組織の公正性とは何か?不安定な時代にモチベーション高く働く土台に

2018-10-09

「組織の公正性」という考え方が注目を集めている。産業医・佐々木規夫氏は「部下の信頼感やモチベーションを高めるためには、管理職が『組織の公正性』をいかに担保するかが大きなポイント」と話す。公正性の四つの要素、公正な組織づくりについて聞いた。

産業医が考えるしなやかな組織~カギはマネジメント層へのアプローチ

2018-09-13

従来の産業医の枠を超え「強い組織づくり」に取り組む林幹浩氏。雇用形態が変化する中、経営者やマネージャーには、スキルや意識が凸凹な集団を引っ張る力が必要だ。林氏は「マネジメント層への心理療法を生かしたアプローチにカギがあるのでは」と指摘する。

産業医の出せる価値と醍醐味~変革の時代に求められるプラスαの役割

2018-09-06

国家公務員から会社経営を経て医師になった異色の経歴の産業医・林幹浩氏。現在、産業医として活動する一方、ビジネスコンサルティングの会社を経営する。人材活用が企業価値にまで影響を及ぼす時代。林氏は「産業医プラスα」の役割を提案する。

経営者目線で会社を元気にする産業医に聞く! 産業医との上手なかかわり方、使い方

2018-06-19

産業医を選任したものの、「何を頼んでいいかわからない」という声はよく聞きます。産業医・鈴木瑞穂先生に、産業医と経営者の2つの視点から、人事担当者が知っておくべき産業医の上手な使い方、効果的なかかわり方について話をうかがいました。

どう変わる?人生100年時代、「これから」の産業医と会社の関係

2018-06-05

「産業医」という言葉は、平成の今、働き方改革でその存在感を増している。この46年間で、産業現場はどう変化し、産業医の役割と期待はどう変容してきたのか。