〈産業医コラム〉ヘルスリテラシーについて

日本医師会認定産業医 社会医学系専門医制度専攻医
菊池 広大


今回はヘルスリテラシーについて書きたいと思います。ヘルスリテラシーの話を始める前に、コロナ禍でこんなニュースがあったことはご存知でしょうか。

イランで「アルコールを飲むと新型コロナウイルスの治療に効く」というデマが流行し、不幸にも27名の方が、密造酒を飲んで亡くなってしまったというニュースです。(*1
緊急事態においては、様々な情報が飛び交い、根拠のない情報を信じてしまうことがあります。

また、私たちが日ごろに接する情報の中にも、根拠のない情報が拡散することがあります。もしヘルスリテラシーがあれば、このような情報から身を守り、健康被害を防ぐことができるかもしれません。


出典:TBSテレビ「風をよむ」


ヘルスリテラシーとは

ヘルスリテラシーという言葉を聞いたことはあるでしょうか?
ヘルスリテラシーとは”健康情報を知り、理解して、評価して見極め、活用する個人の能力だけでなく、病院などへの受診のしやすさなど状況や環境の影響も含む概念”です。

ヘルスリテラシーが高い人はどのように考え、行動できるでしょうか?まず自分や家族の健康状態を把握することができます。その上でたくさんある情報の中から自分に必要な情報を選び、より健康になるための選択ができるでしょう。一人ひとりのヘルスリテラシーが高いことは健康経営を推進する基盤にもなります。

ヘルスリテラシーが不十分だと高血圧や糖尿病など慢性的な病気を管理しにくい。そしてその結果として入院しやすい。医療費が高い。医学的に問題の兆候に気づきにくい。職場で怪我をしやすい。死亡率が高いといった影響をもたらすことが明らかになっています。(*2


自分のヘルスリテラシーをチェック


5つの質問に、「強くそう思う5点」「そう思う4点」「どちらとも言えない3点」「あまりそう思わない2点」「全くそう思わない1点」で答えてください。(*3
だいたい平気点が3点台になると平均的なヘルスリテラシーと言えるようです(*4


具体的に何をすればいいのか?

では具体的にヘルスリテラシーを高めるためにどんなことをすればいいでしょうか?具体的に何をすればいいのかご紹介します。


①健診結果を確認

まずは自分やご家族の健康状態を知ることからです。健康診断の結果から自分やご家族の健康状態を確認しましょう。血圧や体重を測定して、日々の変化を確認し、いつもと違う点はないか考えてみることもいいでしょう。


②健康に関する情報は見極めなければ「か・ち・も・な・い」

健康に関する情報については「か・ち・も・な・い」の語呂合わせで見極めましょう。

「か」書いた人は誰か?個人の意見なのか。それとも組織のものか。組織と言っても何らかの利益を目的にしているものか、非営利・公的な組織かなどを確認しましょう。

「ち」違う情報と比較したか?賛成、反対双方の立場の情報を確認しましょう

「も」元の情報、根拠や一次資料を確認しましょう。どこから引用したものかが書かれているだけで、安心しないでください。意外と引用元を見てもそんなこと書いていないということがあります。

「な」なんのために書かれたか?広告目的の情報なのか確認しましょう。特にグラフなどは印象操作がされていないか要注意です。(グラフによる印象操作は日常にたくさん溢れており、ぜひ紹介したいところですが紙面の都合上割愛します。興味のある方は「詐欺グラフ」というキーワードで調べてみてください。)

「い」いつの情報か?古い情報で今では参考にならないということもあります。


③相談する力

信頼でき、相談できる「かかりつけ医」をもちましょう。また言いたいことや聞きたいことを事前にメモして整理しておくこともおすすめです。


■引用、参考資料
*1)2020年3月15日「風をよむ~インフォデミック~」
https://note.com/tbsnews_sunday/n/n42cae6a08b35

*2) 福田洋・江口泰正編著(2016)ヘルスリテラシー 健康教育の新しいキーワード 大修館書店

*3) Ishikawa H, Nomura K, Sato M, et al.: Developing a measure of communicative and critical health literacy : a pilot study of Japanese office workers, Health Promot Int, 23, 269-274(2008)

*4) 後藤 英子ら: 日本人男性労働者におけるヘルスリテラシーと生活習慣,主観的健康感との関連、受診勧奨該当者を対象に:日本ヘルスコミュニケーション学会雑誌2017,8(1):11-18


■菊池 広大【略歴】
日本医師会認定産業医、社会医学系専門医制度専攻医
金沢医科大学医学部卒業。
東北労災病院で臨床研修修了後、(株)リコー専属産業医となる。

※文章出典:株式会社イーウェル「健康コラム」より寄稿

菊池広大

菊池広大

日本医師会認定産業医、社会医学系専門医制度専攻医。金沢医科大学医学部卒業。東北労災病院で臨床研修修了後、(株)リコー専属産業医となる。

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


◇メンタルヘルス対策の強化方法5選◇

強化①産業医の対応時間増加

メンタル不調者が増加した結果、産業保健業務が多すぎて産業医の対応時間が不足している状況ではありませんか?その場合、産業医の対応時間を増やすことで状況改善が可能です。2か月に1回なら毎月の対応に/60分の対応なら120分の対応に、月額費用を勘案して産業医の活動時間増加を検討してはいかがでしょうか?

▶産業医の対応時間増加を検討する

強化②産業保健師の選任

産業保健師が社内にいることで、幅広く産業保健活動を実施可能です。保健指導やメンタル予防の面談実施、健康診断に関する相談サポート/医療に関する気軽な相談窓口、社員の休職・復職対等です。産業医との同時活用で、充実の産業保健体制の構築が可能になります!

▶産業保健師の選任を検討する

強化③メンタルヘルス研修の実施

セルフケア研修の実施で、ストレスへの対処方法/怒りのコントロール方法/仕事へのモチベーションを高める方法等が学習できます。また、ラインケア研修で、ハラスメントの基礎知識や対応方法/アンガーマネジメント/職場環境の改善活動等を学べます。専門家による質の高い研修で、問題を予防しましょう!

▶メンタルヘルス研修の実施を検討する

強化④外部相談窓口の設置

外部に相談窓口を設置することで、心身の不調に関する悩みを社内の人に知られることなく専門家に相談する体制を構築できます。臨床心理士によるメンタルヘルスカウンセリングやハラスメント相談等の窓口設置で、メンタル不調の防止や突然の休職/離職に至る前にカバーすることが可能になります!

▶外部相談窓口の設置を検討する

強化⑤ストレスチェック結果活用

ストレスチェックは実施だけで終了していませんか?集団分析/コーピング/ストレスマネジメント可能なストレスチェックに変更することで、結果を活用してストレス反応を改善することが可能です。高品質なストレスチェックへの切り替えして、問題解決を図ってはいかがでしょうか?

▶結果活用できるストレスチェックを検討する
「メンタルヘルス対策のどれが自社に最適かわからない」「オススメの産業保健サービスを提案してほしい」「イチから産業保健体制を構築しなおしたい」等、メンタルヘルス対策の強化でお困りの際は、お気軽にエムステージにご相談ください!

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医オススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○衛生委員会オススメ記事


○法令対応サービスをご提供


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)