あなたの会社の産業医、「名義貸し」の状態になっていませんか?

2015年12月に始まった、50人以上の労働者がいる事業場で毎年1回の実施が義務付けられているストレスチェック制度。このストレスチェック義務化をきっかけに、産業医の実態が露呈したケースも少なくなかったようです。

今回は、産業医の実態と、今求められている産業医の理想像に迫ります。

​​​​​​​

<目次>

1.ストレスチェックや、高ストレス者への面接指導を担当しない産業医

2.「選任しているだけ」で、産業医が機能していない2つの理由

3.今、求められている産業医とは

4.産業医を、「健康経営の柱」に


ストレスチェックや、高ストレス者への面接指導を担当しない産業医

ストレスチェックの実施者や、高ストレス者への面接指導は、【事業場の実情を理解している産業医】が行うことが最も望ましいとされています。

実施結果をもとに面接指導や職場環境の改善をする上で、普段から事業場の様子を巡視している産業医の方が、実態にあった提言が可能なためです。

しかしながら、事業場が選任している産業医から、ストレスチェックの実施者になることや、高ストレス者の面接指導を断られるケースも少なくありません。


厚生労働省労働衛生課調べ(平成 29 年7月)のストレスチェック制度の実施状況によると

  • 事業場選任の産業医がストレスチェック実施者となった企業は僅か49.4%
  • ストレスチェックを実施した事業場のうち、高ストレス判定者に対して医師による面接指導を実施した事業場は32.7%
  • そのうち事業場選任の産業医が面接指導を担当したのは79.1%


事業場選任の産業医でも、5割のケースでストレスチェック実施者を担当せず、2割のケースで面接指導を担当していないという実態があります。


これは、産業医を「選任しているだけ」で、産業医が本来担うべき役割を十分果たしていると言えない状態だと言えます。

このように、ストレスチェックの義務化をきっかけに、産業医を「選任しているだけ」の状態を見直し、別の産業医の選任を検討し始める企業が増えてきています。


「選任しているだけ」で、産業医が機能していない2つの理由

厚生労働省が公表した平成28年度の「過労死等の労災補償状況」によると、精神障害に関する労災件数は過去最大の請求1,586件、認定498件となりました。

労働者のメンタルヘルスは、無視できない喫緊の課題です。

「健康経営」や「働き方改革」というキーワードをよく耳にするように、国としても企業のメンタルヘルス対策には力を入れていく方向性が見られます。


それでもなお、メンタルヘルス対策の鍵を握る産業医が、依然としてうまく機能していないことが多い背景には何があるのでしょうか。

要因として【実務ができる産業医の不足】と【企業側が産業医を活用する姿勢の不足】という、産業医側と企業側双方の問題が考えられます。


実務ができる産業医の不足

産業医の中には、メンタルヘルスは専門外だからと業務を断ってしまうケースや、ストレスチェックなどの新しい制度に対応しきれるか分からず引き受けていないケース、医師として臨床が忙しく産業医の仕事と両立できていないケースなどが存在します。

厚生労働省の資料(現行の産業医制度の概要等)によると、産業医の養成研修・講習を修了した医師は約9万人いますが、実働しているのは推計約3万人程度です。


企業側が産業医を活用する姿勢の不足

一方で、企業側の「選任していればいい」という姿勢も大きな問題です。

「法規定されているため」、「罰則金を払わないようにするため」、「安全配慮義務違反にならないようにするため」にとりあえず選任しているという、いわゆる「名義貸し」という状態に陥ってしまうケースも少なくありません。

労務リスクへの対策はもちろん、労働者の健康管理や生産性向上のために戦略的に企業側が産業医を活かす姿勢が必要不可欠です。


今、求められている産業医とは

産業医とは、労働者の健康管理等を行う専門の資格を持った医師のことです。労働安全衛生規則によって職務内容などが規定されていますが、その実態は大きく異なります。

例えば、通常月に1回以上の作業場の巡視が規定されていますが、数ヶ月間産業医が事業場に来ないというケースも多くあります。

産業医としての役割や実務を行なっていない状態を「当たり前」だと思ってしまっている方や、産業医が何をしているのか分からないという方もいるのではないでしょうか。


ストレスチェック義務化など新しい制度も増える中で、今、企業から求められる産業医は、組織や制度の変化に適応し、労働者の健康管理に熱意をもって取り組む意志を持った産業医であると言えます。

例えば、ストレスチェック制度であれば、安全衛生委員会で事業場にあう形でストレスチェックの運用方法をしっかり議論し、決定する。

ストレスチェックの質問項目を事業場にあった形にカテゴライズして提言し、効果的にストレスに関する知見を得て、職場環境の改善をしていく。などといった工夫を積極的に行うべきでしょう。


産業医を、「健康経営の柱」に

厚生労働省としても、産業医の選任強化や、ストレスチェック義務化など、メンタルヘルス対策を推進しています。

「選任しているだけ」の状態から、産業医を「健康経営の柱」として活用していくための第一歩として、まずは産業医について理解を深め、選任している産業医の職務内容を確認してみましょう。



▼関連記事▼

産業医の選任が義務になるのは、どのタイミングから?

「企業にはびこる、名ばかり産業医」 挑発的な書籍タイトルの真意は ?​​​​​​​

産業医を探すにはどんな方法がある?メリット・デメリットを解説します

産業医選任に必要な書類と届出は?

産業医の見つけ方 ~「紹介」「業務委託」「派遣」の違いとは?

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


【フォーマット有】産業医”契約書”とは?直接雇用・業務委託の違いと契約時の注意点

2021年7月12日最終更新:本記事では直接雇用・業務委託といった産業医との「契約形態」をはじめ「契約書」の記載事項とフォーマットを紹介します。

【10項目で見る】産業医とは?仕事内容・役割・臨床医との違いを解説

2021年7月13日最終更新-近年、注目が高まる「産業医」の仕事とは具体的に何なのでしょうか?産業医になるための要件・臨床医との違い等についてまとめて解説します。

〈企業事例:株式会社ABEJA〉産業医とともに「働き方」の変化に対応

AIの社会実装事業を行う株式会社ABEJAはエムステージの「産業医サポートサービス」を導入し、産業保健体制を構築しています。「働き方」の変化や産業医との連携について、同社の管理・人事責任者の森田潤也さんにお話しを伺いました。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



産業医のオススメ記事

業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



業保健のオススメ資料


新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)<企業向け>
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


生委員会のオススメ記事


令対応のサービスを提供


部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


ンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)