【社労士に聞く】社員のメンタルヘルス対策 ≪40代・中間管理職編≫

​​​​​​​


社労士の舘野聡子先生に教わる社内のメンタルヘルス不調対策。≪新卒編≫人事・労務担当者編≫に続く3回目は、中間管理職になったばかりで、不調に陥りやすい40代の対処法を解説する。


舘野 聡子(たての さとこ)​​​​​​​

株式会社ISOCIA 代表取締役/特定社会保険労務士/シニア産業カウンセラー/キャリアコンサルタント/メンタルヘルス法務主任者


民間企業に勤務後、社労士事務所に勤務。その後「ハラスメント対策」中心のコンサル会社にて電話相談および問題解決のためのコンサルティング、研修業務に従事。産業医業務を行う企業で、予防のためのメンタルヘルス対策とメンタル疾患の人へのカウンセリングに従事。2015年に社労士として独立開業、株式会社エムステージでは産業医紹介事業の立ち上げにかかわる。


これまでできた業務も責任が増えると負担に


―40代の場合、どんな人がメンタルヘルス不調になりやすいですか。


新卒と並んで、メンタルヘルス不調が多い年代です。特に昇進や異動のタイミングで不調になりやすいですね。

20年近く仕事をしてきて、当然自分の業務や役割はわかっていて、責任感も十分にあるのですが、昇進で重くなった責任に堪えられないという人がいます。「ここまではなんとか来たけれど、管理職のような仕事は自分にできるのだろうか」とか「結果が出せなかったらどうしよう」など不安に思うのです。これまでは示された課題に向かってがんばれたのに、業績に関した責任が重くなると仕事に集中できなくなることもあります。今まで普通にやってきたことであるにもかかわらず、です。


―マネジャーに初めてなった人が、部下を持つことを「難しい」と感じる話はよく耳にしますね。


上に立ち、人に何かを指示したり、仕事を振ったりする難しさですね。自分が指示されるだけならよかったし、2、3人の後輩に仕事を振るくらいなら問題はなかったのです。しかし、大勢の部下に仕事を振るということに難しさを感じます。管理職になるとそれに伴って会議や打ち合わせなど時間がとられることが増えますし、指示しなければならないことも多くスピード感も求められる。トラブルがあれば、それにも対処しなければなりません。

一番大変なのは、部下が指示通りに動かないとか、年上だという場合です。指示を出す前に「部下になんていえばいいだろう」と悩み、そのあとは「部下にどんなふうに思われただろうか」と悩んでしまう。そういったことが複合的な原因となりメンタルヘルス不調が引き起こされるケースにも遭遇したことがあります。



―動かない部下がいると大変そうですね。


チームがよければいいのですが、指示通りに動かない部下ばかりで、かつその部下たちのコミュニケーション能力が低いとか、部下とそりがあわないということになると、指示をするのが面倒で、全部自分でやってしまうということになりがちです。本来は自分の上司に支援を仰いでもいいのですが、「そんなことをすると、自分ができないことを証明することになる」と思い、言えないわけです。結果一人で抱え込み、プロジェクトが破綻し、さらには会社に来られなくなったりします。


―なぜ人に仕事を振れないのでしょうか。

 

これまでやらせてできなかったという経験がある場合、あるいは説明するより、自分がやったほうが早いと思っている場合、自分にも人にも厳しいいわゆる完璧主義で、求めるレベルが高く、人に任せられない場合などがあります。


―部下の分まで仕事をしていたら、時間がいくらあっても足りないですよね。


自分の仕事だけを考えても、忙しすぎるということも多いです。労災認定される中には、仕事量が多すぎて、なんとか仕事をおわらせないといけないという責任感が強い性格も相まって休めずに過労になってしまった例もありました。そのうえ部下に任せられないことも重なるとお手上げです。


―女性管理職のメンタルヘルス不調で、特徴的なパターンはありますか。


「女性管理職を増やすという数値目標で抜擢された」と陰口を言われて、メンタルヘルス不調になることがあります。他人からのいわれない中傷を、そのまま受け止めてしまい本当にできないと思いこんでしまうのです。


―企業として、40代のメンタルヘルス不調に対しどのような対策ができますか。


誰かを管理職に抜擢したなら、その上司はまず「あなただから抜擢した。フォローやサポートはする」としっかり伝えて下さい。それは男性であろうと女性であろうと同じことです。

知識面の管理職研修だけでなく、管理職になったときとそれ以前とのさまざまな心理的なギャップを埋めるフォローは必要です。特に直属の上司のフォローですね。「あなたに任せたいから、やってほしい」「困ったら相談に乗る。そして、そのことで悪い評価はしない」という安心感を与えることが必要です。そして実際にちゃんと相談に乗ってください。



―管理職の管理職、すなわち上司がケアをするのですね。


更に上の方だと大変お忙しい方が多いと思います。しかしケアすることで大事な部下を失わずにすむ。管理職が倒れてしまったら大変な損失です。手厚くケアして、事態を悪化させないことです。

管理職の上司は役員である場合も多く、相談されても「気にせず部下に仕事を振ればいい」などと簡単に言ってしまい、本人の葛藤になかなか思い至らないものです。管理職が「マイナス評価になるから、上司に問題を相談したり、不安を口に出したりすることができない」と思ってしまう状態を作らないでほしいですね。


