〈2021年11月〉第28回 日本産業精神保健学会が開催

第28回 日本産業精神保健学会が開催されます

2021年11月、第28回目となる日本産業精神保健学会が開催されます。

今学会のテーマは「新型コロナ時代の健康と労働~産業メンタルヘルスに関わる課題とその解決を求めて~」。

開催の方式はハイブリッド形式で「 ①会場での聴講」「②オンラインライブ配信」「③オンデマンド配信」にて行われます。

会期は11月20日、21日の2日間にわたり開催され、オンデマンド配信は11月20日~12月23日

●日本産業精神保健学会について

日本産業精神保健学会は次のような目的で設立、運営しています。

①精神科医、心療内科医、および産業医、産業看護職、心理職、 ケースワーカー、衛生管理者などの多職種からなる企業内外の メンタルヘルス担当者間の有機的連携を図ること。

②勤労者のメンタルヘルスに関連する調査、研究の成果を発表 する場を提供すること。

③メンタルヘルスの専門家だけでなく、職域の管理監督者など メンタルヘルスに関係したスタッフを対象としたシンポジウムや 講習会を開催すること。

出典:日本産業精神保健学会 学会概要より


【プログラム】

●特別講演

「新型コロナ時代の産業医活動」 演者:神村 裕子(日本医師会)

「コロナ禍の働き方改革と健康経営におけるメンタルヘルス対策」 演者:岡田 邦夫(特定非営利活動法人 健康経営研究会)

「脳―身体―環境の協調知能から,新型コロナ時代を考える」 演者:佐々木 正人(東京大学)


●大会長講演

「コロナ禍を乗り切るために『連携スキル』を磨きませんか」 演者:神山 昭男(日精診)


●メインシンポジウム

「コロナ禍から職場を守り抜くための有効な方略とは~特にメンタルヘルス対策の視点から~」 座長:神山 昭男,錦戸 典子
講師:濱田 篤郎(東京医科大学)「職場における新型コロナ対策の留意点」
シンポジスト:①田原 弘巳(キヤノン(株)),②矢野 嘉行(中外製薬(株)),③荒木 信威(日鉄テクノロジー(株))
指定発言:高倉 俊二(厚生労働省),奥山 真司(トヨタ自動車)


●日本産業保健法学会との共同シンポジウム

「コロナ禍における労働現場の問題点とその解決をめぐって」 座長:三柴 丈典,田中 克俊 講師:井上 洋一(愛三西尾法律事務所)

「『新型コロナ労務問題Q&A』の取り組みからわかってきたこと」シンポジスト:①森口 次郎(京都工場保健会),②宮谷 孝一(インテル(株)),③高尾 哲也(水戸メンタルクリニック) 指定発言:三柴 丈典(近畿大学)


●多文化間精神医学会との共同シンポジウム

「世界の健康を守る取り組みから何が見えるか~各地のライブリポートから~」 座長:鈴木満,大西守

シンポジスト:①[米国]青木 貴美(米国認定クリニカルソーシャルワーカー,JAMSNET),②[フランス]太田 博昭(医師,パリ邦人医療相 談室),③[ヨルダン]島崎 惠子(心理士,多文化間精神医学会),④[シンガポール]吉國 泰代(医師,多文化間精神医学会)


●その他のプログラム(演目と企画担当運営委員)(順不同)

・特別報告「ストレス評価に関する調査研究に関する報告」(黒木 宣夫,吉村 靖司)

・教育講演1 「新型コロナ時代の労務管理」(髙野 知樹) ・教育講演2 「仕事を原因とした精神疾患の発症により労災認定を受けた長期療養者に対する治療と並行して行う効果的な 社会復帰支援に関する研究~労災疾病臨床研究事業費補助金令和元年度・令和2年度(分担)研究報告書~」 (黒木 宣夫,桂川 修一)

・フォーラム&セミナー「コロナ禍での医療従事者の精神保健支援:感謝/ねぎらい(Appreciation)の風土醸成」(中嶋 義文)

