【2021年度】50人未満で申請可能!「小規模事業場産業医活動助成金」を解説

(最終更新日:2021年7月12日)

人事担当者の方は、産業医を選任すると助成金を申請できることをご存知ですか?

(独)労働者健康安全機構では、企業の産業保健活動を推進するため、各種の助成金制度を設けています。


中でも「小規模事業場産業医活動助成金」は従業員50人未満の事業場産業医・産業保健師を選任した際の費用や、契約した産業医・産業保健師に労働者が直接健康相談できる環境を整備した際にかかった費用などを申請することで、助成金が受け取れる制度です。


小規模事業場産業医活動助成金のかしこい利用方法と、申請の要件などについて解説します。


目次[非表示]

  1. 1.産業医コース・保健師コース・直接健康相談環境整備コースの3つがある
    1. 1.1.自社の産業保健活動がどのコースに対応しているか確認する
  2. 2.産業医と契約し活動を行う「産業医コース」の申請要件・助成金額・期間
    1. 2.1.産業医コースの助成対象と助成金額
    2. 2.2.〈産業医コース〉申請のための要件
    3. 2.3.〈産業医コース〉産業保健活動の助成金を受け取るまでの手続き
    4. 2.4.産業医コースの申請に関する実施期間・申請期間
  3. 3.保健師と契約し産業保健活動を行う「保健師コース」の申請要件・助成金額・期間
    1. 3.1.保健師コースの助成対象・助成金額
    2. 3.2.〈保健師コース〉申請のための要件
    3. 3.3.〈保健師コース〉助成金を受け取るまでの手続き
    4. 3.4.保健師コースの申請に関する実施期間・申請期間
  4. 4.産業医や保健師に相談できるようにする「直接健康相談環境整備コース」の申請要件・助成金額・期間
    1. 4.1.環境整備コースの助成対象・助成金額
    2. 4.2.〈環境整備コース〉申請のための要件
      1. 4.2.1.助成金を受けるための「事業場」の要件
      2. 4.2.2.助成金を受けるための「取組」の要件
    3. 4.3.〈環境整備コース〉助成金を受け取るまでの手続き
    4. 4.4.環境整備コースの申請に関する実施期間・申請期間


産業医コース・保健師コース・直接健康相談環境整備コースの3つがある

自社の産業保健活動がどのコースに対応しているか確認する

職場で労働者の健康管理を効果的に行うためには、医学に関する専門職が不可欠です。

そして、従業員の健康を維持・増進させ、長く働いてもらえる環境を整えることの大切さは、企業規模の大小とは関係ありません。

また、「働き方改革」が進む近年では、産業医の選任義務が課されていない従業員50人未満の事業場でも、産業医を選任するケースが増えているようです。

産業保健体制の整備は、今いる従業員の離職防止や新規採用率の向上、企業のイメージアップなどブランディングとしても効果が期待できるからです。


労働者健康安全機構の「小規模事業場産業医活動助成金」には〈産業医コース〉〈保健師コース〉〈直接健康相談環境整備コース〉の3つのコースがあり、小規模事業場の産業保健活動を後押ししています。

以下で、1つずつ解説していきます。

\導入実績1,700事業所突破!/《企業向け》産業医の紹介/選任後サポート

産業医と契約し活動を行う「産業医コース」の申請要件・助成金額・期間

産業医コースでは、小規模事業場が2017年度以降、産業医と産業医活動の全部または一部を実施する契約を締結し、実際に産業医活動が行われた場合の費用を助成します。


産業医コースの助成対象と助成金額

産業医と、職場巡視、健康診断異常所見者に関する意見聴取、保健指導など、産業医活動の全部または一部を実施する契約をした場合に助成します。

●1事業場当たり6カ月ごとに10万円を上限とし、2回まで助成します。


〈産業医コース〉申請のための要件

  1. 小規模事業場(常時50人未満の労働者を使用する事業場)であること。
  2. 労働保険の適用事業場であること。(厚生労働省ホームページ掲載の「労働保険適用事業場検索」にて該当した事業場を適用事業場とみなす)
  3. 2017年度以降、産業医と職場巡視、健診異常所見者に関する意見聴取、保健指導など、産業医活動の全部または一部を実施する契約を新たに締結していること。
  4. 産業医が産業医活動の全部または一部を実施していること。
  5. 産業医活動を行う者は、自社の使用者・労働者以外の者であること