心身の不調について自覚できることが大切



―管理職になると、部下のメンタルヘルスケアについての研修があるところは多いようです。


部下に対してもですが、それと同様に管理職自身が自分でメンタルヘルスケアできることも重要です。メンタルヘルスケアについて管理職自身にも教育をし、不調に陥っていないか自覚できるようにしてほしいです。

また、家族、友人などのプライベートが充実していると会社の評価だけにとらわれないですむので、不調を回避できます。逆に家族の問題、たとえば、配偶者との関係がうまくいっていないとか、子どもが不登校になったなどの要因も複合的に重なってメンタルヘルス不調につながることがあります。

仕事の関係はうまくいっているのに、プライベートの人間関係が仕事に悪影響を及ぼす人もいます。


―人間関係の悩みも多くなるうえ、40代は身体も若い頃と同じではないですよね。


はい。身体の負荷が大きくなっていることを知るのも大切ですね。体力の低下で疲れやすくなっています。家族の介護が重なることもありますし、仕事のプレッシャー、家庭の責任、個人の体調と数え上げると、3重苦、4重苦のような状態です。


―体調不良だと、よけいに気分が落ち込みがちになると、1回目の≪新卒編≫でもおっしゃっていました。


メンタルヘルス不調は、体調不良という形でも現れますから、体調の管理をしっかりすることも大事です。喫煙、飲酒を控え、睡眠を整えて下さい。体力が充実していれば困難は乗り越えられるものです。自分で心身の不調を捉えるようにして、ストレスの把握をすることで早めの対処につながります。


―不調について自覚するよい方法はありますか。

 

自分の行動をときどき振り返るといいですね。自分を知ることで、行動変容につなげることができます。例えば睡眠が足りていないと判断ミスが増えがちだと気づくなど、どういうタイミングで自分が不調になるかを知ることです。飲酒で眠りが浅いとわかっていれば、大事なプレゼンがある前日は飲まないようにするなど、あらかじめ悪いことが起こる確率を低く抑えられます。昼寝などで細かく区切って仮眠しても熟睡できないとわかったら、夜まで眠るのを我慢してまとまった時間眠るなど、質のよい睡眠をとるための工夫もしましょう。

誰にとっても言えることですが、運動、睡眠、食事が整えば、メンタル不調を食い止めやすくなります。スマートフォンのアプリなどを使って、睡眠時間や一定の時刻の脈拍など、ライフログを取ることをお勧めします。自分で原因まで気づくのが難しいという方は、早い段階で職場の産業医や保健師、カウンセラーに相談してください。きっと有益なアドバイスをもらえるはずです。


完璧主義やめ、よしとする基準下げて



―40代の心構えとして助言はありますか。


完璧主義をやめて、基準を下げることですね。いろいろと煮詰まってしまったら、「生きているだけで自分はたいしたものだ」とか、「会社に来ただけでえらい」くらいまで、よしとする基準を下げることが大事です。完璧な人など一人もいないんですよ。


すべての世代、人事労務担当者にも言えることですが、相談できる人をつくっておくことを強くお勧めします。カウンセラーでもよいですし、家族、友人、飲み屋のママなど誰でもいいのです。まるごとの自分を肯定してもらえることで、不用意に傷つかなくてすみます。

今はカウンセリングも、対面、オンライン、SNSなどさまざまな相談の方法があるので、ご自身にあったものを見つけ、活用してみてください。​​​​​​​


文/奥田由意 編集/サンポナビ編集部


>>>学生から社会人へのギャップでつまずきがちな ≪新卒≫、さまざまな相談に応じるうち、自身のメンタル不調に陥りがちな ≪人事労務担当者≫ の対策も紹介しています。

【社労士に聞く】社員のメンタルヘルス対策≪新卒編≫

【社労士に聞く】社員のメンタルヘルス対策≪人事・労務担当者編≫


あわせて読みたい

メンタルヘルス対策、職場で何から取り組めばいいの?

メンタル不調社員に産業医面談を受けてもらうには?~教えて!山越先生 よろず相談室 第2回​​​​​​​

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


【まとめ版】専門家が教える「障害年金」給付額・支給の3要件・請求手続きの基本

2021年7月16日最終更新:病気やけがで働いたり生活をしたりすることが困難になった人に支給される「障害年金」。社労士の松山純子先生が障害年金の支給要件や給付額、対象者、手続きのポイントを解説します。

【社労士に聞く】社員のメンタルヘルス対策 ≪人事・労務担当者編≫

社労士の舘野聡子先生に教わるメンタル不調対策。2回目は、さまざまな相談に応じるうち、自身のメンタルが不調に陥ってしまいがちな人事労務担当者のケースを解説する。

【社労士解説】メンタル弱すぎ…?新卒・若手社員の不調原因と企業の対応策

企業にとって課題である、新卒・若手社員のメンタル不調対策。新卒社員がメンタル不調になってしまう原因と、企業でとるべき対応策について、社会保険労務士・カウンセラーとして多くの企業の現場で活躍している舘野聡子先生が解説します。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)