〈神山昭男先生に聞く〉企業の人事・産業医は「職場のメンタルヘルス問題」とどう向き合うべきか

職場におけるメンタルヘルス不調者の対策は大きな課題となっており、その対応について悩みを抱える企業の担当者も多い。

今回は精神科の専門医であり、長年産業医としても活躍する神山昭男先生へのインタビューを通じ、企業の担当者と産業医が取り組むべきメンタルヘルス不調対策についてお話を伺いました。


メンタルヘルス問題の存在に気づき、適切に対処することが大切

解説:神山昭男 先生

精神科医。産業医。医療法人社団桜メデイスン有楽町桜クリニック院長。

日本産業精神保健学会理事、 第28回大会長。日本精神神経科診療所協会副会長。東京精神神経科診療所協会前会長。日本産業保健法学会理事。日本産業ストレス学会第24回大会長。日本精神神経学会第115回総会副会長。


職場メンタルヘルス不調対策について、企業はどのように対応すべきでしょうか。

職場のメンタルヘルス問題を解決するためには、産業医と人事労務担当者がその分野に理解を深め、慎重かつ丁寧に取り組む必要があります。

ひと口に職場のメンタルヘルス問題と言いましても、その内容・要因には様々なものがあり、解決には産業医と人事労務担当者の緊密な連携が欠かせません。

例えば、「問題社員」と呼ばれる社員がいるようなケースでは、メンタルヘルス問題の存在が行動に影響を及ぼしていることもあります。

問題社員は「業務指示をきちんと守らないことが多い」、「何度も遅刻や忘れ物をしてしまう」といった行動が目立つことで、しばしばトラブルを生んでしまう。

しかし、問題を起こす社員を医学診断すると発達障害などの精神医学的な病状を抱えているケースもあり、そのような場合には診断と治療の要否の検討が必要になります。この対応が企業での適切な対応となり、解決の手がかりとなります。

ですので、企業の人事労務担当者や上長、そして産業医それぞれが情報とその見解を持ち寄り、連携を行うことによってこの課題を解決しなければならないのです。


職場のメンタルヘルス問題には、まず要因を知ることが重要になりますね。

発達障害が疑われる社員の中には、社内で「仕事ができない人」や「トラブルメーカー」だと判断されていることがあります。

また、こうした社員に対して、上長は何度も指導や注意を行うことがあるため、そのうちにパワーハラスメントもどきになってしまうといったケースが多く、これが社員本人や上長のストレス要因にもなるのです。

それだけでなく、これらの人間関係に携わる人事労務担当者にも負担がかかることで、職場のメンタルヘルス問題が生まれます。

こうしたことから、まずは職場における労務問題の根底にある健康面の要因の存在について、上長や人事担当者が、見えないからと言って見逃さず、気づくことが対応の第一歩となります。

上長・人事労務担当者が専門家に頼らず、独自の判断で配置転換や退職勧奨を行う等の排他的扱いをしてしまうと安全配慮義務違反になりかねません。是非、産業医を通じて精神科専門医への相談、受診につなげてください。


上長や人事労務担当者がこうした問題に気づくための要点と、その後の対応についても教えていただけますか。

発達障害に関する気づきの一つには、社員の行動面、対話面、学習面の特徴があります。

例えば、上長からの指導・警告の回数が多い社員、始末書を何度も提出しているような社員には注意が必要になるでしょう。

仕事での不注意が多く、感情的になりやすい傾向があるため、会社として対応に悩むケースについては、やる気がないことからくる不注意や怠慢、真剣さが足りないなどと単純に考えがちです。

そして、問題社員として扱い、排除する等の人事的な対応を行うケースもありますが、これは当該社員へさらなるストレス負担をかける可能性があり、企業にとっても訴訟などの重大なリスクにつながる恐れがあるのです。

発達障害などが疑われる社員に対し、誤った措置をとった企業が訴訟されるという判例も多く、訴訟に発展した場合には企業のイメージにも大きな影響を及ぼします。


精神医学について、産業医・人事労務担当者はもっと理解、認識を深めること

メンタルヘルス不調の社員について、どのような対応を行うべきでしょうか。

ここまで、職場のメンタルヘルス問題の要因についてお話しましたが、メンタルヘルス不調になってしまった社員への対応にも注意が必要です。

企業におけるメンタルヘルス不調者への対応などを見ますと、残念ながらメンタルヘルスはまだまだ軽視されている傾向にあると感じています。

しかし、不調が深刻化することは自殺などのリスクもあり、生命にかかわる疾患であるわけですから、企業と産業医は問題意識を持って、早期にこの対策へ力を注ぐことが期待されています。

企業の産業医はメンタルヘルス問題に関する一連の判断を行っているわけですが、実際は産業医が精神科以外の専門科である場合がほとんどですね。

救急医療に不慣れな医師が救急外来に携わると、的確な対応を求めるのは困難と誰しもが容易に想像がつくと思います。ですので、場合によっては似たようなことが起きてしまう。つまり、早期に適切な対応を行えず、問題が深刻化しまうリスクがあるのです。