〈産業医コース〉産業保健活動の助成金を受け取るまでの手続き

① 産業医と産業医活動の契約

産業医と、産業医活動の全部または一部を実施する契約を締結する。

② 産業医活動の実施

契約に基づき産業医による職場巡視、健康診断異常所見者に関する意見聴取、保健指導など、産業医活動の全部または一部を実施する。

③ 産業医に対する支払い

産業医に対して、契約に基づき費用を支払う。

④ 支給申請(1回目)

必要な書類(6カ月分の産業医に支払った費用の領収書など)を添えて、労働者健康安全機構へ助成金の支給申請を行う。

⑤ 支給決定通知の受け取り、助成金受領

労働者健康安全機構から支給決定通知が届き、助成金が振り込まれる。

⑥ 支給申請(2回目)

必要な書類(6カ月分の産業医に支払った費用の領収書など)を添えて、労働者健康安全機構へ助成金の支給申請を行う。

⑦ 支給決定通知の受け取り、助成金受領

労働者健康安全機構から支給決定通知が届き、助成金が振り込まれる。


出典:「小規模事業場産業医活動助成金」の手引(令和3年度版)(産業医コース)


産業医コースの申請に関する実施期間・申請期間

小規模事業場産業医活動助成金【産業医コース】の実施期間と申請期間は以下のようになっています。

●取組の実施期間

・2020年11月~2022年3月

※ 継続する 6 か月の産業医活動実施期間

(助成金の支給対象となる6 か月間)の初月が令和2年 11 月以降、最終月が令和4年 3 月以前 である必要があります。


●助成金の申請期間

・2021年5月~

※ただし、産業医の要件を備えた医師が活動し た継続する6か月の産業医活動実施期間の最終月の翌月から6か月 以内に申請してください。


例:産業医活動の実施期間が2020年11月~2021年4月であれば、申請期間は2021年5月~2021年10月

※ 申請期間中でも助成金支給申請の受付を終了することがありますのでご了 承ください。


出典:「小規模事業場産業医活動助成金」の手引(令和3年度版)(産業医コース)




保健師と契約し産業保健活動を行う「保健師コース」の申請要件・助成金額・期間

保健師コースでは、小規模事業場が2018年度以降、新たに保健師と健診異常所見者や長時間労働者に対する保健指導、高ストレス者に対する健康相談、健康教育などの産業保健活動の全部または一部を実施する契約を締結し、実際に産業保健活動が行われた場合に、費用を助成します。



保健師コースの助成対象・助成金額

保健師と健診異常所見者や長時間労働者らに対する保健指導など、産業保健活動の全部または一部を実施する契約をした場合に助成します。

●1事業場当たり6カ月あたり10万円を上限とし、2回まで助成します。


〈保健師コース〉申請のための要件

  1. 小規模事業場(常時50人未満の労働者を使用する事業場)であること。
  2. 労働保険の適用事業場であること。(厚生労働省ホームページ掲載の「労働保険適用事業場検索」にて該当した事業場を適用事業場とみなす)
  3. 2018年度以降、新たに保健師と、健診異常所見者や長時間労働者に対する保健指導、高ストレス者に対する健康相談、健康教育などの産業保健活動の全部または一部を実施する契約を新たに締結していること。
  4. 保健師が産業保健活動の全部または一部を実施していること。
  5. 産業保健活動を行う者は、自社の使用者・労働者以外の者であること。


〈保健師コース〉助成金を受け取るまでの手続き

① 保健師と産業保健活動の契約

保健師と産業保健活動の全部または一部を実施する契約を締結する。

② 産業保健活動の実施

契約に基づき保健師による健診異常所見者や長時間労働者に対する保健指導、高ストレス者に対する健康相談、健康教育などの産業保健活動の全部または一部を実施する。

③ 保健師に対する支払い

保健師に対して、契約に基づき費用を支払う。

④ 支給申請(1回目)

必要な書類(6カ月分の保健師に支払った費用の領収書など)を添えて、労働者健康安全機構へ助成金の支給申請を行う。

⑤ 支給決定通知の受け取り、助成金受領

労働者健康安全機構から支給決定通知が届き、助成金が振り込まれる。

⑥ 支給申請(2回目)

