〈無料オンラインセミナー〉「企業事例×55 万人のストレスチェック結果から考えるコロナ禍 3 年目に向けた 《新》メンタルヘルス対策」―日本生命保険・ニチレイが登壇―

事業場向け産業保健支援を提供する株式会社エムステージと、人材の“採用”から“定着”、その先の“活躍”までを支援する人材サービス事業を展開する株式会社ヒューマネージが、人事労務・健康経営ご担当者様向けの無料オンラインセミナーを2022年2月15日(火)と2月18日(金)に開催します。


新型コロナウイルスの発生からおよそ2年が経過し、多くの企業と働く人がニューノーマル時代の緊張や疲れなど、何らかのストレスを抱えている状態が続いています。

本セミナーでは2021年度に実施された55万人のストレスチェックの分析結果から、「コロナ禍2年目における働く人のストレスが、どのような影響を与えているのか」をデータに基づきご報告します。

また、精神科医・産業医の堤 多可弘氏による特別講演、企業2社様による健康経営推進の取り組み事例のご紹介を頂きます。


ストレスチェック大規模分析の結果と、先進的な2社の取り組み事例をご紹介

●セミナープログラム

・企業による健康経営への取り組み事例のご紹介
 株式会社ニチレイ、日本生命保険相互会社 (50音順・敬称略)

・55万人のストレスチェック分析報告
 コロナ禍2年目、働く人の心の健康はどうなったか?(コロナ禍1年目との比較)
 「テレワーク組」と「出社組」の比較分析(特徴的な項目など)
 ストレス「良化」企業と「悪化」企業の特徴とは ほか

・精神科医・産業医による特別講演
 『コロナ時代のメンタルヘルス対策』~企業のコミュニケーション3.0~
 堤 多可弘氏(VISION PARTNERメンタルクリニック四谷 副院長/精神科医・産業医)


●開催概要

日時:2022年2月15日(火)/2月18日(金)各日12:00-14:00(両日共に同内容となります)
開催方法:オンラインセミナー
参加費用:無料

備考:セミナープログラムは予定であり、変更の場合がございます。
   お申し込み受付後、視聴方法に関するメールを配信させていただきます。


>セミナーのお申込みはこちら



ストレスチェック『Co-Labo』について

『Co-Labo』は、2002年、4万人以上のデータをもとに開発されたストレスチェックです。

現在のストレス状態、ストレスの原因を測定するだけでなく、人材開発、健康経営に役立つ独自の視点が評価され、大手生命保険会社、メガバンクをはじめ、業界・規模問わず1,200社以上の企業に導入されています。(「HRアワード2019」入賞、第8回日本HRチャレンジ大賞《奨励賞》受賞。)
「Co-Labo」の詳細・サービスページはこちら

関連記事


\導入数1,900事業場!/エムステージの産業保健サービス

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料