産業医の見つけ方 ~「紹介」「業務委託」「派遣」の違いとは?

従業員50人以上の事業場(本社、支社、営業所など)では、労働安全衛生法で産業医を選任することが義務付けられています。選任する産業医を探すためにインターネットで情報収集をすると、「紹介」「業務委託」「派遣」などさまざまな言葉が並んでいますが、これらのサービスにはどのような違いがあるのでしょうか。一般的なサービス例をみてみましょう。

産業医の選任、1000人未満は「嘱託」、1000人以上は「専属」​​​​​​​

産業医の探し方のイメージ写真

労働安全衛生法で、従業員50人以上の事業場では産業医を選任することが義務付けられています。産業医の選任形態には「嘱託」と「専属」があります。嘱託産業医は非常勤で、月1回程度事業場を訪問します。日本の多くの産業医の選任形態は嘱託です。一方、専属産業医は常勤で、多くの場合、週4日程度事業場に勤務します。

従業員50人~999人の事業場は、月1回程度訪問する嘱託産業医の選任で問題ありませんが、従業員が1000人以上であれば、専属産業医の選任が義務になります。

また、以下の有害業務の場合は、従業員500人以上から専属産業医の選任が必要です。

1. 多量の高熱物体を取扱う業務及び著しく暑熱な場所における業務

2. 多量の低温物体を取扱う業務及び著しく寒冷な場所における業務

3. ラジウム放射線、X線その他の有害放射線にさらされる業務

4. 土石、獣毛等の塵埃又は粉末を著しく飛散する場所における業務

5. 異常気圧下における業務

6. 削岩機、鋲打機等の使用によって、身体に著しい振動を与える業務

7. 重量物の取扱い等重激な業務

8. ボイラー製造等強烈な騒音を発する場所における業務

9. 坑内における業務

10. 深夜業を含む業務

11. 水銀、砒素、黄燐、弗化水素、塩素、塩酸、硝酸、硫酸、青酸、一酸化炭素、 二硫化窒素、亜硫酸、ベンゼン、アニリン、その他これらに準ずる有害物の ガス、蒸気、又は粉塵を発散する場所における業務

12. 病原体によって汚染のおそれが著しい業務

13. その他厚生労働大臣が定める業務

紹介会社を利用した産業医の選任が増えている

選任する産業医を探す方法はどうしたらいいのでしょうか。

一般的には、以下の方法が考えられます。

・医師紹介会社に産業医の紹介を依頼する

・地域の医師会に相談する
・近隣の病院や診療所など医療機関に相談する

・健康診断を実施している健診機関に紹介を依頼する

・社員の人脈で探す

以前は企業が地域の医師会、医療機関や健診機関に相談して産業医を探すことも多かったのですが、企業における産業医選任の全国的なニーズの高まりとともに、こうした公的機関経由での産業医確保が困難になり、近年では、人材紹介会社を活用するケースが増えてきています。

産業医の人材紹介会社の場合、登録している産業医の中から、その事業場の条件や希望に合った産業医をマッチングします。産業医の登録数が多く、企業側の条件や希望をしっかりヒアリングしてくれる紹介会社を選びましょう。

特に、産業医を初めて選任するという企業の担当者は、まずは紹介会社に相談してみることをお勧めします。紹介会社の担当者は多くの企業の産業医選任事例を見ていますので、職場の状況を伝えて、どのような産業医が合うのか相談するといいでしょう。

嘱託の場合は、産業医業務や産業保健活動をサポートする「業務委託」もある

産業医を探していると、「紹介」「業務委託」「派遣」などさまざまな言葉が目に留まります。どのような違いがあるのでしょうか。

まず、「紹介」は、特に民間の産業医紹介会社のサービスとしてよく見る言葉です。

一般的には、まず企業は紹介会社に産業医の紹介を依頼します。選任が決まった場合、企業がその産業医に支払う年俸の一定割合の金額を、紹介会社に別途紹介料として支払います。特に常勤である「専属産業医」を選任する際に利用することが多いサービスです。

専属産業医の年俸は、1000万~1500万円が相場です。例えば紹介料が年俸の30%の契約で、産業医の年俸が1000万円の場合は、300万円を紹介会社に支払うことになります。

次に「業務委託」は、産業医の選任だけでなく、選任後も産業医の業務や企業の産業保健活動をサポートするサービスで使われることが多いです。

職場に保健師がいるなど、すでに産業保健体制がしっかり整っているという事業所よりも、これから嘱託産業医を選任して、職場の産業保健体制を整えていく、または充実させていくという事業場にお薦めです。

サポート内容はさまざまですが、例えば、産業保健の年間計画作成や、衛生委員会で取り扱うテーマの情報提供、産業医と企業の間で訪問日程や依頼事項などの調整が挙げられます。料金は、嘱託産業医選任時にかかる選任料と、月々のサポート料を支払うケースが多いです。

最後に「派遣」は、医療機関に所属する産業医が企業に訪問する場合によく使われる言葉です。事業場がその医療機関と直接契約し、産業医を職場に派遣してもらう形式が一般的です。

産業医の選任の際に、よく使われる言葉の違いがわかりましたか?それぞれの特徴を踏まえて、どのような形式で産業医を選任した方がいいか、しっかり検討しましょう。


産業医を選任する前の基礎知識を1つの資料にまとめました

▶「産業医選任ガイドブック」のダウンロードはこちらから

▶「無料】産業医の選任にかかる費用のお見積り、体制構築の相談なども承っております

産業医に関するお悩みは ありませんか?

産業医を選任したい、見直したい、企業の産業保健活動に悩みがある……。産業保健のお困りごとは、株式会社エムステージの産業医サポートサービスが解決します。

関連記事


産業医選任に必要な書類と届出は?

産業医を新たに選任したり、交代したりする場合は、「産業医選任報告」を労働基準監督署に提出する必要があります。手続きの対象となるのは、常時50人以上の労働者を使用する事業者です。届け出にはどのような情報や書類が必要なのでしょうか?確認してみましょう。

産業医の選任が義務になるのは、どのタイミングから?

会社は、その規模に応じて産業医を選任する義務が発生します。では、どのタイミングで義務となるのか?解説します。

産業医に何を依頼する?契約更新は必要?産業医選任後のよくある疑問を解説

産業医には何を頼める?契約後の更新は必要?万が一、産業医を変更したい場合はどうするの?など、産業医の選任後によくある疑問について解説します!


開催予定のセミナー

人気記事ランキング


ダウンロードランキング