【2021年6月】職域接種で注目される「企業内診療所」設置・開設で知っておきたいこと

最終更新日:2021年6月18日

新型コロナワクチン職域接種に関するニュースとともに注目される「企業内診療所」。

ワクチン接種が可能な医師人材の確保・提供を行う株式会社エムステージには、企業内診療所の設置・開設に関する問い合わせが急増しています。

本記事では、職場内診療所を設置・開設する際に知っておきたいことを紹介していますので、事前にチェックしておきましょう。


目次[非表示]

  1. 1.企業内診療所とは?設置・開設するメリットとデメリット
    1. 1.1.ワクチンの職域接種で注目される「企業内診療所」とは
    2. 1.2.企業内診療所を設置するメリットとデメリット
  2. 2.企業内診療所を設置・開設する際のルールと届出
    1. 2.1.職域接種のために企業内診療を開設・設置する際のルール
    2. 2.2.企業内診療所を開設・設置する際の届出は?
  3. 3.企業内診療所を開設・設置する際の注意点
    1. 3.1.企業内診療所を開設・設置する際の注意点①
    2. 3.2.企業内診療所を開設・設置する際の注意点②


企業内診療所とは?設置・開設するメリットとデメリット

ワクチンの職域接種で注目される「企業内診療所」とは

職域接種の会場として企業から注目される「企業内診療所」。

企業内診療所とは、その名の通り企業の中に設置される診療所のことであり、医師が医療行為を行うことが可能な施設です。

主に大企業(大規模な事業場)において設置されていることが多く、従業員の少ない中小規模の企業に企業内診療所が設置されているケースは少ないと言われています。

企業内診療所には医師や看護師が在籍し、従業員の体調不良等に対応することで、健康を確保する役割を持っています。

また、企業によって診療所の規模や設備の内容はさまざまであり、最低限の設備で運営されている企業内診療所もあれば、薬剤師を配置し、薬の処方にまで対応する場合もあります。


企業内診療所を設置するメリットとデメリット

企業内診療所は、従業員やその家族の健康保持を目的とした福利厚生の施設です。

よって、企業内診療所の設置により、従業員がすぐに診察を受けられることは大きなメリットになります。

一方で、企業内診療所を運営することにはコストがかかるため、あまり診療所が活用されていない場合等では、事業者にとって費用面のデメリットが発生します。

また、営利を目的として企業内診療所を設置・運営することは原則的に禁じられています。

こうした理由もあり、企業内診療所の運営コストを削減するため、大企業であっても閉院を選択するケースも増えているようです。

しかし昨今、新型コロナウイルスワクチンの接種会場として、新たに企業内診療所を開設するケースも登場しています。



企業内診療所を設置・開設する際のルールと届出

職域接種のために企業内診療を開設・設置する際のルール

企業内診療所を開設する際には、いくつかの基準を満たしていることと、適切に届出を出す必要があります。

ですので「今日からここが会社の診療所です」という風に企業内診療所を開設し「ここで職域接種を実施します」とすることはできません。

診療所の設置に関しては医療法(第7条第1項)にて、施設の管理者として医師等を指定することを定めています。

また、医師や歯科医師、助産師以外の者が診療所を開設する場合には、都道府県知事の許可を得ていなければなりません。

しかし、医療法上の臨時的な措置として、そのルールが一部変更され「職域接種のための診療所の開設」であれば比較的容易に診療所を開設することが可能になりました。


●医療法第7条(一部改変)

医師および歯科医師以外の者が診療所を開設しようとするとき、または助産婦でないものが助産所を開設しようとするときは、開設地の都道府県知事の許可を受けなければならない。


企業内診療所を開設・設置する際の届出は?

