健康経営優良法人…?健康経営マンガ:ねぎま産業(株)第18回


「働き方改革、健康経営…。いろんな取り組みをしてきたけれど、もっとステップアップしたい…!表彰とかされたい!!」ともくろみつつも、鳴かず飛ばずの会社があった。

――その会社の名は、ねぎま産業株式会社。

健康経営がんばるつもりはある、だけどちょっとずれている。そんな働くトリたちの奮闘記。

今回のテーマは「健康経営優良法人」。


第18回 健康経営優良法人…?



2018年の年の瀬。年末調整や働き方改革法施行に備えた準備で何かと忙しかったあの時期―。

「健康経営優良法人取ってよ、申請は12月中によろしく」と、ペンギン上司から急に書類を渡された。

ちょっとイラっとしながら、渡された用紙に記入して何とか郵送したんだけど…。


事務局の人から、うちは中小規模部門だから「申請には『健康宣言』事業への参加が必要」って言われちゃったよ。

っていうか、よく見たら締め切り11月って書いてあるし…!あの上司…!!!


誰か助けてくれぇぇ…!!

***

あらら、困難の連続でニワトリさんの心が折れてしまいそうですね…。

健康経営優良法人」はどんなものなのか?そして、突如現れた「健康宣言」とはいったい。

ねぎま産業が健康経営優良法人を取得するには、いったいどうすればいいのでしょうか!?

(―RPG風ナレーション―)


今日の人事労務キーワード:健康経営優良法人認定制度

健康経営優良法人認定制度とは?

健康経営優良法人認定制度は、優れた健康経営に取り組む法人を表彰する制度です。2017年2月に、初回の「健康経営優良法人2017」が認定されました。

認定は企業規模により、大規模法人部門(愛称:ホワイト500)と中小規模部門の2部門に分かれています。

健康経営優良法人2019では、大規模法人部門に821法人、中小規模法人部門に2503法人が認定されました。

▼「ホワイト500」の由来は?

【クイズ】何問わかる??健康経営優良法人

へぇ~!最近できた制度なんだね。

どうやったら取得できるの?認定までの流れ

では、実際に健康経営優良法人を取得するためにはどうすればいいのでしょうか。大規模法人、中小規模それぞれの部門について解説します。

大規模法人部門の場合は、まず経済産業省の「健康経営度調査」に回答します。

健康経営度が50%で、かつ認定基準を満たす場合、健康経営優良法人の申請資格を得ることができます。

中小規模部門は、まず、加入する保険者が実施する「健康宣言」事業に参加する必要があります。

この「健康宣言」事業ですが、保険者や地域によって、参加するだけでよい、参加だけでなく認定を受ける必要があるなど申請条件が異なります。 

そうだったのか。ニワトリには悪いことしたな…。

「健康宣言」事業の進め方~東京都「健康企業宣言」の場合~

中小企業部門で必須の「健康宣言」事業。いったいどのようなものなのでしょうか。


例えば、全国健康保険協会(協会けんぽ)東京支部の「健康企業宣言」の認定の流れはこのようになります。

① 「健康企業宣言チェックシート」で職場の課題を洗い出す

② 応募用紙に必要事項を記入し、FAXで提出

③ 送られてきた宣言の証を社内に掲示し、取り組みを開始

④ 6カ月以上取り組みを行う

⑤ 宣言の証の交付日から1年以内に「実施結果レポート」を提出

⑥ ⑤の合計点数が80点以上の場合、「健康優良企業 銀の認定証」が発行される

協会けんぽ東京支部の場合、この「銀の認定」を取得して初めて健康経営優良法人認定制度へ申請することができます。


健康経営優良法人の申請条件は保険者や地域で異なるため、事前に申請条件とスケジュールを確認しましょう。計画的に準備を進めないと締め切りに間に合わず、申請は1年後…ということにもなりかねません。

▼健康経営優良法人について、こちらの記事もあわせてチェック!

健康経営優良法人とは?取得するためのステップを解説 

次回の申請に向けて、まずは健康宣言をがんばるぞ!

(by サンポナビ編集部)

マンガ作者プロフィール:とりのささみ。

イラストレーター、デザイナー。

地方から上京しブラック企業に入社、転職に失敗して仕方なくフリーランスをやっている内になんだか楽しくなり、今に至る。ブラックジョークをオブラートに包むイラストが得意。

とりのささみ。 (@torinosashimi) | Twitter  


参考)

経済産業省「健康経営優良法人認定制度」

全国健康保険協会(協会けんぽ)東京支部「『健康企業宣言』募集中!」



つづけて読みたい

「働く」と「健康」がマンガでわかる!


▼この記事は「健康経営マンガ:ねぎま産業(株)」の第18回です。

第17回 治療と仕事の両立

▼これまでのシリーズはこちら

健康経営マンガ:ねぎま産業(株)

あわせて読みたい

1万社以上の中小企業が認定を目指す「健康経営優良法人」

とりのささみ

とりのささみ

マンガ作者プロフィール:とりのささみ。 イラストレーター、デザイナー。YouTubeにて「テイコウペンギン」を連載中。地方から上京しブラック企業に入社、転職に失敗して仕方なくフリーランスをやっている内になんだか楽しくなり、今に至る。ブラックジョークをオブラートに包むイラストが得意。とりのささみ。 (@torinosashimi) | Twitter  

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


イケてる福利厚生って? 健康経営マンガ:ねぎま産業(株)第6回

今回のテーマは「福利厚生」。健康経営がんばるつもりはある。だけどちょっとずれている。そんな働くトリたちの奮闘記マンガ。

〈企業事例:株式会社クレスコ様〉 ストレスチェック「Co-Labo」を活用し、きめ細かなメンタルヘルス不調対策を実施

AIやクラウドなどの先端技術を含むIT開発技術と、高品質なサービスを提供する株式会社クレスコ(社員1,300名)。メンタルヘルス対策を強化するためストレスチェックサービス「Co-Labo」を導入し、職場改善や健康経営につなげています。同社の産業保健活動についてインタビューしました。

社員の生産性をどう向上させる?ワークエンゲージメントの活用方法

従業員の「ワークエンゲージメント」を向上させることは、生産性の向上だけでなくメンタルヘルス不調や病気の予防にもなることをご存知でしょうか?企業から注目されている「ワークエンゲージメント」の解説と健康経営について解説します。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)