〈判例から読む〉有給休暇を”時季変更”するときの注意点と対応のポイント

2019-09-27

事業の都合によっては従業員の希望する日に有給休暇を取らせることが難しい場合があり、やむなく取得日を変更することもあるでしょう。しかし、安易な有給休暇の時季変更は、訴訟などのトラブルの原因にもなるため注意が必要です。時季変更権の注意点を過去の裁判例からみていきましょう。

社労士が語る「休職・復職」の実務に対応するためのポイント

2019-07-22

メンタルヘルス休職者への対応はどうする?就業規則の整備や休職期間設定などのノウハウを社会保険労務士がレクチャー。産業保健サポートサービスを提供する株式会社エムステージが開催した「職場のメンタルヘルス対応と産業保健」のセミナーレポートです。

努力義務になった「勤務間インターバル制度」適切な時間や運用の注意点は?

2019-07-18

2019年4月から導入が努力義務となった「勤務間インターバル制度」。働く人の睡眠時間などを確保することで、ワークライフバランスの向上につながることが期待されています。導入のメリットをはじめ、有効な活用方法や注意点について紹介します。

メンタルヘルス疾患による休職・復職に対応した就業規則の作り方

2019-07-02

就業規則とは、労働時間や賃金、人事・服務規律など、労働条件や待遇の基準、従業員が守らなければならない規律を具体的に定めた職場の規則です。近年増えているのが、休職・復職、特にメンタルヘルス疾患による休職・復職に関する規則が不十分で、トラブルに発展するケースです。トラブルを未然に防止するために、休職に対応できる就業規則になっているか見直してみましょう。

就業規則いつ変更する?36協定との違いは?よくある疑問を解説

2018-08-09

労働条件や職場の規律を定める「就業規則」。常時10人以上の労働者を使用する事業場で作成し、所轄の監督署に届け出る必要があります。「変更のタイミングは?」や「労働契約とどちらが優先される?」「36協定との違いは?」など、実践的な疑問に回答します。


開催予定のセミナー

人気記事ランキング


ダウンロードランキング