〈産業医コラム〉腸内環境を整えて健康長寿を目指しましょう!


解説:産業医 松井 歩

腸内フローラとは?

われわれの身体には、数100兆個、重さにして1~2kgの細菌が常在しています。

細菌は皮膚をはじめとして、消化管、呼吸器系、口腔、膣などの「体の内側」を含めたあらゆる体表面に存在し、それぞれの場所に固有のバランスを保って定着しています。

中でもその数、種類とともに最も豊富なのが消化管になります。ヒトの腸管、主に大腸には約1,000種類、100兆個にも及ぶ腸内細菌が生息し、腸内フローラ(腸内細菌叢)と呼ばれています。

腸内細菌には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類があり、それぞれ作用や体に与える影響が異なります。

善玉菌は消化吸収の補助や免疫刺激など、健康維持や老化防止に影響がある菌です。反対に悪玉菌は身体に悪い影響を及ぼすとされています。

腸内細菌で一番多いのが日和見菌です。日和見菌は、腸内で善玉菌が優勢の場合は善玉菌の味方となり、悪玉菌が優勢の場合は悪玉菌を応援します。

そのため、悪玉菌が増えて腸内環境が悪化すると、日和見菌も悪玉菌の応援団となり、ますます腸内環境が悪くなるという悪循環に陥ってしまうのです。

善玉菌:悪玉菌:日和見菌は2:1:7の割合となるのが理想的だといわれています。しかし加齢や乱れた食習慣などによる影響で、理想的な腸内環境を保つことは難しいのが現実です。


腸内フローラと疾病

悪玉菌はたんぱく質や脂質が中心の食事、不規則な生活、各種ストレス、便秘などが原因で腸内に増えていきます。

悪玉菌が増加し、悪玉菌と善玉菌のバランスが崩れた状態はディスバイオーシスと呼ばれます。このディスバイオーシスは炎症性腸疾患や過敏性腸症候群などの消化器疾患のみならず、非アルコール性脂肪肝炎、肥満、糖尿病、パーキンソン病、関節リウマチ、さらには自閉症など、さまざまな疾患との関連が指摘されています。

いずれの疾患においても、腸内フローラが健常者と比べて著しく変化していることが知られています。

一方、健康的な腸内細菌は、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が優勢であり、その他の菌ができるだけ劣勢である状態です。

善玉菌は乳酸や酢酸などを作り、腸内環境を酸性に保つことによって、悪玉菌の増殖を抑えるとともに、食中毒菌や病原菌が腸管から侵入するのを防いでいます。

また、善玉菌は腸管からの病原菌の侵入を防ぐだけでなく、全身の免疫系にも関与し免疫細胞を活性化することで、感染症予防効果を持つと言われています。


腸内の善玉菌を増やす方法

腸内の善玉菌の割合を増やす方法には、大きく分けて二通りあります。

まず一つめは、健康に有用な作用をもたらす生きた善玉菌である「プロバイオティクス」を直接摂取する方法です。

プロバイオティクスはヨーグルト・チーズ・納豆・漬物など、ビフィズス菌や乳酸菌を多く含む食品から摂取できるほか、プロバイオティクスを含むサプリメントからも摂取することが可能です。

一般的にこれらの菌は、腸内にある程度の期間は存在するものの、棲みつくことはないと言われています。そのため、プロバイオティクスは毎日続けて摂取することで、腸に絶えず補充することが推奨されています。

二つめは、腸内にもともと存在する善玉菌を増やす作用のある「プレバイオティクス」を摂取する方法です。

プロバイオティクスが微生物を指すのに対してプレバイオティクスは、①消化管上部で分解・吸収されない、②大腸に共生する有益な細菌の選択的な栄養源となり、それらの増殖を促進する、③大腸の腸内フローラ構成を健康的なバランスに改善し維持する、④人の健康の増進維持に役立つ、の条件を満たす食品成分を指します。

現在までに、オリゴ糖や食物繊維の一部がプレバイオティクスとしての要件を満たす食品成分として認められています。

また、オリゴ糖は大豆・たまねぎ・ごぼう・ねぎ・にんにく・アスパラガス・バナナなどの食品にも多く含まれていますので、これらの食材を食事に取り入れることで摂取できます。


腸は消化器官としての役割だけでなく、全身の健康のためにも重要な器官ですので、腸内環境を整えることは健康長寿への第一歩となります。

是非意識的にプロバイオティクス・プレバイオティクスを摂取して、腸から健康になりましょう。

【参考文献】

シリーズ腸内細菌叢Ⅰ モダンメディア60巻10号2014[腸内細菌叢] 307

第116回日本内科学会講演会 新時代の内科学の創造~分化と統合、そして融合へ~ 腸内細菌と消化器疾患

※文章出典:株式会社イーウェル「健康コラム」より寄稿

解説:松井歩

日本医師会認定産業医、日本内科学会専門医、日本腎臓学会専門医、日本透析医学会専門医

松井歩

松井歩

日本医師会認定産業医、日本内科学会専門医、日本腎臓学会専門医、日本透析医学会専門医

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


〈産業医コラム〉10月1日はピンクリボンデー

ピンクリボンは、乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の重要性を伝えるために世界共通で用いられているシンボルであり、毎年10月1日はピンクリボンデーとされています。乳がん健診の重要性について産業医の福内雅子先生が解説します。

〈産業医コラム〉暑い季節のその疲れに、「3つのR」のススメ

日本の夏は高温多湿であり、環境要因によるストレスが大きくなります。このため、多くの人にとって心身の調子を崩しやすい時季。自身では大したことがないと思う程度であっても、改善せずに積み重なると業務へ支障をきたすこともしばしば。産業医の榊原亙先生がストレスフルなこの時季を乗り切るための対処法を紹介します。

〈産業医コラム〉一挙両得!?こんなお得なことがあっていいの?

健康の維持だけでなく、精神衛生にも好影響をもたらしてくれる「運動」について、産業医の竹下渓先生が解説します。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)