【まとめ】前日からのNG行為は?健康診断「食事・お酒・タバコ」のルール

最終更新日:2021年7月21日

康診断の前日と当日には、食事や喫煙などに関するルールがあります。

「前日の夜、何時までだったら食べてもいいの?」

「前日でも、ちょっとならお酒は飲んでいいの?」

「当日の朝食は食べてもいいの?」といったルールについて編集部が調べ、まとめてみました。

※本記事はあくまで一般的な健康診断のルールを紹介しているものですので、詳細については受診する健診機関に問い合わせ、確認してください。


目次[非表示]

  1. 1.健康診断の前日のルール:夕食は何時まで?NGな食事とは?
    1. 1.1.健康診断前日の夕食は「9時頃までに食べる」「脂っこい食事はNG」がルール
    2. 1.2.健康診断前日の夕食にNGな食事
  2. 2.健康診断の前日、お酒・アルコールは何時までなら飲んでいい?
    1. 2.1.健康診断の前日にお酒、アルコール類が禁止になる理由
    2. 2.2.健康診断の前日にお酒を飲んでしまった…。何時間前までなら大丈夫?
  3. 3.健康診断の当日、朝食は食べていい?タバコは吸っていい?
    1. 3.1.健康診断の当日、検査が午後であれば朝食がOKの場合も
      1. 3.1.1.●健康診断が午前の場合
      2. 3.1.2.●健康診断が午後の場合
    2. 3.2.健康診断の前日・当日にタバコの喫煙はNG
    3. 3.3.健康診断前日と当日の「NG行為」まとめ


健康診断の前日のルール:夕食は何時まで?NGな食事とは?

健康診断前日の夕食は「9時頃までに食べる」「脂っこい食事はNG」がルール

康診断は、空腹時に各種の検査を行うことが指定されていますので、前日の夕食は遅くとも夜9時頃までに済ませましょう。

そして、夜9時以降は絶食することが基本となります(特に、翌日の午前中に健康診断がある場合)。

また、たとえ夜9時より前の食事であっても、消化に悪い食べ物や脂肪分の多い物、甘い物を食べることは控えてください。


健康診断前日の夕食にNGな食事

康診断の前日には食べる物にも注意が必要です。

健診機関では、前日の夕食に「なるべく消化に良いもの」を食べるよう指定していることが多いです。

その理由は、健康診断前日の夕食に脂っこいものや甘いものを食べてしまうことで、血糖値や中性脂肪の結果に影響するおそれがあるからです。

正しい検査結果を得るためにも、健康診断前日の食事には注意しましょう。

●健康診断前日の夕食で避けるべき食べ物の例

・天ぷら、とんかつなどの揚げ物

・こってりしたラーメン

・焼き肉

・ケーキ、生クリーム、チョコレート

・その他、脂質、糖質の多い食べ物 など


\編集部オススメの関連記事/

  再検査受けてる?健康経営マンガ:ねぎま産業(株)第11回 「かれこれ1年近く健康経営取り組んでるのに、健康になってる気がしない…。」そう苦悩する会社があった。その会社の名は、ねぎま産業(株)。健康経営を頑張りたい、だけどちょっとずれている。働くトリたちの奮闘記。今回のテーマは「定期健康診断」。 エムステージ 産業保健サポート



健康診断の前日、お酒・アルコールは何時までなら飲んでいい?

健康診断の前日にお酒、アルコール類が禁止になる理由

もそも「なぜ、健康診断の前日にお酒を飲むことがダメなの?」と思われる方もいるでしょう。

健康診断の前日に飲酒を控えるべき理由は、健康診断の結果(数値)に悪い影響が出る恐れがあるからです。

例えば、健康診断の前日の夜にお酒を飲んだ場合ですが、血中のアルコール濃度が高い状態で健康診断を受けることで、血糖や尿酸等の結果に影響があらわれ、正確な検査結果が得られない可能性があります。

こうした理由から、健康診断の前日にお酒を飲むことが禁止されているのです。


健康診断の前日にお酒を飲んでしまった…。何時間前までなら大丈夫?

くの健診機関が、健康診断前日の「禁酒」を指定しています。

その理由については前述した通りですが「何時間前までの飲酒ならOK?」というのも気になるところです。

結論からいうと、健康診断前日の飲酒は、何時間前であってもダメということが多くの健診機関で基本的なルールになります。


ちなみに、アルコール健康医学協会によれば、血中アルコール濃度が低下するまでにかかる時間は、350mlの缶ビールであれば3時間程度掛かるとされています(※)

しかし、血中アルコール濃度の変化については個人差がありますし、お酒を飲んだ日は原則的に自動車の運転が禁じられていることを考慮すると「何時間前までならOK」といったことではなく、健康診断の前日にお酒を飲むことは控えることが無難です。

なお、健康診断前日(夜9時以降)でも、水分の摂取は可とされていることが多いですので、のどが渇く場合には水を飲むようにしてください。

※出典:公益社団法人 アルコール健康医学協会「お酒と健康 飲酒運転防止



また、ルールを守れなかった場合には、健康診断の結果に関することも気になりますよね。

以下の記事では「健康診断の結果は会社の誰かに見られるの?」というテーマを解説していますので、こちらもチェックしておきましょう。


■「健康診断の結果」に関する記事■

  健康診断結果は会社の誰が見られる?再検査は強制?よくある6つの疑問を解説 2021年3月4日最終更新ー健康診断の結果は誰が見ることができるのか?会社に求められる健康診断後のフォローは?など実施後のよくある疑問を解説します。 エムステージ 産業保健サポート



健康診断の当日、朝食は食べていい?タバコは吸っていい?

