【愛知県】名古屋市などで理想の産業医を探すなら紹介会社を活用しよう

愛知県の産業構造から見る、頼れる産業医が必要な理由

【本文1】

大手自動車メーカーの本拠地でもある愛知県は、製造業全般で労働生産性が高く、製造品出荷額が国内1位という、日本を代表するものづくりの県です。

製造業に従事する労働者はおよそ85万人。全国的に見ても製造業に関わる労働者の比率が大きいので、職場では労災などの対策が特に重要になります。

同じく名古屋市も製造業者が多いのですが、サービス業の第三次産業も多いのです。したがってオフィスや小売業で問題化しやすいメンタルヘルスなどの対策が求められます。

そのためにも頼れる産業医を導入し、職場環境の維持・改善をしていくことが大切ですが、産業医の紹介企業でお悩みの方も多いと思います。

失敗しない紹介会社選びのポイントについて解説します。

紹介会社の選び方、5つのポイント

紹介会社を選ぶ際に重要になるのは、以下の5つのポイントです。

①全国展開している紹介会社かどうか

まずは自社の地域が紹介に対応しているか確認します。

産業医や医師は主に都市部に集中しているため、産業医紹介会社も都市部の事業場を対象としているところが多いです。

全国的に展開している紹介会社であれば、それぞれの地域に対応した産業医の紹介が期待できます。

②多種多様な企業に対応しているか

企業の業種は様々です。業態に対応できる産業医を探せる紹介会社かを検討します。

また、選任する産業医は企業規模により「専属(従業員数1,000人以上)」「嘱託(従業員数50~999人)」と異なります。

選任したい契約形態に合った産業医に強みを持っている紹介会社を選ぶといいでしょう。

③登録産業医の数が多い紹介会社を選ぶ

登録産業医が多い紹介会社ほど、事業場の特徴やニーズに合った産業医を紹介されやすくなります。

面談などの結果、紹介された産業医と残念ながらマッチングしなかったとしても、登録産業医が多い紹介会社であれば、次の候補を探しやすいといえます。

④選任後のサポートサービスは充実しているか

紹介会社によっては「産業医を選任して終わり」ではなく、しっかりとアフターサポートをしています。せっかく産業医を選任するのであれば、十分に活用できるよう、選任後のサポート体制が充実している紹介会社を選ぶことをお勧めします。

産業医を選任した後も、事業者は継続的に産業医と業務の調整をする必要があります。

例えば、毎月行われる衛生委員会の出席、ストレスチェックの実施や健康診断結果についての意見聴取など、産業医に業務依頼をする場面は多いのです。

特に嘱託産業医選任の場合では、事業場側の準備が不十分なため、せっかくの産業医訪問日にうまく活用ができていないというケースは珍しくないのです。

⑤料金

①~④のポイントにより、産業医紹介会社の候補を複数絞ったら、料金の検討を行いましょう。各紹介会社のウェブサイトには、料金の目安が提示されていることが多いですが、事業場の特徴(従業員数、業種、地域など)とニーズ(英語対応可能、複数拠点の対応可能な産業医を希望など)を示して、料金の見積もりを依頼する方がいいでしょう。


産業医紹介会社を選ぶ5つのポイントは確認できましたか?

紹介会社を上手に利用して、事業場の特徴とニーズに合う産業医を、効率よく探しましょう。

株式会社エムステージは全国11拠点で産業医紹介サービスを展開しており、業界トップクラスである6,000人以上の産業医に登録をいただいています。

支社も含めた産業保健対応ができる本社選任の産業医や、アルバイトで健康診断後の意見聴取ができる医師をお探しの場合は、ぜひ株式会社エムステージにお問い合わせください。

▶お問い合わせはこちらから


産業医に関するお悩みは ありませんか?

産業医を選任したい、見直したい、企業の産業保健活動に悩みがある……。産業保健のお困りごとは、株式会社エムステージの産業医サポートサービスが解決します。

関連記事


従業員50人未満の事業場は「小規模事業場産業医活動助成金」を活用しよう

従業員50人未満の事業場では産業医・産業保健師を選任した時や、産業医・産業保健師に労働者が直接健康相談できる環境を整備した際にかかった費用などを申請することで「小規模事業場産業医活動助成金」を受け取ることができます。対象企業、申請要件、手続方法などを解説します。

オフィスインテリアの専門家が考える、働くための「最適な空間」とは?

オフィスインテリアの専門家が考える、働くための「最適な空間」とは 同社の産業保健に対する取組みや、産業医を選ぶ際に重視したポイントなどについて、管理本部 取締役本部長の柳原和治さんにお話を伺いました。

再生医療ベンチャーが、従業員50人未満で産業医を選任した理由は?

再生医療関連事業を手がけるセルソース株式会社は、産業医選任が義務になる前に、エムステージの産業医サポートサービスを導入。裙本理人代表取締役社長CEOと、経営管理本部管理部の笹川麗佳さんに、健康経営への思いやエムステージを選んだ理由を聞きました。


開催予定のセミナー

人気記事ランキング


ダウンロードランキング