医療法の臨時的な措置については、厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症に係るワクチンの迅速な接種のための体制確保に係る医療法上の臨時的な取扱いについて」にて、詳細が確認できます。

この臨時措置では、職域単位でのワクチン接種を目的とし、新たに一時的に開設される診療所、つまり「職域接種診療所」の設置について、届出に関するルール等を緩やかなものにしています。

具体的には条件を満たせば“医師、歯科医師等でなくても開設ができる”ことと、“開設の届出は事後でも可能になった”こと、そして、届出に必要な情報が簡略化されたことが挙げられます。

本来であれば医療法施行規則(第1条の 14 第1項又は第4条)により「敷地の面積及び平面図」「建物の構造概要及び平面図」「維持の方法」などを記した書類を用意する必要がありますが、届出に関し以下の4つのみを指定しています。

また、通常であれば診療所の開設から10日以内に届出を提出する義務がありますが、その点に関しても緩やかな変更がなされています。


●企業内診療所の開設届けに必要な情報

・開設者の住所及び氏名(法人であるときは、その名称及び主たる事務所の

所在地)

・名称

・開設の場所

・開設の予定年月

※届出は各都道府県に対し提出します。


企業内診療所を開設・設置する際の注意点

企業内診療所を開設・設置する際の注意点①

医療法の臨時措置によって、企業内診療所を設置する開設者が「適正かつ安全なワクチン接種に係る医療を提供するための法に規定する義務(施設・人員・構造設備基準、医療安全等)を行うことが可能である」と認められることを、都道府県知事等が確認する必要があるので注意します。

また、常勤する医師でなくとも職場内診療所の管理者となれますが「医師とは常時連絡を取れる体制を確保すること」と同時に、「医師がその責務を確実に果たせること」が求められています。

そして、医師に関する注意点として、職域接種により自院等で医療に従事しない場合には、医師自らが運営する医療機関において一時的に他の医師を確保する等の必要があります。


企業内診療所を開設・設置する際の注意点②

企業内診療所(職域接種診療所)を使って企業が利益を得ることは禁じられています。

例えば、取引先や下請け企業、あるいはその従業員の家族に対し、職域接種診療所にてワクチン接種を行うことは可能ですが、その際に料金を徴収すること等は禁止であるため気を付けましょう。

ですので、利益を目的とした事業として職域接種診療所を開設することもNGとなります。

また、ワクチンの職域接種が終了した場合、速やかに診療所の廃止届を提出することを忘れないようにしてください。

●注意点

ワクチンの職域接種に関しては日々情報が更新されますので、厚生労働省のホームページ等から最新の情報を入手するようにしてください。

職域接種を目的とした企業内診療所の開設について紹介しました。

今後、自社で職域接種を考えているものの「医師が確保できない」というお悩みがある場合には、医師紹介歴18年以上の実績を持つ株式会社エムステージにてご相談を受け付けておりますので、ぜひご活用ください。

●以下のバナーをクリック(エムステージのページに移動します)●

サンポナビ編集部

サンポナビ編集部

企業の産業保健を応援する『サンポナビ』編集部です。産業医サポートサービスを提供している株式会社エムステージが運営しています。 産業医をお探しの企業様、ストレスチェック後の高ストレス者面接でお困りの企業様は、ぜひお問い合わせボタンからご相談ください。

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


事例あり:従業員が新型コロナに感染したら、何日間で仕事に復帰できる?

2021年8月27日最終更新:ワクチンの接種が進んでいますが、感染者は増加傾向にあります。本記事では、感染判明した従業員が仕事に復帰するまでの日数や、企業における対応の流れ・フローについて、事例とともに紹介しています。

〈専門家に聞く〉新型コロナ「災害レベル」の現状~企業におけるBCPの重要性

2021年8月、新型コロナの感染拡大は「災害レベル」ともいわれています。社内からいつ感染者が出ても不思議ではない状況下、企業が取り組むべき準備、そしてBCPの重要性について、災害対策専門家の本田茂樹先生が解説します。

会場準備・人員確保は?「職域接種」のポイントをやさしく解説

2021年6月10日最終更新:新型コロナウイルス感染症、職域接種に関して企業が準備しておくことをまとめています。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)