従業員10人以上で義務!衛生推進者、安全衛生推進者を選任していますか?

最終更新日:2021年2月8日

衛生管理者や安全管理者の選任が義務付けられるのは、従業員が50人以上の事業場ですが、10人以上50人未満の場合は「衛生推進者」や「安全衛生推進者」を選任しなければならないことをご存知ですか?

どのような人が選任され、どのような職務を担当するのでしょうか。確認してみましょう。

目次[非表示]

  1. 1.安全管理者の選任対象となる業種なら「安全衛生推進者」を選任
  2. 2.従業員10人以上になったら、14日以内に選任し、労働者に周知する
  3. 3.経歴や経験がある人や講習修了者、資格取得者から選任する

安全管理者の選任対象となる業種なら「安全衛生推進者」を選任

労働安全衛生法では、常時10人以上50人未満の労働者を使用する事業場で、「衛生推進者」か「安全衛生推進者」を選任することが義務付けられています。

衛生管理者や安全管理者の選任が義務付けられていない、中小規模事業所の安全衛生水準の向上を図ることが目的です。

安全管理者の選任対象となる業種では安全衛生推進者、安全管理者の選任対象ではなく、衛生管理者の選任のみが対象となる業種では衛生推進者を選任する必要があります。

事業場の従業員が10人以上50人未満の場合、安全衛生推進者を選任しなければならない業種は以下のものです。

林業、鉱業、建設業、運送業、清掃業、製造業(物の加工業を含む。)、電気業、ガス業、熱供給業、水道業、通信業、各種商品卸売業、家具・建具・じゅう器等卸売業、各種商品小売業、家具・建具・じゅう器小売業、燃料小売業、旅館業、ゴルフ場業、自動車整備業、機械修理業

この業種に当てはまらない場合は、事業場の従業員が10人以上50人未満なら、衛生推進者を選任する必要があります。

​​​​​​​

従業員10人以上になったら、14日以内に選任し、労働者に周知する

衛生推進者と安全衛生推進者は、従業員10人以上になってから14日以内に選任し、選任後は労働者に周知するために氏名を掲示しなければなりません。

衛生管理者や安全管理者は、労基署に選任を報告する必要がありますが、衛生推進者と安全衛生推進者は選任報告の義務はありません。

安全・衛生業務について権限と責任がある人から指示を受けて、下記の業務を担当します。

安全衛生推進者の場合、業務は

1. 労働者の危険または健康障害を防止するための措置に関すること。

2. 労働者の安全または衛生のための教育の実施に関すること。

3. 健康診断の実施その他の健康の保持増進のための措置に関すること。

4. 労働災害防止の原因の調査及び再発防止対策に関すること。

などが挙げられます。

また、衛生推進者については、このうち衛生にかかる業務に限ります。

経歴や経験がある人や講習修了者、資格取得者から選任する

安全衛生推進者、衛生推進者は、次の経歴・経験、講習修了者、資格を持つ人から選任します。

安全衛生推進者の場合、

1. (経験・経歴)大学、高等専門学校卒業者で1年以上安全衛生の実務に従事している者

2. (経験・経歴)高等学校、中等教育学校卒業者で3年以上安全衛生の実務に従事している者

3. (経験・経歴)5年以上、安全衛生の実務に従事している者

4. (有資格者)労働安全コンサルタント、労働衛生コンサルタント等の資格を有する者

5. (講習修了者)都道府県労働局長の登録を受けたものが行う講習修了者

から選任する必要があります。

衛生推進者の場合も基本的には同様ですが、1~3について、「安全衛生の実務に従事しているもの」が「衛生の実務に従事している者」になります。

安全衛生または衛生に関する実務に従事した経験のない人や、期間が足りない人で、かつ有資格者でもない人を選任する場合には、5の講習を修了する必要があります。

講習は学歴・経験などは不問で、誰でも受講が可能です。

衛生推進者、安全衛生推進者について解説しました。

所属する事業場の規模や業種に合わせて、衛生推進者や安全衛生推進者、衛生管理者や安全衛生管理者を選任し、職場の安全衛生に取り組みましょう。



▼よく読まれている関連記事▼

  終わらない衛生委員会… 健康経営マンガ:ねぎま産業(株)第13回 その会社の名は、ねぎま産業株式会社。健康経営がんばるつもりはある、だけどちょっとずれている。そんな働くトリたちの奮闘記。今回のテーマは「衛生委員会」。果たして、働くトリたちの衛生委員会はいかに…? エムステージ 産業保健サポート
  【2021年版】衛生管理者ってどんな資格?よくある10の疑問のQ&A 最終更新日:2021年1月5日−衛生管理者って、どんな人が、何をする資格なの?衛生管理者の資格について、よくある10の疑問にお答えします! エムステージ 産業保健サポート
  「産業医の選任」だけじゃない!従業員が50人になったらやるべきこと 会社はその規模に応じて、人事・労務でやるべき義務が生じます。労働者の人数別に、義務と努力義務になることをまとめました。項目ごとに、労働者にアルバイトや派遣社員は含めるのか、といった「誰を労働者としてカウントするか」が異なります。あわせてチェックしていきましょう。 エムステージ 産業保健サポート


▼職場巡視・衛生委員会の定番資料、コロナ対策の衛生講話、メンタルヘルスの休職/復職対応マニュアル等はこちらからダウンロード可能

​​​​​​​

サンポナビ編集部

サンポナビ編集部

企業の産業保健を応援する『サンポナビ』編集部です。産業医サポートサービスを提供している株式会社エムステージが運営しています。 産業医をお探しの企業様、ストレスチェック後の高ストレス者面接でお困りの企業様は、ぜひお問い合わせボタンからご相談ください。

 産業医についてお悩みなら

産業医を選任したい、産業医を見直したい、企業の産業保健活動に悩みがある…。産業保健のお困りごとは、エムステージの「産業医サポートサービス」が解決します。

関連記事


【解説】1,000以上の企業にダウンロードされた「コロナ対策」マニュアルとは?

2021年1月14日最終更新ー首都圏等で2度目の緊急事態宣言が発令し、職場においては、産業保健スタッフを中心に、より一層の新型コロナウイルス対策・予防に関するリテラシーを向上させることが大切です。本記事では、企業等から1,000件以上ダウンロードされた新型コロナウイルス対策のマニュアルを紹介します。

【解説】衛生委員会をオンラインで開催するための要件と注意点とは

2020年8月より、オンラインによる衛生委員会の開催が許可される通達が厚生労働省から出ました。本記事では「オンライン衛生委員会」のルールと注意点についてやさしく解説します。人事・衛生担当の方はチェックしておきましょう。

〈企業事例〉従業員50人未満でも産業医を選任し「社風」の改革を実現

製造業向けの様々なソフトウェアを取り扱う株式会社セイロジャパンは、エムステージの「産業保健サービス」を利用して産業保健体制を構築。事業所単体での従業員数は50人未満ながらも産業医を選任。産業医選任に至った経緯や活用内容についてお話しを伺いました。