【解説】何から始める?「衛生委員会」設置・立ち上げのポイント5つ

最終更新日:2021年10月21日

従業員が50名を超える際には、衛生委員会を設置・立ち上げることが必要になります。

本記事では「衛生委員会を設置する時には、何をすれば良いの?」というテーマについて、ポイントを解説します。


衛生委員会の設置に関する義務・意義について知っておく

衛生委員会の設置・実施は企業の義務

衛生委員会の立ち上げで重要になるのが、衛生委員会の義務と意義について知っておくことです。

衛生委員会の設置・実施は、労働安全衛生規則(※)によって次のように定められており、事業者の義務とされていますので、必ず実施してください。

(※)労働安全衛生規則 委員会の会議

第二十三条 事業者は、安全委員会、衛生委員会又は安全衛生委員会(以下「委員会」という。)を毎月一回以上開催するようにしなければならない。

出典:労働安全衛生規則第23条の2


衛生委員会を立ち上げるだけではNG。適切に運営し意義ある活動にする

「義務を果たすために、とりあえず毎月開催する……」ということはやめましょう。

衛生委員会を立ち上げるからには、意義のある活動にしていくことが大切です。

衛生委員会の意義についてですが、労働者のけが・病気を防ぐことを目的とし、対策を行うための調査機関であり、産業保健活動の審議機関とされています。

つまり、衛生委員会の際に職場の状況を発信し、それに対する改善策を検討することが必要となるのです。

例えば、ある部署だけ時間外労働が頻発し、常態化しているようなケースでは「どのようにして残業を減らすか」といったことを審議する必要があるでしょう。

また、専門家の意見として産業医から助言をもらう場としても大切な活動になります。


衛生委員会の設置・立ち上げ時に知っておきたい5つのポイント

衛生委員会の設置・立ち上げのポイント①:委員(メンバー)構成の構成

衛生委員会のメンバーは、法律で定められているメンバーと、自由に決めて良いとされているメンバーの2つがあります。

法律で定められているメンバーには主に次の5つの役割です。

  • 議長(委員長):1名
  • 衛生管理者:1名以上
  • 産業医:1名以上
  • 構成メンバー:上記以外のメンバー、人数の定めなし(※)

(※)構成メンバーについては、職場管理者や職場代表者がなりますが、職場の問題点について管理者の立場から方針を説明したり、また職場にフィードバックしたりする必要もありますので、適任者を選出するようにしましょう。



また、議長以外のメンバーの半数については、労働組合等から推薦する者から指名しなければなりません(労働安全衛生法 第18条第4項、第17条第4項)。

このほかに、必須ではありませんが、健康管理を担当している産業保健師や安全管理者、作業環境測定士、施設管理担当者など、社内の衛生管理、健康管理に携わる人が参加しているケースもあります。


衛生委員会の設置・立ち上げのポイント②:規程・ルールを定める

衛生委員会を立ち上げる際には、委員会に関するルール・規程を定めることが必要です。

規程には、開催頻度、開催時期、委員の任期、欠員が出た際の委員の選任、議事録の保管など、衛生委員会に関するさまざまな事項を定めます。

また、衛生委員会に出席できない状況になった際の取り決めや、専門委員の指名なども取り決めておきましょう。

●衛生委員会に関するルール・規程の一例とフォーマット

・衛生委員会の目的

・調査審議事項(労災の発生状況、安全衛生に関する計画の策定、長時間労働に関する報告と改善策など)

・衛生委員会のメンバー(構成員)

・衛生委員の任務

・衛生委員の任期

・衛生委員会の成立

・専門委員の指名/出席

・衛生委員会の事務局 など


ちなみに、衛生委員会の規程は作成例(規程のサンプル/フォーマット)が独立行政法人 労働者健康安全機構のホームページにてダウンロードできますので、ぜひ事前にチェックしておきましょう。


衛生委員会の設置・立ち上げのポイント③「議事録」について知る

衛生委員会を実施したら、審議した事項を「議事録」に記載します。

その上で、定められた期間は保管する必要があります。

当ブログ「サンポナビ」では、衛生委員会の議事録フォーマットがダウンロードでき、保存期間についてもくわしく解説した記事がありますので、あわせてチェックしてみてください。


■よく読まれている関連記事■

  【フォーマット紹介】衛生委員会「議事録」のキホン。保管期限・周知を解説 衛生委員会を開催する際、議事録を作成する必要があります。また、作成した議事録は適切に周知・保管することも求められます。本記事では、作成者の負担を減らす議事録フォーマット(テンプレート)の紹介と、議事録の取り扱い方法について解説します。 エムステージ 産業保健サポート



衛生委員会の設置・立ち上げのポイント④:年間スケジュールの策定

衛生委員会の立ち上げ時には、年間の産業保健活動スケジュールを組み立てることが大切です。

年間スケジュールについては、12回分で組み立てることが一般的とされています。

そして、衛生委員会の年間スケジュールは、自社の活動に即して組み立てる必要があります。

例えば、屋外での業務が多い業種では、夏本番になる前の6月などに熱中症対策について衛生委員会を行い、衛生講話を通じて情報を共有することや、ストレスチェック実施の前には委員会にて審議を行い、効果的を高めることなどが挙げられます。