メンタルヘルスに関する知見はどのように習得すれば良いのでしょうか。

人事労務担当者、産業医として、各方面からメンタルヘルスに関する情報やノウハウの収集を行うことは欠かせないでしょう。

例えば、過去の労働判例からメンタルヘルス関連、安全配慮義務違反に関する事件の重大性を知ることや、精神科専門医の講演等から学ぶことも有効です。

日本産業精神保健学会では、職域のメンタルヘルスに関する専門的な知識を得ることができますので、人事労務担当者、産業医、産業看護等の方はぜひ参加してください。

その他にも、精神科専門医が行う企業の担当者あるいは産業医向けのセミナーや講演があれば参加し、自主的に知見を増やすことが大切になります。

第28回日本産業精神保健学会のご案内

  〈2021年11月〉日本産業保健法学会の第1回学術大会が開催されます 2021年11月、第28回目となる日本産業精神保健学会が開催されます。今学会のテーマは「新型コロナ時代の健康と労働~産業メンタルヘルスに関わる課題とその解決を求めて~」。会期は11月20日、21日の2日間にわたり開催され、オンデマンド配信は11月20日~12月23日 エムステージ 産業保健サポート


最後に、部下を持つ上長や人事労務担当者、産業医にメッセージをお願いします。

職場のメンタルヘルス問題を解決するためには、企業の人事労務担当者や上長、産業医のそれぞれがメンタルヘルスに関する理解を深めること。

そして、問題があれば早期に連携して取り組める仕組みをつくることが大切です。

できれば、精神科医と企業とが関わりを持ち、サポートしてもらうことが対応策につながると考えます。

労務問題は労務対策で、という時代ではなく、健康面も含めた対応が必要な時代に入っています。

また、昨今のリモートワークが増えた職場では、社員のメンタルヘルス状態が見えづらい環境にもなってきており、新たな課題も出てきています。

メンタルヘルス不調の対策は、社員のみならず企業組織にとっても重大な課題であるとの認識で、人事労務担当者、産業医は取り組んでください。

神山昭男

神山昭男

精神科医。産業医。医療法人社団桜メデイスン有楽町桜クリニック院長。 日本産業精神保健学会理事、 第28回大会長。日本精神神経科診療所協会副会長。東京精神神経科診療所協会前会長。日本産業保健法学会理事。日本産業ストレス学会第24回大会長。日本精神神経学会第115回総会副会長。

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


〈後編〉12万件のメンタル相談に応えてきた専門家に聞く、コロナ禍のストレス対応法

横浜労災病院のメンタルヘルスセンター長として、20年間にわたりメール相談に応えてきた山本晴義先生にインタビュー。コロナ禍に必要なストレス対策についてお話しを伺いました。

〈前編〉12万件のメンタル相談に応えてきた専門家に聞く、コロナ禍のストレス対応法

不安の多いコロナ禍、個人・企業にはどのようなストレス対策が必要になるのか。横浜労災病院のメンタルヘルスセンター長として、20年間にわたりメール相談に応えてきた山本晴義先生にお話しを伺いました。

〈精神科医に聞いた〉企業と産業医はテレワーク社員のメンタルをどうケアすべきか

新型コロナウイルスの感染拡大によりテレワーク(在宅勤務)の数も急増。「コロナ鬱」が流行し、海外では家庭内暴力が増加しているようです。ストレスとの上手な付き合い方、企業や産業医の対応について、精神科医の吉野聡先生にお話をうかがいました。

◇メンタルヘルス対策の強化方法5選◇

強化①産業医の対応時間増加

メンタル不調者が増加した結果、産業保健業務が多すぎて産業医の対応時間が不足している状況ではありませんか?その場合、産業医の対応時間を増やすことで状況改善が可能です。2か月に1回なら毎月の対応に/60分の対応なら120分の対応に、月額費用を勘案して産業医の活動時間増加を検討してはいかがでしょうか?

▶産業医の対応時間増加を検討する

強化②産業保健師の選任

産業保健師が社内にいることで、幅広く産業保健活動を実施可能です。保健指導やメンタル予防の面談実施、健康診断に関する相談サポート/医療に関する気軽な相談窓口、社員の休職・復職対等です。産業医との同時活用で、充実の産業保健体制の構築が可能になります!

▶産業保健師の選任を検討する

強化③メンタルヘルス研修の実施

セルフケア研修の実施で、ストレスへの対処方法/怒りのコントロール方法/仕事へのモチベーションを高める方法等が学習できます。また、ラインケア研修で、ハラスメントの基礎知識や対応方法/アンガーマネジメント/職場環境の改善活動等を学べます。専門家による質の高い研修で、問題を予防しましょう!

▶メンタルヘルス研修の実施を検討する

強化④外部相談窓口の設置

外部に相談窓口を設置することで、心身の不調に関する悩みを社内の人に知られることなく専門家に相談する体制を構築できます。臨床心理士によるメンタルヘルスカウンセリングやハラスメント相談等の窓口設置で、メンタル不調の防止や突然の休職/離職に至る前にカバーすることが可能になります!

▶外部相談窓口の設置を検討する

強化⑤ストレスチェック結果活用

ストレスチェックは実施だけで終了していませんか?集団分析/コーピング/ストレスマネジメント可能なストレスチェックに変更することで、結果を活用してストレス反応を改善することが可能です。高品質なストレスチェックへの切り替えして、問題解決を図ってはいかがでしょうか?

▶結果活用できるストレスチェックを検討する
「メンタルヘルス対策のどれが自社に最適かわからない」「オススメの産業保健サービスを提案してほしい」「イチから産業保健体制を構築しなおしたい」等、メンタルヘルス対策の強化でお困りの際は、お気軽にエムステージにご相談ください!

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医オススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○衛生委員会オススメ記事


○法令対応サービスをご提供


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)