企業が法的責任を追及されることがあります。安全配慮義務を果たすために必要な対策について労働法制に詳しい弁護士倉重公太朗先生にお話を伺いました。

小売業は「2度目の緊急事態宣言」に備えておく。特措法の解説と今後の企業対応

2021年1月4日最終更新‐2度目の「緊急事態宣言」が発令された場合、小売業として対策しておくべきことを専門家が解説した記事です。

◇メンタルヘルス対策の強化方法5選◇

強化①産業医の対応時間増加

メンタル不調者が増加した結果、産業保健業務が多すぎて産業医の対応時間が不足している状況ではありませんか?その場合、産業医の対応時間を増やすことで状況改善が可能です。2か月に1回なら毎月の対応に/60分の対応なら120分の対応に、月額費用を勘案して産業医の活動時間増加を検討してはいかがでしょうか?

▶産業医の対応時間増加を検討する

強化②産業保健師の選任

産業保健師が社内にいることで、幅広く産業保健活動を実施可能です。保健指導やメンタル予防の面談実施、健康診断に関する相談サポート/医療に関する気軽な相談窓口、社員の休職・復職対等です。産業医との同時活用で、充実の産業保健体制の構築が可能になります!

▶産業保健師の選任を検討する

強化③メンタルヘルス研修の実施

セルフケア研修の実施で、ストレスへの対処方法/怒りのコントロール方法/仕事へのモチベーションを高める方法等が学習できます。また、ラインケア研修で、ハラスメントの基礎知識や対応方法/アンガーマネジメント/職場環境の改善活動等を学べます。専門家による質の高い研修で、問題を予防しましょう!

▶メンタルヘルス研修の実施を検討する

強化④外部相談窓口の設置

外部に相談窓口を設置することで、心身の不調に関する悩みを社内の人に知られることなく専門家に相談する体制を構築できます。臨床心理士によるメンタルヘルスカウンセリングやハラスメント相談等の窓口設置で、メンタル不調の防止や突然の休職/離職に至る前にカバーすることが可能になります!

▶外部相談窓口の設置を検討する

強化⑤ストレスチェック結果活用

ストレスチェックは実施だけで終了していませんか?集団分析/コーピング/ストレスマネジメント可能なストレスチェックに変更することで、結果を活用してストレス反応を改善することが可能です。高品質なストレスチェックへの切り替えして、問題解決を図ってはいかがでしょうか?

▶結果活用できるストレスチェックを検討する
「メンタルヘルス対策のどれが自社に最適かわからない」「オススメの産業保健サービスを提案してほしい」「イチから産業保健体制を構築しなおしたい」等、メンタルヘルス対策の強化でお困りの際は、お気軽にエムステージにご相談ください!

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医オススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○衛生委員会オススメ記事


○法令対応サービスをご提供


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)