また、衛生委員会は毎月開催されるものですので、多くの企業が衛生委員会のマンネリ化という課題を抱えているといわれていますので、ぜひ計画的なスケジュールを組み立てるようにしてください。


衛生委員会の設置・立ち上げのポイント⑤:外部サービスも検討する

ただ、はじめて衛生委員会を立ち上げる企業等では「何から始めれば良いのかわからない……」と、具体的な年間スケジュールを計画することが難しい場合もあるでしょう。

そのような場合には、衛生委員会の立ち上げサポートを行っている企業に相談することも一つの手です。

産業医の紹介会社では、産業医の選任だけでなく、衛生委員会の立ち上げもフォローしている場合がありますので、こうしたサービスを探すことが近道となります。

企業に産業医を紹介するサービスを取り扱うエムステージでは、産業医の選任と同時に、貴社専任のコーディネーターが衛生委員会の設置もサポートいしていますので、こうした会社に相談する方法もおすすめです(衛生委員会設置のみのサービスはございません)

衛生委員会は、企業の産業保健の中核に位置付けられる活動ですので、適切に設置・実施することが重要になりますので、ぜひ衛生委員会を意義のある活動にしてください。



サンポナビ編集部

サンポナビ編集部

企業の産業保健を応援する『サンポナビ』編集部です。産業医サポートサービスを提供している株式会社エムステージが運営しています。 産業医をお探しの企業様、ストレスチェック後の高ストレス者面接でお困りの企業様は、ぜひお問い合わせボタンからご相談ください。

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


【解説】衛生委員会をオンラインで開催するための要件と注意点とは

2020年8月より、オンラインによる衛生委員会の開催が許可される通達が厚生労働省から出ました。本記事では「オンライン衛生委員会」のルールと注意点についてやさしく解説します。人事・衛生担当の方はチェックしておきましょう。

【フォーマット紹介】衛生委員会「議事録」のキホン。保管期限・周知を解説

衛生委員会を開催する際、議事録を作成する必要があります。また、作成した議事録は適切に周知・保管することも求められます。本記事では、作成者の負担を減らす議事録フォーマット(テンプレート)の紹介と、議事録の取り扱い方法について解説します。

【労基署の元署長が解説】衛生委員会を有効活用するためのヒント

企業が衛生活動を進めて行く上で、衛生委員会はその活動の主軸となる重要な機能を持っています。元労働基準監督署長であり、労働衛生コンサルタントとしてご活躍されている村木宏吉先生に、衛生委員会の有効活用のポイントについて解説していただきました。

◇メンタルヘルス対策の強化方法5選◇

強化①産業医の対応時間増加

メンタル不調者が増加した結果、産業保健業務が多すぎて産業医の対応時間が不足している状況ではありませんか?その場合、産業医の対応時間を増やすことで状況改善が可能です。2か月に1回なら毎月の対応に/60分の対応なら120分の対応に、月額費用を勘案して産業医の活動時間増加を検討してはいかがでしょうか?

▶産業医の対応時間増加を検討する

強化②産業保健師の選任

産業保健師が社内にいることで、幅広く産業保健活動を実施可能です。保健指導やメンタル予防の面談実施、健康診断に関する相談サポート/医療に関する気軽な相談窓口、社員の休職・復職対等です。産業医との同時活用で、充実の産業保健体制の構築が可能になります!

▶産業保健師の選任を検討する

強化③メンタルヘルス研修の実施

セルフケア研修の実施で、ストレスへの対処方法/怒りのコントロール方法/仕事へのモチベーションを高める方法等が学習できます。また、ラインケア研修で、ハラスメントの基礎知識や対応方法/アンガーマネジメント/職場環境の改善活動等を学べます。専門家による質の高い研修で、問題を予防しましょう!

▶メンタルヘルス研修の実施を検討する

強化④外部相談窓口の設置

外部に相談窓口を設置することで、心身の不調に関する悩みを社内の人に知られることなく専門家に相談する体制を構築できます。臨床心理士によるメンタルヘルスカウンセリングやハラスメント相談等の窓口設置で、メンタル不調の防止や突然の休職/離職に至る前にカバーすることが可能になります!

▶外部相談窓口の設置を検討する

強化⑤ストレスチェック結果活用

ストレスチェックは実施だけで終了していませんか?集団分析/コーピング/ストレスマネジメント可能なストレスチェックに変更することで、結果を活用してストレス反応を改善することが可能です。高品質なストレスチェックへの切り替えして、問題解決を図ってはいかがでしょうか?

▶結果活用できるストレスチェックを検討する
「メンタルヘルス対策のどれが自社に最適かわからない」「オススメの産業保健サービスを提案してほしい」「イチから産業保健体制を構築しなおしたい」等、メンタルヘルス対策の強化でお困りの際は、お気軽にエムステージにご相談ください!

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医オススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○衛生委員会オススメ記事


○法令対応サービスをご提供


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)