テレワークガイドライン改定~厚労省のチェックリストを活用して作業環境管理を~

日本医師会認定産業医
労働衛生コンサルタント
岩城聡子

目次[非表示]

  1. 1.テレワークのガイドライン改定
  2. 2.テレワークの課題
  3. 3.テレワーク形態別特徴
  4. 4.在宅勤務における適切な作業環境

テレワークのガイドライン改定

新型コロナウイルス感染症の世界的な流行が続いています。

日本国内でもコロナ対策の一環としてテレワークの導入が加速しましたが、そのメリットとデメリットについては十分に振り返る余裕がなかった企業も多いと思います。

厚生労働省はテレワークガイドラインの改定とともに、事業者向けに「テレワークを行う労働者の安全衛生を確保するためのチェックリスト」を、従業員に対しては「自宅等においてテレワークを行う際の作業環境を確認するためのチェックリスト」を策定しました。

参考:テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン


テレワークの課題

今回はテレワークのメリットとデメリットを改めて振り返り、厚労省が改定したガイドラインならびに一連のチェックリストに触れたいと思います。

テレワークで働く人にとってのメリットとしては通勤時間の削減、業務の効率化、時間外労働の短縮、育児・介護と仕事の両立改善などが挙げられます。

一方、事業者にとってのメリットには業務効率化による生産性向上や育児・介護を理由とする従業員の離職防止、遠隔地の優秀な人材確保、オフィスコストの削減があります。

ただ、テレワークの問題や課題として労働時間の管理が難しい、長時間労働になりやすいという点が挙げられるでしょう。


テレワーク形態別特徴

テレワークは在宅勤務、サテライトオフィス勤務、モバイル勤務という3つの形態に分けられます。

在宅勤務の特徴は通勤の必要がなく、仕事と家庭の両立が実現しやすい一方で、作業環境にばらつきが生じやすい点があります。

サテライトオフィス勤務は通勤時間を短縮しつつ、作業環境が整った場所で就労が可能です。

モバイル勤務は移動時間を活用できるなど働く場所を柔軟にすることで業務の効率化を図ることができます。


在宅勤務における適切な作業環境

在宅勤務の適切な作業環境については下図が参考になります。

日頃から作業環境管理に関わっている産業保健スタッフにはよく知られている情報ではあるものの、照度の測定などには難しさもあります。

令和3年3月のテレワークガイドライン改定によって、上図の内容を簡単に確認することができるチェックリスト(000770194.xlsx (live.com))が策定されました。
このチェックリストを使用することで在宅勤務に関連する作業環境管理の不十分な点が可視化され、改善を図るきっかけになると思います。

チェックリストの確認項目があまり多くないことも導入しやすい点と言えるでしょう。

また、事業者向けのチェックリスト(000770193.xlsx (live.com))では作業環境管理や作業管理だけでなく、健康管理、メンタルヘルス対策、安全衛生教育、安全衛生管理体制など多岐にわたる内容を項目別に確認できるようになっています。

テレワーク導入で在宅勤務になった従業員の安全衛生の確保に有効なツールと考えられるでしょう。


文章出典:株式会社イーウェル「健康コラム」より寄稿


参考文献

厚生労働省テレワークの適切な導入および実践の推進のためのガイドライン

厚生労働省自宅等でテレワークを行う際の作業環境整備


岩城聡子

岩城聡子

獨協医科大学総合診療科、日本医師会認定産業医、日本循環器学会専門医。関東で嘱託産業医および内科医として勤務

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


2021年:労災認定基準が改正「過労死ライン」に企業はどう対応する?

毎年11月は「過労死防止啓発月間」です。2020年は新型コロナウイルスの流行によって働き方にも大きな変革があり、リモートワークでの過重労働対策も課題になっています。過労死を防ぐために個人・企業が知っておきたいことをまとめました。

〈企業事例〉産業医との活動で、社員のヘルスリテラシーを向上

ナッツやドライフルーツ等の輸入・加工・販売を行う株式会社デルタインターナショナルが、エムステージのサービスを利用し産業医を選任。求めていた産業医や取り組んだ健康管理体制の強化等、産業保健活動についてインタビューしました。

【2021年3月】改定されたテレワーク「新ガイドライン」ポイントと注意点

新型コロナウイルスの流行により普及した「テレワーク」。2021年3月には改定・公表された「新ガイドライン」におけるポイントと注意点について紹介します。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)