労働時間の客観的方法による把握が義務化。対象者と把握方法は?

2019-07-22

労働安全衛生法が改正され、使用者は2019年4月から労働時間を客観的な方法で適正に把握することが義務付けられました。義務化にはどのような目的があるのでしょうか。また、具体的にどのような方法で把握をすればいいのでしょうか。確認しましょう。

勤務間インターバル制度、運用の注意点は?

2019-07-18

2019年4月から導入が努力義務となった「勤務間インターバル制度」。働く人の睡眠時間などを確保することで、ワークライフバランスの向上につながることが期待されています。導入のメリットをはじめ、有効な活用方法や注意点について紹介します。

年次有給休暇管理簿はどのように作成すればいい?

2019-06-20

働き方改革関連法施行により、年次有給休暇が年10日以上付与される労働者に、年間5日間の年休を取得させることが使用者の義務になりました。また、労働者ごとに年次有給休暇管理簿を作成しなければなりません。年次有給休暇管理簿の作成手順を確認しましょう。

働き方改革関連法~企業が産業保健で対応しなければならないことは?(1)

2019-03-20

働き方改革関連法が4月から施行され、産業医の権限や産業保健機能が強化されます。 事業者はどのようなことに対応しなければならないのでしょうか。特定社会保険労務士の舘野聡子先生に聞きました。(1)

働き方改革関連法~企業が産業保健で対応しなければならないことは?(2)

2019-03-20

働き方改革関連法が4月から施行され、産業医の権限や産業保健機能が強化されます。 事業者はどのようなことに対応しなければならないのでしょうか。特定社会保険労務士の舘野聡子先生に聞きました。