働き方改革関連法~企業が産業保健で対応しなければならないことは?(1)

2019-03-20

働き方改革関連法が4月から施行され、産業医の権限や産業保健機能が強化されます。 事業者はどのようなことに対応しなければならないのでしょうか。特定社会保険労務士の舘野聡子先生に聞きました。(1)

働き方改革関連法~企業が産業保健で対応しなければならないことは?(2)

2019-03-20

働き方改革関連法が4月から施行され、産業医の権限や産業保健機能が強化されます。 事業者はどのようなことに対応しなければならないのでしょうか。特定社会保険労務士の舘野聡子先生に聞きました。

2019年4月から働き方改革関連法が施行。企業が取るべき措置は?

2019-03-20

2019年4月1日から、働き方改革関連法が順次施行されます。働く人たちが多様で柔軟な働き方を選択できるように、企業はさまざまな体制整備が求められています。施行は間近に迫っていますが、準備は順調でしょうか?4月1日に施行される措置のうち、主な内容をおさらいしましょう。

働き方改革関連法に対応していますか?~企業アンケート

2019-01-08

2019年4月から、働き方改革関連法が施行され、残業時間の上限規制や年次有給休暇の取得義務、産業医・産業保健の機能強化などが始まります。企業・団体の人事・労務関連担当者を対象に、働き方改革関連法への対応についてのアンケート調査を実施しました。

事例から見る産業医の権限強化のポイント

2018-12-25

労働安全衛生法改正により、事業者は2019年4月から、産業医に労働時間に関する情報や、産業医が労働者の健康管理を適切に行うために必要な情報を提供しなければなりません。産業医の山越志保氏が、事例とともに産業医への情報開示のポイントを講演しました。