必要な書類(6カ月分の保健師に支払った費用の領収書など)を添えて、労働者健康安全機構へ助成金の支給申請を行う。

⑦ 支給決定通知の受け取り、助成金受領

労働者健康安全機構から支給決定通知が届き、助成金が振り込まれる。


出典:「小規模事業場産業医活動助成金」の手引(令和3年版)(保健師コース)


保健師コースの申請に関する実施期間・申請期間

小規模事業場産業医活動助成金【保健師コース】の実施期間と申請期間は以下のようになっています。

●取組の実施期間

・2020年 11月~2022年3月

※ 継続する 6 か月の産業保健活動実施期間

(助成金の支給対象と なる6か月間)の初月が2020年11月以降、最終月が2022年3月以前である必要があります。


●助成金の申請期間

・2021年5月~

※ただし、保健師が活動した継続する6か月の 産業保健活動実施期間の最終月の翌月から6か月以内に申請して ください。


例:産業保健活動の実施期間が2020年11月~2021年4月であれば、申請期間は2021年5月~2021年10月

※ 申請期間中でも助成金支給申請の受付を終了することがありますのでご 了承ください。


出典:「小規模事業場産業医活動助成金」の手引(令和3年版)(保健師コース)



産業医や保健師に相談できるようにする「直接健康相談環境整備コース」の申請要件・助成金額・期間

直接健康相談環境整備コースでは、小規模事業場が、

①産業医と、職場巡視など産業医活動の全部または一部を実施する契約

②保健師と、健診異常所見者や長時間労働者に対する保健指導など、産業保健活動の全部または一部を実施する契約

上記の契約のいずれかに契約した産業医または保健師に労働者が直接健康相談できる環境を整備する条項を含めて締結し、労働者へ周知した場合に助成します。


環境整備コースの助成対象・助成金額

産業医と締結する産業医活動契約、または保健師と締結する産業保健活動契約のいずれかに、契約した産業医または保健師に労働者が直接健康相談できる環境を整備した条項を含めた場合に助成します。

●1事業場当たり6カ月ごとに10万円を一律支給。2回まで助成します。


〈環境整備コース〉申請のための要件

助成金を受けるための「事業場」の要件

  1. 小規模事業場(常時50人未満の労働者を使用する事業場)であること。
  2. 労働保険の適用事業場であること。(厚生労働省ホームページ掲載の「労働保険適用事業場検索」にて該当した事業場を適用事業場とみなす)

助成金を受けるための「取組」の要件

以下、1~3のすべてを実施している必要があります。

  1. 産業医と、職場巡視など産業医活動の全部または一部を実施する契約、または保健師と、保健指導など産業保健活動の全部または一部を実施する契約のいずれかに契約した産業医または保健師に、労働者が直接健康相談できる環境を整備する条項を含めて2018年度以降新たに締結していること。
  2. 労働者へ産業医または保健師と労働者が直接相談できる仕組みを周知していること。
  3. 産業医活動もしくは産業保健活動を行う者は、自社の使用者・労働者以外の者であること。


〈環境整備コース〉助成金を受け取るまでの手続き

①産業医または保健師と産業医活動などの契約

産業医または保健師と締結する産業医活動契約に、産業医または保健師に労働者が直接健康相談できる環境を整備した条項を含めた内容の契約を締結する。

②直接健康相談環境整備の周知

労働者へ産業医または保健師と労働者が直接健康相談できる環境を整備したことを周知する。

③支給申請(1回目)

契約施行開始日から6カ月経過後、必要な書類を添えて、労働者健康安全機構へ助成金の支給申請を行う。

④支給決定通知の受け取り、助成金受領

労働者健康安全機構から支給決定通知が届き、助成金が振り込まれる。

⑤支給申請(2回目)

1回目の申請対象となった産業医活動など実施期間の最終月の翌月から6カ月経過後、必要な書類を添えて、労働者健康安全機構へ助成金の支給申請を行う。

⑥支給決定通知の受け取り、助成金受領

労働者健康安全機構から支給決定通知が届き、助成金が振り込まれる。


出典:「小規模事業場産業医活動助成金」の手引(令和3年度版)(直接健康相談環境整備コース)