健康診断の当日、検査が午後であれば朝食がOKの場合も

日、朝食を食べて良いかどうかは、健康診断を行う時間が午前か午後かで分かれることが多いです。

これは、胃の中に食べ物があることで、胃部エックス線撮影の際に正確な検査が出来なくなってしまうからです。

胃の中に内容物があることで、朝食が異物としてエックス線に映ってしまうため、朝食を食べない状態で検査を受ける必要があります。


●健康診断が午前の場合

健康診断が午前中の場合、基本的に朝食を食べられません。

コップ1杯程度の水であれば摂取可能の場合もありますが、ガムやアメも禁じられています。

胃液が出ることで、正確な検査が出来なくなることがあるからです。


●健康診断が午後の場合

健診機関のルールによりますが、検査のおよそ8時間前までであれば朝食を食べても良いとされていることもあります。

ただし、その際にも食パンなど消化の良い物を食べることが指定されることが多いです。

健康診断当日の朝食では、以下の食べ物を避けるようにしましょう。


●健康診断 当日の朝食で避けるべき食べ物の例

・マーガリン、バター

・牛乳

・チーズ

・砂糖入りのコーヒー

・果肉入りのフルーツジュース など


健康診断の前日・当日にタバコの喫煙はNG

康診断の前日にはタバコを吸わないことが推奨されていますし、健康診断当日の検査前ももちろんNGです。

その理由は、健康診断の前に喫煙することで、血圧が上がることや、血液検査、心電図検査に影響を及ぼす可能性があるからです。


健康診断前日と当日の「NG行為」まとめ

  • 健康診断の前日はお酒を飲まない
  • 健康診断を控えているなら「○時間前までなら飲酒OK」という考えは避ける
  • 健康診断の前日から当日は禁煙する
  • (健康診断が午前の場合など)健康診断の前は朝食を食べない
  • (健康診断が午後の場合など)健康診断の当日は、8時間前までに朝食を済ませ、消化の悪いものは食べない

一般的な健康診断のルールを紹介しているものですので、詳細については受診する健診機関に問い合わせ、必ず確認してください。

以上、健康診断の「前日と当日」のルールと注意事項について紹介しました。

健康診断の結果は、基本となる健康の情報ですので、ぜひ正確な結果を得られるようにしてください。

健康診断の種類や費用については、以下の記事で詳しく解説していますので、こちらもご覧ください。


■よく読まれている関連記事■

  【2021年】健康診断ってどんな種類があるの?費用は?実施前のよくある疑問を解説! 2021年1月5日最終更新-「新型コロナウイルス、健康診断の受診延期は可能?」健診の内容、対象者、費用についてなど、会社の健康診断を実施する際の「よくある疑問」を解説します。 エムステージ 産業保健サポート
  定期健康診断の費用は会社負担?健診の種類・項目・義務内容のおさらい 企業が実施を義務付けられている健康診断にはいくつかの種類がありますが、特に定期健診は、職種や規模に関わらず、最低でも年1度の実施が必要です。定期健診の実施にはどれほどの費用がかかるのでしょうか。確認してみましょう。 エムステージ 産業保健サポート
  再検査受けてる?健康経営マンガ:ねぎま産業(株)第11回 「かれこれ1年近く健康経営取り組んでるのに、健康になってる気がしない…。」そう苦悩する会社があった。その会社の名は、ねぎま産業(株)。健康経営を頑張りたい、だけどちょっとずれている。働くトリたちの奮闘記。今回のテーマは「定期健康診断」。 エムステージ 産業保健サポート


サンポナビ編集部

サンポナビ編集部

企業の産業保健を応援する『サンポナビ』編集部です。産業医サポートサービスを提供している株式会社エムステージが運営しています。 産業医をお探しの企業様、ストレスチェック後の高ストレス者面接でお困りの企業様は、ぜひお問い合わせボタンからご相談ください。

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


【2021年】健康診断ってどんな種類があるの?費用は?実施前のよくある疑問を解説!

2021年4月23日最終更新-「新型コロナウイルス、健康診断の受診延期は可能?」健診の内容、対象者、費用についてなど、会社の健康診断を実施する際の「よくある疑問」を解説します。

健康診断結果は会社の誰が見られる?再検査は強制?よくある6つの疑問を解説

2021年3月4日最終更新ー健康診断の結果は誰が見ることができるのか?会社に求められる健康診断後のフォローは?など実施後のよくある疑問を解説します。

〈産業医コラム〉10月1日はピンクリボンデー

ピンクリボンは、乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の重要性を伝えるために世界共通で用いられているシンボルであり、毎年10月1日はピンクリボンデーとされています。乳がん健診の重要性について産業医の福内雅子先生が解説します。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)