〈産業医コラム〉新型コロナウイルス対策、信頼できる情報はどこで入手するべきか

解説:日本予防医学協会  佐々木由希世

新型コロナウイルスに関する情報収集に大切な「4つの条件」

皆さんは新型コロナウイルスに関する情報をどこから得ておられるでしょうか。

テレビ、新聞、インターネット、SNSなどさまざまだと思います。

巷には情報リソースが溢れており「どの情報を参考にすればよいのか」「組織としてどう対策すればよいのか」「個人としてどう行動したらよいのか……」混乱している方もいらっしゃるかもしれません。

この「情報過多」もまた悩みの一つですよね。

このような状況下の情報収集においては、次の「4つの条件」が大切になると考えます。

  1. 信頼できる組織から発信された情報であること
  2. 最新の情報であること
  3. 難しすぎない情報であること
  4. 自身の困りごとに合致した情報であること

今回はこれを踏まえ、企業での健康管理や福利厚生に携わっておられる皆さんにおすすめしたいサイトとして「日本渡航医学会」と「日本産業衛生学会」のホームページをご紹介します。


条件1:信頼できる組織から発信された情報であること

日本渡航医学会は渡航に関した医療全般を対象とする学会で、輸入感染症である新型コロナウイルスについても早期に対策の提言を出しています。

日本産業衛生学会は労働者の健康を守る産業保健の専門学会です。ともに信頼できる組織と言えましょう。


条件2:最新の情報であること

どちらのサイトも、随時更新され作成日がトップに明記してあります。

数日ごとにこの2つのサイトをチェックすることで、最新の情報にアクセスできます。


条件3:難しすぎない情報であること

どちらも医療職ではない一般の方向けに作成されたものですので、合計15ページ程度の内容です。

内容は10分程度で読み終えることができるでしょう。


条件4:自身の困りごとに合致した情報であること

職場で起こりがちな困りごとが網羅されています。私がこれまでに産業医として受けた相談としてよくあるものは、
  *海外からの帰国者への対応
  *体調不良者が発生した時の対応
  *感染者や濃厚接触者が発生した時の対応
  *職場での消毒法
  *出張の制限
  *健康診断の延期の可否
  *マスク着用の有用性
などでした。

これらへの回答が簡潔に記載されています。


「日本渡航医学会」と「日本産業衛生学会」のホームページをぜひお読みになって、スマートフォンやパソコンの“お気に入り”に登録してみてくださいね。


●日本渡航医学会公式ホームページはこちら

●日本産業衛生学会の公式ホームページはこちら


解説者:佐々木由希世(ささき・ゆきよ)

労働衛生コンサルタント 日本産業衛生学会専門医

(一財)日本予防医学協会所属 複数企業において産業医、健診医を担当

※文章出典:株式会社イーウェル「健康コラム」より寄稿


佐々木由希世

佐々木由希世

(ささき・ゆきよ)労働衛生コンサルタント、日本産業衛生学会専門医、(一財)日本予防医学協会所属。複数企業において産業医、健診医を担当

\導入数1,700件超!/エムステージの産業保健サービス

◇産業医紹介/選任後サポートはエムステージにお任せください【従業員50人以上の事業所必須】 ◇

サービス料金 初期費用0円&月額3万円~【業界最安値水準】

2か月に1回・60分の業務頻度で月額3万円のプランからご検討可能です。実際の月額費用は、業務時間・業務頻度・候補産業医の経験・対象事業場所在地等により変動します。貴社にマッチするプランを各種ご提案可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

産業医紹介で終わらない 業界最高水準のサポート体制/専任カスタマーサポート

専任カスタマーサポートによる実務相談、衛生委員会の運営支援、業務内容の事前調整や日程調整、様々な資料やフォーマットの提供、産業保健業務管理クラウドの提供等、産業医の紹介後も充実のサポートでご担当者の業務負担を大幅に軽減いたします。

サービス導入実績 全国700企業・1,700事業所以上/大手から中小企業まで

従業員数1,000人以上の大手企業から、50人未満の中小企業まで幅広くご活用いただいています。登録産業医10,000名以上&全国7拠点のネットワークで、日本全国で産業医をご紹介可能です。また、100事業所以上の産業医を同時選任した実績もございます。

関連記事


〈産業医コラム〉PCR検査のこと、きちんと分かっていますか?

新型コロナウィルス感染症対策として、議論が続いているのが『PCR検査』ですが、PCR検査のこと、どれくらいご存知でしょうか?産業医の平井 康仁先生が解説します。

〈産業医コラム〉新型コロナウイルスワクチンに関する基本情報

新型コロナウイルスのワクチンに関する基本情報について、産業医の松本理先生が解説します。

〈産業医コラム〉体温について

コロナ禍、会社のリスク管理として客観的な指標である「体温」ですが、体温計によって数値の誤差が出ることや、体温が高くなくても体調不良ということがあります。体温の注意点について産業医が解説します。

◇外部相談窓口の設置◇
社員のメンタル不調の防止だけでなく、健康増進による生産性の向上で企業の業績改善に!

◇メンタルヘルス研修の実施◇
専門家による質が高い研修を実施!集合研修、オンライン研修、動画研修と幅広くご対応可能

\1回ごとに産業保健業務を委託可能なサービス《スポット産業医紹介》/


◇メンタルヘルスの法令対応はお済みですか?◇

《従業員50人以上の事業所》 労働安全衛生法への対応はお済みですか?

衛生管理者の選任や産業医の選任、衛生委員会の設置、ストレスチェックの実施、定期健康診断結果報告書の提出が必要になります。法令対応のサービスはこちらから。

中小企業へのパワハラ防止法施行予定《2022年4月》職場のハラスメント対策が必要!

2022年4月に中小企業にパワハラ対策が義務化!※大企業はすでに義務化済み。外部相談窓口の設置やハラスメント研修で対策可能です。

\\導入企業700社・事業所1,700以上の導入実績!大手から中小企業まで幅広くご活用//

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



産業医のオススメ記事

業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



業保健のオススメ資料


新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)<企業向け>
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


生委員会のオススメ記事


令対応のサービスを提供


部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


ンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)