2021年:労災認定基準が改正「過労死ライン」に企業はどう対応する?

2021-09-17

毎年11月は「過労死防止啓発月間」です。2020年は新型コロナウイルスの流行によって働き方にも大きな変革があり、リモートワークでの過重労働対策も課題になっています。過労死を防ぐために個人・企業が知っておきたいことをまとめました。

「安全配慮義務違反」と「予見可能性」企業が対応するためのポイント解説

2021-08-05

企業には、従業員の安全と健康をまもるための「安全配慮義務」があります。安全配慮義務を違反することは、労災やメンタルヘルス不調を引き起こす原因になり、最悪の場合には過労死などにも繋がってしまいます。管理監督者や人事が取り組むべきポイントについて紹介します。

【2021年】36協定の特別条項・上限規制と「新様式」の記入例

2021-07-05

2021年7月6日最終更新ー2021年4月から登場する新様式など「36協定」の締結について「特別条項」や「上限規制」といったキーワードに触れつつ解説します。

何時間あければOK?「勤務間インターバル制度」運用のポイントと注意点

2021-04-01

2019年4月から導入が努力義務となった「勤務間インターバル制度」。働く人の睡眠時間などを確保することで、ワークライフバランスの向上につながることが期待されています。導入のメリットをはじめ、有効な活用方法や注意点について紹介します。

急増するテレワーク社員の労務管理~メンタルヘルス、長時間労働対策のポイント

2020-05-08

【社労士に「テレワーク」のポイントを聞いてみました】新型コロナウイルス感染症の拡大によりテレワークを導入する企業が急増中。働き方を変化させる時には適切な労務管理を行わないと大きなトラブルにつながる恐れがあります。注意点について確認しましょう。

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事



○産業医のオススメ記事

○産業保健おすすめサービス


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料



○産業保健のオススメ資料


○新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)
企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意しました。

▷無料でダウンロード


○衛生委員会のオススメ記事


○法令対応サービスをご提供


○外部相談窓口設置で専門家に相談可能/企業向けサービス


○メンタルヘルス研修で従業員の不調を未然に防ぐ


「メンタル不調の社員が増加している」「産業保健業務が多すぎて、産業医の対応時間内に収まらない」という悩みはございませんか?
そんなときは「産業保健師の選任」がオススメです!産業保健師が社内にいると、保健指導や健康相談、健診前後サポート、フォロー面談等が実現可能です。\産業医との同時活用で、充実の産業保健体制に!/

▶産業保健師の紹介/選任サービス


〒141-6005 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower5F

☎03-6697-1660
(9:00~18:00 土日祝を除く)