【5つのポイント】愛知・名古屋で「頼れる産業医」を紹介してもらう方法

愛知県「頼れる産業医」を選任することが重要な背景

大手自動車メーカーの本拠地でもある愛知県は、製造業全般で労働生産性が高く、製造品出荷額が国内1位という、日本を代表するものづくりの県です。

同じく名古屋市も製造業者が多いのですが、サービス業の第三次産業も多いのです。したがってオフィスや小売業で問題化しやすいメンタルヘルスなどの対策が求められます。

そのためにも頼れる産業医を導入し、職場環境の維持・改善をしていくことが大切ですが、産業医の紹介企業でお悩みの方も多いと思います。

失敗しない紹介会社選びのポイントについて解説します。


【5つのポイント】頼れる産業医に出会うために大切な”紹介会社の選び方”

産業医を紹介してもらう方法は、地元の医師会を利用することや、人づてに紹介してもらう方法などがありますが、今回は紹介会社を利用した産業医の選任について解説していきます。

くわしくはこちらの記事で解説していますのでご覧になってみてください。

関連記事「会社に合った産業医を紹介してもらう方法【4選】~おすすめの探し方を解説」


健康経営や働き方改革、法令遵守に対応した産業医を選任するためには、紹介会社選びが大切です。

産業医の紹介会社選ぶ際に重要になるのは、以下の5つのポイントです。


〈ポイント①〉愛知・名古屋エリアに拠点がある紹介会社かどうかで選ぶ

まずは愛知・名古屋のエリアに拠点を構えている紹介会社であることが大切です。

地元に在籍している産業医の情報に詳しい紹介会社であれば、自社のニーズとマッチした産業医を紹介してもらえる可能性が高くなるからです。

また、産業医や医師は主に都市部に集中しているため、産業医紹介会社も都市部の事業場を対象としているところが多いのですが、全国展開している紹介会社であれば心強いでしょう。


〈ポイント②〉紹介会社の公開している「導入事例」をチェックしてみる

次に、自社のマッチした産業医を紹介してもらえそうな紹介会社かを見極めます。

産業医の紹介会社では、ホームページ上で顧客の「導入事例」を公開しているところもありますので、チェックしてみるのも一つの手です。

「どのくらいの規模会社が利用しているのか」

「どのような業種が利用しているのか」という情報は参考になるはずです。

当サイト「サンポナビ」でも、健康経営の事例を多数掲載していますので、参考にしてみてください。

「サンポナビ」企業事例の一覧ページへ


〈ポイント③〉登録産業医の数が多い紹介会社を選ぶ

登録産業医が多い紹介会社ほど、事業場の特徴やニーズに合った産業医を紹介されやすくなります。

例えば、面接した結果、紹介された産業医と残念ながらマッチングしなかったとしても、登録産業医が多い紹介会社であれば、次の候補を探しやすいといえます。

登録産業医の数が多ければ、紹介会社が医師との連携に強いとも言えますので、ここは重視しましょう。


〈ポイント④〉産業医を選任した後のサポートサービスは充実しているか

紹介会社によっては「産業医を選任して終わり」ではなく、しっかりとアフターサポートをしています。

せっかく産業医を選任するのであれば、十分に活用できるよう、選任後のサポート体制が充実している紹介会社を選ぶことをお勧めします。

産業医を選任した後も、事業者は継続的に産業医と業務の調整をする必要があります。

例えば、毎月行われる衛生委員会の出席、ストレスチェックの実施や健康診断結果についての意見聴取など、産業医に業務依頼をする場面は多いのです。

ですので、選任後もサポート役のコーディネーターがいる紹介会社などが頼りになります。


〈ポイント⑤〉見積りを元に料金を比較してみる

ポイント①~④で、産業医紹介会社の候補を複数絞ったら、最後に料金の検討を行いましょう。

各紹介会社のウェブサイトには、料金の目安が提示されていることが多いですが、事業場の特徴(従業員数、業種、地域など)とニーズ(英語対応可能、複数拠点の対応可能な産業医を希望など)を示して、料金の見積もりを依頼する方がいいでしょう。

WEBでカンタンに見積り依頼ができるサイトとして(株)エムステージがあります。ますは、見積りをとってみるのはいかがでしょうか。

産業医紹介会社を選ぶ5つのポイントは確認できましたか?

紹介会社を上手に利用して、事業場の特徴とニーズに合う産業医を、効率よく探しましょう!


▼関連記事▼

企業事例「ホワイト500認定企業 大同生命の健康経営の取組み

会社に合った産業医を紹介してもらう方法【4選】




産業医に関するお悩みは ありませんか?

産業医を選任したい、見直したい、企業の産業保健活動に悩みがある……。産業保健のお困りごとは、株式会社エムステージの産業医サポートサービスが解決します。

関連記事


【企業事例】2017年に健康経営を宣言「DAIDO-ココ・カラ」と称して積極的に推進する大同生命の健康経営の取組み

「健康経営優良法人」の認定は、企業にとって多くのメリットがあります。大同生命保険株式会社では、自社独自の健康経営プログラム「KENCO SUPPORT PROGRAM」を運用し「ホワイト500」を取得。先進的な取組について、同社の活動を推進する人事総務部の増岡博史さんにお話を伺いました。

全国店舗で強固な産業保健体制をつくる。TOHOシネマズが挑戦する健康経営の「改革」

日本全国に映画館を展開し、常に変化する顧客のニーズに応えているTOHOシネマズ株式会社が挑戦した健康経営の改革は、本部と事業場が連携して産業保健活動を進められる仕組を作ったこと。全事業場で取り組んだ産業保健の体制整備についてお聞きしました。

従業員50人未満の事業場は「小規模事業場産業医活動助成金」を活用しよう

従業員50人未満の事業場では産業医・産業保健師を選任した時や、産業医・産業保健師に労働者が直接健康相談できる環境を整備した際にかかった費用などを申請することで「小規模事業場産業医活動助成金」を受け取ることができます。対象企業、申請要件、手続方法などを解説します。