〈がんと仕事〉「2人に1人がなる」がんの基礎知識と予防方法を知ろう

2019-08-28

日本では「2人に1人ががんになり、3人に1人が死亡する」といわれています。医療の進化により、かつては「不治の病」といわれていたがんも、今では治療をしながら働ける「長く付き合う病気」に変化しつつあります。一方で、がんと診断されたことで約3割の人が仕事を辞めてしまっている現状があります。「働く世代」でも増えるがん。がんに対する偏見をなくすためにも、まずは正しい知識を持つことが大切です。がんの現状と予防方法について紹介します。

パタニティ・ハラスメント? 健康経営マンガ:ねぎま産業(株)第16回

2018-12-18

「だんだん社員も増えてきたし、健康経営がんばるぞ!」と、意気揚々な会社があった。―その名は、ねぎま産業株式会社。健康経営がんばるつもりはある、だけどちょっとずれている。そんな働くトリたちの奮闘記。今回のテーマは「パタニティ・ハラスメント」。

はじめての産休・育休? 健康経営マンガ:ねぎま産業(株)第15回

2018-11-20

「健康経営を目指し始めて1周年。思い返せば色々やったなぁ…」と感慨にふける会社があった。――その会社の名は、ねぎま産業株式会社。健康経営がんばるつもりはある、だけどちょっとずれている。そんな働くトリたちの奮闘記。今回のテーマは「産休・育休」。

無理せず長く働くために~障害年金制度を知っていますか?≪実践編≫

2018-11-08

公的年金の一つで、病気やけがで働いたり生活をしたりすることが困難になった人に支給される「障害年金」。社労士の松山純子氏に、働く世代に多いメンタル疾患に関連する「精神の障害」について、年金請求手続きのためのポイントを聞いた。

無理せず長く働くために~障害年金制度を知っていますか?≪基本編≫

2018-11-06

年金支給の対象は高齢者だけではない。病気やけがで、働いたり生活をしたりすることが困難な人には「障害年金」として支給される。社労士の松山純子氏は「無理せず長く働くために多くの人に知ってほしい」と話す。働きながら障害年金を受給する意義を聞いた。


開催予定のセミナー

人気記事ランキング


ダウンロードランキング