環境整備コースの申請に関する実施期間・申請期間

小規模事業場産業医活動助成金【保健師コース】の実施期間と申請期間は以下のようになっています。

●取組の実施期間

・2020年 11月~2022年3月

※ 継続する 6 か月の産業保健活動実施期間

(助成金の支給対象と なる6か月間)の初月が2020年11月以降、最終月が2022年3月以前である必要があります。


●助成金の申請期間

・2021年5月~

※ 1回目の申請:継続する 6 か月の産業医活動・産業保健活動、実施期間の最終月の翌月~6か月以内に申請する必要があります。

2回目の申請:1回目の申請対象となった産業医活動・産業保健活動実施期間の最終月の翌月~6か月以内に申請してくだ さい。


例:産業保健活動の実施期間が2020年11月~2021年4月であれば、申請期間は2021年5月~2021年10月

※ 申請期間中でも助成金支給申請の受付を終了することがありますのでご 了承ください。


出典:「小規模事業場産業医活動助成金」の手引(令和3年版)(保健師コース)

「これから産業医を選任したいけど、よくわからない点が多い・・・」

「担当者は、どんな準備をしておけば良いの・・・?」と、お悩みではありませんか?

当ブログ「サンポナビ」では、産業医の選任に関する無料のガイドブックを公開していますので、ぜひチェックしてみてください。

「産業医選任まるわかりガイドブック」の詳細はこちら

小規模事業場産業医活動助成金「3コース」について、理解できましたか?

助成金に関する問い合わせは、労働者健康安全機構か最寄りの産業保健総合支援センターで受け付けています。

助成金を活用して、産業保健体制を整備してみてはいかがでしょうか。

参考:労働者健康安全機構令和3年度版 産業保健関係助成金(労働者健康安全機構HP)




■よく読まれている関連記事■

  【2021年】産業医の紹介はどこに相談すればいい?4つの方法とメリット 2021年1月6日最終更新—「産業医を探しているけれど、どこで紹介してもらえるの?」というテーマについて、代表的な4つの方法を〈メリット・デメリット〉とともに紹介した記事です。 エムステージ 産業保健サポート
  【まとめ】産業医とは?仕事内容・なるための要件・臨床医とのちがいを解説 2021年4月5日最終更新−近年、注目が高まる「産業医」の仕事とは具体的に何なのでしょうか?産業医になるための要件・臨床医とのちがい等についてまとめて解説します。 エムステージ 産業保健サポート
  【5つのポイント】産業医の紹介会社を比較する・選ぶ前に知っておきたいこと 産業医を探す上で、近年増えているのが、産業医紹介会社を利用した選任です。紹介会社は多く、さまざまなサービスを展開しています。事業場の特徴やニーズに合う産業医を効率よく見つけるためには、どのような紹介会社を選べばいいのでしょうか?ポイントを紹介します。 エムステージ 産業保健サポート




サンポナビ編集部

サンポナビ編集部

企業の産業保健を応援する『サンポナビ』編集部です。産業医サポートサービスを提供している株式会社エムステージが運営しています。 産業医をお探しの企業様、ストレスチェック後の高ストレス者面接でお困りの企業様は、ぜひお問い合わせボタンからご相談ください。

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


〈株式会社GREEN RIBBON〉若い社員が「一人前」になれるよう、会社で健康を支援したい

人材サービスを全国展開する株式会社GREEN RIBBON。若き社員が多い同社では、教育を通じたメンタルヘルス不調対策をはじめ、産業保健活動に注力しています。産業保健に関する活動内容と、今後のビジョンについてインタビューしました。

〈企業事例〉産業保健活動の充実化で「横浜健康経営認証」の認定を取得

神奈川県横浜市で環境保全事業を展開する横浜環境保全株式会社が、エムステージの産業医紹介サービスを活用し、産業保健活動を進めています。同社の取り組む健康経営についてお話しをお聞きしました。

〈株式会社清和ビジネス〉WELL認証の取得、産業医・産業保健師の活用、従業員の健康意識を向上

オフィス空間の構築を提供する株式会社清和ビジネスが、エムステージの産業医・産業保健師紹介サービスを活用し、産業保健活動を推進しています。同社の活動についてインタビューしました。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)