〈産業医コラム〉家族性高コレステロール血症について

解説:獨協医科大学総合診療科 岩城 聡子

新型コロナウイルス感染症の流行を受けた緊急事態宣言による自粛生活で、運動不足だった方も多いかと思います。

緊急事態宣言が解除され、段階的に日常が戻る中で、血糖やコレステロールなどの生活習慣病のことも改めて気になってくる時期でしょう。

今回は生活習慣病のなかでも高コレステロール血症を取り上げます。

食事や運動などの生活習慣の乱れを伴うことが多い高コレステロール血症ですが、遺伝による家族性高コレステロール血症という病気もあります。

あまり耳にすることがない病気かと思いますので、家族性高コレステロール血症について説明します。

【診断】

家族性高コレステロール血症は、

①高LDLコレステロール(悪玉コレステロール)血症

②早発性冠動脈疾患(若くして狭心症や心筋梗塞になること)

③腱・皮膚黄色腫(アキレス腱や皮膚が黄色く変化、または黄色くかつ盛り上がること)

を特徴とする遺伝性の病気です。遺伝形式によりヘテロ接合体とホモ接合体の大きく2種類に分類されます。

ヘテロ接合体はホモ接合体より軽症です。

採血の総コレステロール値で比較すると、ヘテロ接合体は、正常者の約2倍、ホモ接合体は約4倍の値を示す報告がありますが、ヘテロ接合体とホモ接合体の間はオーバーラップがあり、総コレステロール値だけでは区別が困難な場合があります。


診断は

①採血のLDLコレステロール180㎎/dl以上

②腱・皮膚黄色腫

③2親等以内の血族の家族性高コレステロール血症あるいは早発性冠動脈疾患の家族歴のうち、2つ以上の項目を満たすこと

遺伝子診断は必須ではありませんが、遺伝子に変異が確認されれば確定診断となります。診断基準にあてはまるかもしれないと思われた方は、類似疾患もあるため専門医にご相談ください。


【特徴】

コレステロールが高いことによる症状はありませんが、狭心症や心筋梗塞などになりやすいことが健康上の問題です。

ヘテロ接合体家族性高コレステロール血症の方でコレステロールを下げる治療を受けていないと、狭心症や心筋梗塞を起こす危険性が13倍高くなるという報告があります。そのため、早めに診断・治療を行うことが大切です。


【頻度】

ホモ接合体家族性高コレステロール血症は100万人に1人程度ですが、臨床症状は顕著であり見逃されにくいです。ヘテロ接合体家族性高コレステロール血症は200-500人に1人程度と考えられ、日本では30万人以上の患者がいると推定されますが、診断率は低いと考えられています。また、家族性高コレステロール血症は稀な疾患ではなく、治療を受けている高LDLコレステロール血症患者の約8.5%を占めるとする報告があります。


【治療】

家族性高コレステロール血症の治療目標は、狭心症や心筋梗塞などの動脈硬化による病気を起こしたことのない人はLDLコレステロール100㎎/dl未満。

狭心症や心筋梗塞などの動脈硬化による病気を起こしたことのある人のLDLコレステロール目標値は70㎎/dl未満です。


治療方法は、食事療法や運動療法、薬(飲み薬、点滴)の治療、LDL吸着療法(透析と同様の手順で血液からLDLコレステロールを除去します)ですが、動脈硬化による病気のリスクが高いので、運動療法を始める際には、運動の安全性を確認するため、医師への相談が必要となります。

家族性高コレステロール血症の可能性があると思われた方は、専門医へご相談下さい。


成人(15歳以上)家族性高コレステロール血症ヘテロ接合体診断基準

1. 高LDLコレステロール血症(未治療時のLDLコレステロール180㎎/dl以上)

2. 腱黄色腫(手背、肘、膝等またはアキレス腱肥厚)あるいは皮膚結節性黄色腫

3. 家族性高コレステロール血症あるいは早発性冠動脈疾患の家族歴(2親等以内)

・続発性高脂血症を除外した上で診断

・2項目以上で家族性高コレステロール血症と診断する。家族性高コレステロール血症ヘテロ接合体疑いは遺伝子検査による診断が望ましい。

・皮膚結節性黄色腫に眼瞼黄色腫は含まない。

・アキレス腱肥厚はX線撮影により9mm以上にて診断する。

・LDL-Cが250㎎/dl以上の場合、家族性高コレステロール血症を強く疑う。

・すでに薬物治療中の場合、治療のきっかけとなった脂質値を参考にする。

・早発性冠動脈疾患は男性55歳未満、女性65歳未満と定義する

・家族性高コレステロール血症と診断した場合、家族についても調べることが望ましい

・この診断基準はホモ接合体にも当てはまる。

<参考文献>家族性高コレステロール血症診療ガイドライン2017



■岩城 聡子

獨協医科大学総合診療科

日本医師会認定産業医

日本循環器学会専門医

関東で嘱託産業医および内科医として勤務

※文章出典:株式会社イーウェル「健康コラム」より寄稿



岩城聡子

岩城聡子

獨協医科大学総合診療科、日本医師会認定産業医、日本循環器学会専門医。関東で嘱託産業医および内科医として勤務

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


〈産業医コラム〉10月1日はピンクリボンデー

ピンクリボンは、乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の重要性を伝えるために世界共通で用いられているシンボルであり、毎年10月1日はピンクリボンデーとされています。乳がん健診の重要性について産業医の福内雅子先生が解説します。

〈産業医コラム〉暑い季節のその疲れに、「3つのR」のススメ

日本の夏は高温多湿であり、環境要因によるストレスが大きくなります。このため、多くの人にとって心身の調子を崩しやすい時季。自身では大したことがないと思う程度であっても、改善せずに積み重なると業務へ支障をきたすこともしばしば。産業医の榊原亙先生がストレスフルなこの時季を乗り切るための対処法を紹介します。

〈産業医コラム〉一挙両得!?こんなお得なことがあっていいの?

健康の維持だけでなく、精神衛生にも好影響をもたらしてくれる「運動」について、産業医の竹下渓先生が解説します。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)