産業医の職場巡視は2か月に1回でもOK?頻度と条件について解説

2019-08-23更新: 2020-04-15

2017年の労働安全衛生規則改正により、所定の条件を満たすことで、産業医の職場巡視の頻度を「2か月に1回」にすることが可能になりました。衛生管理者の義務や安全衛生委員会での決定事項、「事業者の同意」「所定の情報の提出」といったクリアすべき一定の要件と解決策について詳しく解説します。

【2020年】50人未満で申請可能!「小規模事業場産業医活動助成金」を解説

2019-08-20更新: 2020-06-16

産業医関連の助成金についてやさしく解説します。従業員50人未満の事業場が産業医・産業保健師を選任した時や、健康相談できる環境を整備した際にかかった費用などを申請することで「小規模事業場産業医活動助成金」を受け取ることが可能に。手続方法などを解説します。

【5つのポイント】産業医の紹介会社を比較する・選ぶ前に知っておきたいこと

2019-06-17更新: 2020-07-02

2020年7月2日更新-産業医を探す方法として近年増えているのが、産業医紹介会社を利用した選任です。紹介会社は多いので迷ってしまうこともしばしば。自社のニーズに合う産業医を効率よく見つけるための「紹介会社選び」のポイントを紹介します。

【2020年】産業医の紹介はどこに相談すればいい?4つの方法とメリット

2019-06-14更新: 2020-06-04

2020年6月4日最終更新―「産業医を探しているけれど、どこで紹介してもらえるの?」というテーマについて、代表的な4つの方法を〈メリット・デメリット〉とともに紹介した記事です。 労働安全衛生法により、従業員50人以上の事業場では産業医を選任することが義務付けられていますが、せっかく選任するのであれば自社に合った産業医を見つけたいですよね。 産業医を紹介してもらための代表的な4つの方法について、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

【2020年版】産業医選任に必要な書類の記入例と届出は?

2019-06-05更新: 2020-01-20

産業医を新たに選任したり、交代したりする場合は、「産業医選任報告」を労働基準監督署に提出する必要があります。手続きの対象となるのは、常時50人以上の労働者を使用する事業者です。届け出にはどのような情報や書類が必要なのでしょうか?確認してみましょう。

専属産業医から「辞めたい」と言われたら、どうすればいい?

2019-05-09更新: 2019-06-06

専属産業医から辞任の意向を示されたらどうしますか?後任の専属産業医をスムーズに探すためにはどうすればいいのでしょうか。また、産業医交代に伴う必要な手続きは何でしょうか。確認しましょう。

初めて産業医を選任する会社のスタッフ必見!産業医の業務内容とは?

2019-04-23更新: 2019-08-22

従業員が50人以上の事業場には産業医の選任義務が発生します。50人を超える前に、産業医の業務内容や探し方など、必要な知識を確認しましょう。

【2020年版】嘱託産業医の相場ってどれくらい?専属産業医との色んな違いを調べてみた

2019-04-11更新: 2020-06-02

最終更新日:2020年5月11日‐嘱託産業医と専属産業医の「相場」や料金システムについて調べてみました。その他、役割の違いや「どうやって嘱託・専属産業医を探せばいいのか?」という部分にも追求しています。

産業医の選任が義務になるのは、どのタイミングから?

2019-03-29更新: 2019-07-12

会社は、その規模に応じて産業医を選任する義務が発生します。では、どのタイミングで義務となるのか?解説します。

従業員1000人を超える前に、専属産業医選任に向け準備するべきことは?

2019-03-27更新: 2019-08-02

専属産業医を選任するにあたり、企業が準備するべきことは何でしょう。基準の従業員数を超えたときに慌てないように、事前に確認しましょう。

全41件中 1〜 10件を表示