〈産業医コラム〉体温について


労働衛生コンサルタント、日本医師会認定産業医、社会医学系専攻医、産業衛生学会専攻医

中澤祥子

発熱の定義は37.5℃。高熱は38.0℃以上

新型コロナウイルス感染症が再度増加しており、不安な日々を送られている方々も多いかと思います。さて、新型コロナウイルス感染症を疑う症状として、最も重要視されているものはなんでしょうか? そうです、発熱です。

今日は体温についてお話させていただきます。

今は飲食店や小売店でも非接触型の体温計で計測しており、以前よりも体温を計測する機会が多くなったのではと思います。

また、出社の基準について体温を1つの目安としている企業様も多いのではと思います。会社のリスク管理として、客観的な指標である体温はわかりやすいのでよく使われるかと思います。

国が定めている感染症法の発熱の定義は37.5℃以上、高熱は38.0℃以上です。


体温計の種類によって数値が変わる可能性も

ただ、もし高い値が出たとしても、1台の体温計では誤作動や疑陽性(本当は、発熱ではないのに発熱の基準値を超えている)の可能性も否定できません。体温計を変える、早朝に測り直す等の工夫をするといいでしょう。

前提として、100%体温計が信頼できる値にはなりません。特に、腋窩温(わきの下で測る体温計)は直腸温(手術などで使われる直腸に体温計を入れて計測する方法)よりも使いやすいものの、正確性が低いと言われています。

また、舌の下に体温計を入れる口腔温もありますが、腋窩よりも少し高めに出ると言われています。1つの研究結果では、腋窩温10分値で36.67±0.36℃、口腔温は36.96±0.28℃でした1)


発熱の有無だけでなく、体調不良であれば休養を

さて、体温計が37.5度を示したり、37度ちょっとなど微妙な値を示したりした場合に、皆さん不安になるのではと思います。

しかし、そもそも人の体温は早朝が最も低く、夕方は高めです。さらに日内変動と言って0.5℃程度の日内変化があり、場合によっては1.3℃まで日内変動幅が広がると言われております2)

また、女性では月経前のタイミング(黄体期)や経口避妊薬内服中は0.5℃の体温上昇が見られるといいます3)

そのため、37℃台の体温が夕方頃に1回出たからといって、それ以外の風邪症状など体調不良が全くないのであれば、心配しすぎることはありません。

加えて、平熱に個人差があることから、平熱が低い方で36℃台後半になるとフラフラするという方もいると言います。個人差があるため、本人の体調不良の自覚が一番大事かと考えられます。

発熱があればもちろんですが、体調不良があるときは、発熱がなくても無理せずお休みしましょう。

体温計を販売しているテルモ株式会社のホームページ4)でも、体温について詳細に記載されていますのでご興味のある方はご覧ください。


参考文献

1)相原まり子、他 日本生気象学会雑誌,30(4), 159-168, 1993

2)SAPIRA’s Art & Science of Bedside Diagnosis 5th edition, 2019

3)金城光代、他 ジェネラリストのための内科外来マニュアル 第一版、2013、医学書院

4)テルモ株式会社ホームページ テルモ体温研究所 (terumo-taion.jp)

執筆者:中澤祥子(労働衛生コンサルタント、日本医師会認定産業医、社会医学系専攻医、産業衛生学会専攻医)

※文章出典:株式会社イーウェル「健康コラム」より寄稿





中澤祥子

中澤祥子

労働衛生コンサルタント、日本医師会認定産業医、社会医学系専攻医、産業衛生学会専攻医

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


〈産業医コラム〉PCR検査のこと、きちんと分かっていますか?

新型コロナウィルス感染症対策として、議論が続いているのが『PCR検査』ですが、PCR検査のこと、どれくらいご存知でしょうか?産業医の平井 康仁先生が解説します。

〈産業医コラム〉新型コロナウイルスワクチンに関する基本情報

新型コロナウイルスのワクチンに関する基本情報について、産業医の松本理先生が解説します。

〈産業医コラム〉新型コロナウイルス対策、信頼できる情報はどこで入手するべきか

情報過多の時代における「正確な情報収集」の方法について解説します。「日本産業衛生学会」「日本渡航医学会」など、企業の人事担当者や産業保健スタッフが知っておきたい機関を紹介。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)