エムステージの産業保健サービスが日本の人事部「HRアワード2021」に入賞

日本最大のHRネットワーク「日本の人事部」。

日本の人事部では毎年、全国20万人の人事パーソンが選ぶ「HRアワード」を運営しています。

その「HRアワード2021(プロフェッショナル部門)」にて、エムステージの提供する『産業保健トータルサポート』が入賞しました。


●日本の人事部 「HRアワード」とは

公式サイト:https://hr-award.jp/
入賞一覧ページ:https://hr-award.jp/nominate.php
人・組織に関わる領域において、企業や個人の成長を促す取り組みに着目し、HRパーソンに広く伝えることで、HRを通じた全国の企業の発展を目指す表彰制度です。
最優秀賞・優秀賞は、全国のHRパーソンによる投票で決定します。厚生労働省が後援し、公正な運営方法と会員参加型の納得感ある選考過程から、透明性が高く、HR関連で最も権威ある賞として信頼されています。


HRアワード2021に『産業保健トータルサポート』が入賞

エムステージでは、産業医の紹介をはじめ、産業医選任後の業務サポートを行うことによって、企業の産業保健活動・健康経営を支援。

また、産業保健師サービス、ストレスチェック『Co-Labo』、EAP外部相談窓口、メンタルヘルス・ハラスメント研修等といったサービスも展開し、企業の産業保健活動を体系的にサポートしています。

企業の産業保健活動および健康経営を実現するこれらサービスの総称が『産業保健トータルサポート』であり、2021年4月現在では、大手銀行・大手保険会社・スーパーゼネコン・各種製造業等、合計で1,700件以上の事業場で利用されるサービスです。


\『産業保健トータルサポート』詳細はこちら/


産業保健活動を支援し、企業の健康課題を解決

産業医の役割に大きな注目が集まったきっかけのひとつに、2015年のストレスチェック義務化と、それに続くよう順次施行された働き方改革関連法案があるといえるでしょう。

同時に、企業では実働しない産業医、いわゆる「名義貸し産業医」の問題が浮き彫りになる現象が発生していました。

エムステージは2016年のサービス開始以降、産業医紹介サービス・産業保健支援サービスを通じ、これら企業の抱える課題を解決に向けて支援。

これらの活動等が認められる形で、今回の「HRアワード2021」へ入賞しました。


産業保健活動に関する、人事担当者の負担を低減

産業保健活動を充実化させることは、企業の担当者(例えば、人事・労務・総務等)の実務的な負担が増加することにもつながります。

しかし、国の推進する「働き方改革」では、こうした労働者の負担を軽減させることも求められており、企業においてジレンマが発生しやすい状況でした。

しかし、エムステージの展開する『産業保健トータルサポート』では、このような担当者の負担を軽減するシステムを構築。

それが、1社に1名の専任カスタマーサポート担当者が配置されることと、産業保健業務管理クラウドの『M Connect(エムコネクト)』の提供です。

エムステージのサービスでは、専任のカスタマーサポート体制や産業保健活動の業務管理クラウド『M Connect(エムコネクト)』を企業へ無償提供することによって、担当者の負担軽減を実現しつつ、健康経営を支援しています。


サービスを通じ、産業保健を”意義ある活動”へ

企業活動において、近年大きな注目を集めている「健康経営」というキーワード。

健康経営の推進には、社内の規則・体制整備はもちろん、産業医から助言を得ること、産業保健スタッフとの連携が欠かせないものになります。

特に、2020年以降では新型コロナウイルスの世界的な流行によって、企業における働き方は大きな変化が起こり、あらためて産業保健活動の重要性が注目されています。

エムステージの『産業保健トータルサポート』は、企業の健康経営をさまざまな形でサポートし、産業保健を”意義ある活動”に繋げます。


「HRアワード」では投票も受付中です(~2021年9月17日)

