ストレスチェック導入しました~実施事務従事者のホンネ≪準備編≫


50人以上の従業員がいる事業所では、労働安全衛生法により、ストレスチェックを実施することが義務化されています。サンポナビを運営する株式会社エムステージは全国11拠点のうち従業員50人以上の事業所はないものの、2018年に全社的にストレスチェックを初めて導入、実施しました。実施者は産業医、実施事務従事者は総務担当のSさんです。Sさんに実施事務従事者になった経緯や社員への周知方法、配慮した点など、 “実施事務従事者のホンネ”を聞きました。


>>≪実施編≫では、Sさんが実施事務従事者として感じた不安や課題、義務前にストレスチェックを導入する意義などを紹介します。


【ストレスチェック】

ストレスに関する質問票に労働者が記入し、それを集計・分析することで、自分のストレスがどのような状態にあるのかを調べる検査。労働安全衛生法の改正により、2015 年 12 月から労働者が 50 人以上いる事業所では、毎年1回実施することが義務付けられた。


【ストレスチェックの実施者】

医師、保健師などストレスチェックを企画し、結果の評価をする人。


【ストレスチェックの実施事務従事者】

実施者の指示により、ストレスチェックの実施の事務(個人の調査票のデータ入力、結果の出力又は記録の保存≪事業者に指名された場合に限る≫などを含む)に携わる人。


厚生労働省:労働安全衛生法に基づく ストレスチェック制度 実施マニュアル

▼ストレスチェックの実施者と実施事務従事者についてはこちらの記事もどうぞ

サンポナビ:ストレスチェックの実施者と実施事務従事者は何をするの?


健康経営推進のために義務前の導入を決定



―エムステージには本社・支社合わせて11の拠点がありますが、どの事業所も従業員50人未満で、ストレスチェックの実施は義務ではありません。今回、なぜ導入をすることが決まったのですか


導入の背景としては、会社として健康経営を推進していきたいという経営者の強い思いがあります。義務になる前に全社的にストレスチェックを実施することで、社員の心の健康の状態や課題が見えてくると考えました。


▼ 職場で起きがちなストレスの課題


―実施事務従事者はどのような経緯でSさんになったのですか


実施事務従事者の人数についての規定はなく、最初は総務の社員2人で実施事務をする予定でした。しかし、実施者である産業医の先生から「ストレスチェックの、特に高ストレスに関わる情報は複数人で共有しない方がいいのでは」という助言をいただき、私が1人で担当することになりました


―ストレスチェックの実施方法と期間を教えてください


外部のストレスチェックサービスを導入し、システム上で高ストレス者の管理や対象者への個別メールの送付、集団分析ができるようにしました。弊社は社員全員に個人用PCを貸与していますので、ウェブ実施を採用しました。所要時間5~10分程度。就業時間中も受検可能とし、期間は平日5日間としました。


クラウドサービスとメールで社員に周知


―従業員への周知はどのように行いましたか


社員は日ごろから業務用クラウドサービスで情報を共有していますので、全社員向けのストレスチェックの告知もこのサービスを利用しました。実施1カ月前、クラウドサービス上に「ストレスチェック」のスレッドをつくり、ストレスチェックを実施することとその目的、会社のストレスチェックに対する基本方針、実施計画などを掲載しました。また、個人宛てへの連絡は全社員がすでに登録しているプライベートのメールアドレスに送付することも伝えました


実施1週間前には、実施予告と合わせて、サンポナビの「【図解で早わかり】ストレスチェックの仕組みと目的」の記事を紹介。もし疑問があれば個別に質問してほしいことも伝えています。


▼ ストレスチェックの流れ


3日前には、スレッドに「プライベートメールアドレスの受信確認を兼ねて、ストレスチェックの実施予告のメールを送付しました」と掲載。メールが届かない社員がいたら、自分に連絡をしてほしいと案内しました。

また、ストレスチェックの想定Q&Aとして、目的や具体的な実施方法、所要時間などを掲載。実施の1週間前にすでに案内していたサンポナビ記事内にもありましたが、改めて「原則ストレスチェックの結果は上司には通知されない」「ただし、診断結果によっては医師との面談を案内する場合があり、面談を希望するとストレスチェックの結果が会社に通知される」ということも書きました。最後に「ぜひ、社員のみなさんに受検をしていただきたいので、よろしくお願いします」という言葉も添えました。


そして実施期間初日に「ただいまから2018年度のストレスチェックを開始いたします」と告知。具体的な実施方法を書き、ストレスチェックの目的と「個人の結果が上司や人事権がある者に漏れることはない」ということを再度伝えました。

実施期間を半分過ぎた時点で、まだ受検をしていない人や残り1日というタイミングで未受検の方には、クラウドサービス上で再度個別に案内を送りました。


受検は強制ではない。周知の文言に配慮



―周知の際に配慮した点はありますか


会社として初めてストレスチェックを導入したので、実施前に管理職に対してストレスチェックについての研修を開きました。全社員を対象に実施するので、まずは管理する立場の人にストレスチェックの意義をしっかり理解してもらいたいと思ったからです。


また、受検は強制ではないため、社員への周知の文言には気を遣いました。産業医と相談しながら、文章はできるだけ多くの社員に受けてほしいことを伝えつつも、受検を強制するものにならないようにしました。


―結果、受検率はどうでしたか


社員の協力のおかげで、98%が受検しました。でも担当者としては受検率100%実施を目指していましたので、もっとストレスチェックの意義をしっかり伝えていく必要があると感じました。



>>≪実施編≫では、Sさんが実施事務従事者として感じた不安や課題、義務前にストレスチェックを導入する意義などを紹介します。


文・編集/サンポナビ編集部


つづけて読みたい

ストレスチェック導入しました~実施事務従事者のホンネ≪実施編≫

▼関連記事▼

ストレスチェック実施前に定めるべき8つの事項

ストレスチェック義務化、職場できちんと対応できてますか?


\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


【4選】ストレスチェック集団分析の結果を活用するために知っておきたいこと

2021年3月9日最終更新-ストレスチェックの集団分析結果を活用することが、職場の環境改善に役立ちます。活用に関する4つのポイントを紹介します。

【まとめ】ストレスチェック義務化の内容&対応するために知っておくべきこと

2021年6月1日最終更新-ストレスチェックの実施義務に関するあれこれ(対象者・回数・実施者・罰則など)について、わかりやすくまとめています。特に人事の方、衛生担当の方は必見です。

ストレスチェックの「実施事務従事者」は何をする?

ストレスチェックで事業者は「実施者」として産業医などを選任しなければなりませんが、そのほか必要に応じて、実施者の指示でストレスチェックの実施の事務をする「実施事務従事者」を選任します。どんな人が選任され、どのような役割を担うのでしょうか。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)