特定健診と特定保健指導の実施で企業が担う役割

2019-07-03

40歳以上を対象に行う「特定健診」は生活習慣病の予防のために、メタボリックシンドロームに着目して行う健診です。特定健診と特定保健指導の実施は誰に義務付けられているのでしょうか?事業者は義務を負うのでしょうか?確認してみましょう。

◆TOP5◆

いま最も読まれている記事


◆TOP5◆

ダウンロード数の多い資料




<企業向け>新型コロナウイルス感染症対策の資料(産業保健師監修)

企業においては、感染予防に関する正しい知識を衛生委員会で共有し、従業員に啓発することが求められます。「産業保健担当者向け資料」と「衛生講話資料」、そして基本的な感染症対策についてまとめた「衛生講話サマリー」(社内掲示用)、「COVID-19のワクチンについて」の4つをご用意。

>無料でダウンロード