「HRアワード2021」では今後、投票により最優秀賞・優秀賞が決定されます。ぜひ皆様の投票をお願い致します。

「HRアワード2021」 投票受付フォームはこちら

※投票受付は、2021年8月30日(月)~9月17日(金)23時59分まで

参考:「エムステージの『産業保健トータルサポート』が、日本の人事部「HRアワード2021」プロフェッショナル部門に入賞」

エムステージでは、産業医の紹介をはじめ、ストレスチェックや研修の開催等、産業保健に関するお問い合わせを受け付けております。

ワンストップで対応させていただきますので、お気軽にお申し付けください。


サンポナビ編集部

サンポナビ編集部

企業の産業保健を応援する『サンポナビ』編集部です。産業医サポートサービスを提供している株式会社エムステージが運営しています。 産業医をお探しの企業様、ストレスチェック後の高ストレス者面接でお困りの企業様は、ぜひお問い合わせボタンからご相談ください。

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


【まとめ】「健康経営優良法人2022」認定基準・メリット・申請法を解説

2021年9月6日最終更新日:申請方法や申請期間、認定までのステップや認定のメリットなど、健康経営優良法人に関する最新情報をまとめました。

【TOP5】2020年度:人事・総務・衛生担当者に最も読まれた記事は?

産業保健ウェブメディア「サンポナビ」において、2020年度(2020年4月から2021年3月末)に最も読まれた記事の「トップ5」をご紹介します。

「健康投資管理会計ガイドライン」とは? 運用&会計開示のメリットを紹介

2020年6月に策定された「健康投資管理会計ガイドライン」。ガイドラインに関する企業での運用、会計を開示することのメリットについてまとめた記事です。

◇メンタルヘルス対策の強化方法5選◇

強化①産業医の対応時間増加

メンタル不調者が増加した結果、産業保健業務が多すぎて産業医の対応時間が不足している状況ではありませんか?その場合、産業医の対応時間を増やすことで状況改善が可能です。2か月に1回なら毎月の対応に/60分の対応なら120分の対応に、月額費用を勘案して産業医の活動時間増加を検討してはいかがでしょうか?

▶産業医の対応時間増加を検討する

強化②産業保健師の選任

産業保健師が社内にいることで、幅広く産業保健活動を実施可能です。保健指導やメンタル予防の面談実施、健康診断に関する相談サポート/医療に関する気軽な相談窓口、社員の休職・復職対等です。産業医との同時活用で、充実の産業保健体制の構築が可能になります!

▶産業保健師の選任を検討する

強化③メンタルヘルス研修の実施

セルフケア研修の実施で、ストレスへの対処方法/怒りのコントロール方法/仕事へのモチベーションを高める方法等が学習できます。また、ラインケア研修で、ハラスメントの基礎知識や対応方法/アンガーマネジメント/職場環境の改善活動等を学べます。専門家による質の高い研修で、問題を予防しましょう!

▶メンタルヘルス研修の実施を検討する

強化④外部相談窓口の設置

外部に相談窓口を設置することで、心身の不調に関する悩みを社内の人に知られることなく専門家に相談する体制を構築できます。臨床心理士によるメンタルヘルスカウンセリングやハラスメント相談等の窓口設置で、メンタル不調の防止や突然の休職/離職に至る前にカバーすることが可能になります!

▶外部相談窓口の設置を検討する

強化⑤ストレスチェック結果活用

ストレスチェックは実施だけで終了していませんか?集団分析/コーピング/ストレスマネジメント可能なストレスチェックに変更することで、結果を活用してストレス反応を改善することが可能です。高品質なストレスチェックへの切り替えして、問題解決を図ってはいかがでしょうか?

▶結果活用できるストレスチェックを検討する
「メンタルヘルス対策のどれが自社に最適かわからない」「オススメの産業保健サービスを提案してほしい」「イチから産業保健体制を構築しなおしたい」等、メンタルヘルス対策の強化でお困りの際は、お気軽にエムステージにご相談ください!

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医オススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○衛生委員会オススメ記事


○法令対応サービスをご提供


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)