・シンポジウム

  1. 「コロナ禍の現場で何が起きていたのかー?病院・介護施設・障害者雇用・在宅ケアの現場の当事者が語る過去と現在, そしてこれからー」(三木 明子,吉田 麻美)
  2. 「新型コロナ時代の『孤立』を防ぐために何ができるのか」(大庭 さよ,松井 知子)
  3. 「コロナ時代の女性労働者のメンタルヘルス」(佐藤 恵美)
  4. 「産業精神保健における専門職のネットワークー気鋭からのメッセージ」(廣 尚典)
  5. 「コロナ禍で変わったこと,変わらなかったこと~今後の展望も含めて~」(加藤憲忠)
  6. 「高ストレス者面接研修のためのマニュアルと動画:高ストレス者面接のあるべき方向性」(堤 明純,秋山 剛)
  7. 「就労から見た気分障害の薬物療法」(吉村 玲児)
  8.  「コロナ禍における働き方の変化と治療就労両立支援の課題」(小山 文彦,江口 尚)
  9. 「コロナ禍における職場復帰のあり方」(渡辺 洋一郎,芦原 睦)
  10. 「コロナ禍で職場を守りきる健康支援策とは~職域と地域の連携を基盤としたアプローチ~」(吉川 悦子・矢内 美雪)
  11. 「危機による分断を防ぐために~どのように組織を支援するか~」(錦戸 典子,佐々木 美奈子,島本 さと子)

第28回 日本産業精神保健学会の詳細はこちら

※日本産業精神保健学会のホームページに移動します。

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


〈神山昭男先生に聞く〉企業の人事・産業医は「職場のメンタルヘルス問題」とどう向き合うべきか

職場におけるメンタルヘルス不調者の対策が大きな課題となっている。今回は精神科の専門医であり、長年産業医としても活躍する神山昭男先生へのインタビューを通じ、企業の担当者と産業医が取り組むべきメンタルヘルス不調対策についてお話を伺いました。

日油株式会社が600名規模のメンタルヘルス研修を実施。

油化事業をはじめ、さまざまな事業を展開する日油株式会社が、従業員およそ600名を対象にした大規模なメンタルヘルス研修を実施。研修開催までの困難や実施後に実感した効果、今後の展望について、同社のご担当者様にお話しを伺いました。

社員の生産性をどう向上させる?ワークエンゲージメントの活用方法

従業員の「ワークエンゲージメント」を向上させることは、生産性の向上だけでなくメンタルヘルス不調や病気の予防にもなることをご存知でしょうか?企業から注目されている「ワークエンゲージメント」の解説と健康経営について解説します。

◇メンタルヘルス対策の強化方法5選◇

強化①産業医の対応時間増加

メンタル不調者が増加した結果、産業保健業務が多すぎて産業医の対応時間が不足している状況ではありませんか?その場合、産業医の対応時間を増やすことで状況改善が可能です。2か月に1回なら毎月の対応に/60分の対応なら120分の対応に、月額費用を勘案して産業医の活動時間増加を検討してはいかがでしょうか?

▶産業医の対応時間増加を検討する

強化②産業保健師の選任

産業保健師が社内にいることで、幅広く産業保健活動を実施可能です。保健指導やメンタル予防の面談実施、健康診断に関する相談サポート/医療に関する気軽な相談窓口、社員の休職・復職対等です。産業医との同時活用で、充実の産業保健体制の構築が可能になります!

▶産業保健師の選任を検討する

強化③メンタルヘルス研修の実施

セルフケア研修の実施で、ストレスへの対処方法/怒りのコントロール方法/仕事へのモチベーションを高める方法等が学習できます。また、ラインケア研修で、ハラスメントの基礎知識や対応方法/アンガーマネジメント/職場環境の改善活動等を学べます。専門家による質の高い研修で、問題を予防しましょう!

▶メンタルヘルス研修の実施を検討する

強化④外部相談窓口の設置

外部に相談窓口を設置することで、心身の不調に関する悩みを社内の人に知られることなく専門家に相談する体制を構築できます。臨床心理士によるメンタルヘルスカウンセリングやハラスメント相談等の窓口設置で、メンタル不調の防止や突然の休職/離職に至る前にカバーすることが可能になります!

▶外部相談窓口の設置を検討する

強化⑤ストレスチェック結果活用

ストレスチェックは実施だけで終了していませんか?集団分析/コーピング/ストレスマネジメント可能なストレスチェックに変更することで、結果を活用してストレス反応を改善することが可能です。高品質なストレスチェックへの切り替えして、問題解決を図ってはいかがでしょうか?

▶結果活用できるストレスチェックを検討する
「メンタルヘルス対策のどれが自社に最適かわからない」「オススメの産業保健サービスを提案してほしい」「イチから産業保健体制を構築しなおしたい」等、メンタルヘルス対策の強化でお困りの際は、お気軽にエムステージにご相談ください!

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医オススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○衛生委員会オススメ記事


○法令対応サービスをご提供


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)