テレワーク社員の対応に特化した「産業保健 メンタルヘルス関連情報サイト」の活用法

新型コロナウイルス感染症の拡大によって大きく変わったわれわれの「働き方」。

その代表的なものが「テレワーク」でしょう。

企業には新しい働き方の中で、適切な「健康管理」「労務管理」を行うことが求められていますが、課題に感じている企業も多いはず。

そんな中、課題解決に向けたセミナー情報などを発信するサイト「産業保健 メンタルヘルス関連情報サイト」がオープン。

「産業保健 メンタルヘルス関連情報サイト」特長や活用方法についてまとめました。


目次[非表示]

  1. 1.テレワークの急増。企業に求められているメンタルヘルス管理とは
    1. 1.1.テレワーク社員のメンタルヘルス対応の基礎がわかる
  2. 2.テレワーク社員のメンタルヘルス対応に効果的「産業保健 メンタルヘルス関連情報サイト」の特長と活用方法
    1. 2.1.サイトの特長は、専門家による「テレワーク社員のメンタルヘルス対応」のセミナーが聴けること
    2. 2.2.人事労務・衛生担当者にとって有用なメンタルヘルスの情報がアップデートされていく
  3. 3.「3ステップ」すべてWEBで完了!課題の発見とサイトの活用法
    1. 3.1.〈3ステップ〉サイトの上手な使い方
    2. 3.2.メンタルヘルス対応に関する情報がアップデートされる


テレワークの急増。企業に求められているメンタルヘルス管理とは

テレワーク社員のメンタルヘルス対応の基礎がわかる

新型コロナウイルス感染症の拡大は、われわれの「働き方」に大きな変化をもたらしました。

テレワーク(リモート)の導入が急増し、今後はこれらの働き方がスタンダードになることも予想されます。

一方で、新しい働き方の導入には、新しい健康管理も必要となるので注意が必要です。

具体的には、テレワークの導入によって、これまで職場で見ることができた社員の健康状態が見えづらくなることが挙げられます。

実はこの状況、メンタルヘルス不調による休職・離職リスクが発生しやすい環境でもあるのです。


そんな中、課題を抱えている人事・労務担当者向けに「産業保健 メンタルヘルス関連情報サイト」が開設されました。

このサイトは、産業医や臨床心理士といった専門家によるセミナーを通じて、これからの産業保健活動に必要な情報を提供するものです。

このサイトで出来ることや、解決できる課題について紹介します。



テレワーク社員のメンタルヘルス対応に効果的「産業保健 メンタルヘルス関連情報サイト」の特長と活用方法

サイトの特長は、専門家による「テレワーク社員のメンタルヘルス対応」のセミナーが聴けること

では「産業保健 メンタルヘルス関連情報サイト」でできることはどのようなことでしょうか?

同サイトの特長として「専門家のセミナーが無料で受講できる」ということが挙げられます。

そして、セミナーではテレワークの導入によって管理が難しくなったメンタルヘルスの対応法について学ぶことが可能です。

その他、メンタルヘルス対応に効果的な各種の資料がダウンロードできるようになっています。

このように、基本的なサービスに関してはすべて無料で利用できるようになっているのが大きな特長です。


人事労務・衛生担当者にとって有用なメンタルヘルスの情報がアップデートされていく

「産業保健 メンタルヘルス関連情報サイト」は、企業の経営者や代表者の方はもちろん、人事・労務ご担当の方や衛生担当の方など、多くの方が利用していただけます。

具体的な活用方法として「産業保健 メンタルヘルス関連情報サイト」で公開されている資料などをダウンロードしていただき、社内の会議や衛生委員会で活用する、という方法があります。

また、社内の討議で解決に至らなかった課題については、産業保健コンサルタントに相談することも可能となっています。

このようにして「産業保健 メンタルヘルス関連情報サイト」を活用していただき、テレワーク社員の健康管理・労務管理の課題解決の「近道」になることが期待できます。


「3ステップ」すべてWEBで完了!課題の発見とサイトの活用法

〈3ステップ〉サイトの上手な使い方

「テレワークを導入したけれど、適切な健康管理ってどうすればいいの?」

「テレワーク社員のメンタルヘルスが気になるけれど、そもそも何から手をつければ良いのかわからない」

というお悩みを抱える方も多くいらっしゃると思います。

そんな時は、まず自社で抱えている健康管理の課題を発見することが対策への第一歩となるでしょう。

「産業保健 メンタルヘルス関連情報サイト」を最大限に活用するための「3つのステップ」を紹介しますので、確認しておきます。

●ステップ1

オンラインセミナーに参加して自社の課題を発見する

メンタルヘルス対応をすすめるにあたって「何から手を付けてよいかわからない」という方は、まず専門家によるWEBセミナーにご参加いただくことをおすすめします。

そこで、不足している施策・課題を見つけることが大切です。


●ステップ2

課題や疑問を相談してみる

発見した課題に対して、相談できる場を提供しています。

WEBで相談することも可能になっていますので、ぜひご活用ください。


●ステップ3

資料をダウンロードして実務に活かす

「対策についてもっと深く知りたい」という方は、関連資料をダウンロードすることもできます。

現在、無料にて公開しておりますので、衛生委員会や社内の会議などで活用してください。


メンタルヘルス対応に関する情報がアップデートされる

「産業保健 メンタルヘルス関連情報サイト」では、テレワークやメンタルヘルス対応に関する情報を順次アップデートしています。

「他社ではどのような対策を行っているのか」

「どんな活動をすることが効果的なのか」

など、メンタルヘルスの専門家が的確な情報を発信します。

働き方の変化によりメンタルヘルス不調が起きている例や、生活習慣の乱れについては連日ニュースになっています。

今後、企業にとって適切な健康管理が一層重要になりますので「産業保健 メンタルヘルス関連情報サイト」を活用し、事前の対策を行っておきましょう。

■「産業保健 メンタルヘルス関連情報サイト」のサイトへ移動する



\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


【解説】1,000以上の企業にダウンロードされた「コロナ対策」マニュアルとは?

2021年1月14日最終更新ー首都圏等で2度目の緊急事態宣言が発令し、職場においては、産業保健スタッフを中心に、より一層の新型コロナウイルス対策・予防に関するリテラシーを向上させることが大切です。本記事では、企業等から1,000件以上ダウンロードされた新型コロナウイルス対策のマニュアルを紹介します。

【2021年3月】改定されたテレワーク「新ガイドライン」ポイントと注意点

新型コロナウイルスの流行により普及した「テレワーク」。2021年3月には改定・公表された「新ガイドライン」におけるポイントと注意点について紹介します。

【後編】専門家に聞いた、職場のワークエンゲージメント向上に必要な活動とは

近年、注目が高まる「ワークエンゲージメント」をキーワードに、コロナ禍で重要となるメンタルヘルス対策について、専門家である臨床心理士の小林由佳先生にお話しを伺いました。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)