【書評】労働者向けの本に学ぶ、会社がしてはいけないこと


みなさんはじめまして!

地方の中小企業で管理職として人事・総務を中心に担当しています能瀬と申します。

いち現場スタッフ、管理職の目線で、人事労務担当の皆様におすすめの本をご紹介したいと思います

能瀬 博之(のせ・ひろゆき)


広島大学卒業。

新卒で入社した地方の中小企業で2年目から採用・教育を担当し、現在13年目。

その他、総務、広報、ISOなど幅広く携わるマルチプレイヤー。27歳で始めたマラソンが趣味で、最近は視覚障害者の伴走やトレイルランニングにハマっている。

第1回目は、新任労務担当者の方にぜひ読んでほしい本です。

9割の会社はバカ 社長があなたに知られたくない「サラリーマン護身術」

9割の会社はバカ 社長があなたに知られたくない「サラリーマン護身術」

著者:石原壮一郎、三矢晃子

価格:予価1100円+税

出版社:飛鳥新社


トラブルの解決方法をQ&A形式で解説

本書は、「サラリーマン護身術」というタイトルの通り、労働者向けに書かれた本で、会社でのハラスメント、メンタルヘルス、労働法規などのトラブルに遭遇した際の、解決方法がQ&A形式で解説されています


Qの例をあげると「サービス残業の多さに納得できない。労基署にチクりたいが、自分が言ったとバレないようにするには?」や「親の介護が必要な状態に。仕事との両立は難しそうだが…」、「実際はクビなのに『自己都合退職』にしておくからと言われた。承諾すべき?」といった、とても具体的なものばかり。

そんな質問に対して、特定社会保険労務士​​​​​​​が労働に関する専門家として正しい知識を解説。一方、コラムニストで自称“大人力のプロ中のプロ”であるコラムニストのもう1人の著者が、「会社に勝つ」ためではなく、大人としてどう周りを動かし、状況を快方に向かわせるかをアドバイスしています。

労務法規のトピックが分かる

「会社はバカ」と一見会社を挑発しているかのような本ですが、人事労務担当者におすすめしたいのには理由があります。手に取ってみると、最近の労務法規のトピックを学ぶのに最適ということが分かります。


最近は人手不足が深刻化しており、新任人事・労務担当者や新任管理職への教育に頭を悩ませている会社も多いのではないでしょうか。弊社でも新任管理職教育が十分とは言えず、労務管理上の最低限の知識をどのように周知していくかが課題となっています。

本書では労基法をはじめとした労働法規から、ハラスメントやメンタルヘルスといった、人事労務担当者、管理職なら知っておくべき内容が集約されているので、最低限の知識を身に付けることができます。また、3択式のQ&A形式となっているので、集合研修をする際に本書をもとにグループワークを行い、労務管理に関しての考え方を擦り合わせるのもいいと思います。

リスクにつながる種を把握しよう

労働者視点で書かれているため、われわれ会社側から見ると、各項にさまざまなトラブルの種が書かれている点もポイントです。

日本ではここ15年ほどの間、労働関係の民事訴訟事件、労働審判事件が急増しています。

2001年に2,119件だった民事訴訟事件件数は、2017年(速報値)には3,526件に。労働審判事件は統計開始の2006年に877件だったものが、2017年(同)には3,369件と4倍近くに膨れ上がっています(労働政策研究・研修機構(JILPT)|早わかり グラフでみる長期労働統計|Ⅶ 労使関係 図3-1 労働関係訴訟、労働審判) 。

また、2017年度に総合労働相談コーナーに寄せられた相談は、110万件。そのうち25万件を占める民事上の個別労働紛争相談は、4件に1件以上が「いじめ・嫌がらせ」によるものです。次いで「自己都合退職」「解雇」と続いており、上位三つだけで6割弱に及びます(厚生労働省「個別労働紛争解決制度の施行状況」)。


企業は今、”正しくない”ことを行えば、「ブラック企業」としてSNSなどにさらされ、民事訴訟・労働審判を起こされるリスクを常に背負っています。

本書で会社として、管理職として「してはいけないこと」の共通認識を持つとともに、掲載されている事例をもとに万が一、労務トラブルが起きてしまった時にどの様に対応するかを考えてみるのもいいのではないでしょうか。


文/能瀬博之 編集/サンポナビ編集部


▼関連記事▼

「産業医の選任」だけじゃない!従業員が50人になったらやるべきこと

【社労士に聞く】社員のメンタルヘルス対策 ≪人事・労務担当者編≫

パワーハラスメントは許さない! 健康経営マンガ:ねぎま産業(株)第4回

「当事者同士の問題」ではない!セクハラ・パワハラ防止の根本的な対策とは

クラッシャー上司の暴走を“上手に”止めるポイントとは

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


嘱託産業医の業務内容とは?産業医を目指す人が知っておきたいこと

「働き方改革」の施行、未曽有の災害や新型感染症の流行などにより、産業医という職業にも大きな注目集まっています。嘱託産業医として活躍するためのノウハウがつまった2冊の書籍を通じて「嘱託産業医の仕事」とそのポイントについて紹介します

【書評】部下の不調原因を理解する必要はない。一番に自分のケアを

企業に勤める管理職ライターが人事労務担当者に薦めたい本を紹介する書評シリーズの2回目。今回は、産業医が書いた「マネジメントはがんばらないほどうまくいく~うつうつ部下をいきいき部下に変える世界一シンプルな方法」です。

サイボウズ・青野社長は、なぜ会社を“モンスター”と表現したのか?

若い世代の働き方の価値観はどう変わってきているのか?サイボウズ株式会社の青野氏の著書「会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。」にはそのヒントがつまっています。サンポナビ編集部が選んだ、人事労務担当者の方におススメの書籍紹介です。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)